床を畳から無垢板へ。収納も・・リノベーション

リフォーム施工例
倉敷市  Y様邸
リフォ-ム 2016年 9月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 床板・収納のリフォーム
詳細 天井もしっかりしてて壁も聚楽を塗ってあり、まだまだ使えますが 畳がくたびれてたので、今度は床板をはり和モダンに仕上げます。 和室の場合、部屋の使い方にもよりますが、大切に使われてる事が 多く天井や壁がしっかりしていると、そのまま使える事が多いです。 よく畳から床板へはりかえのリフォームを御相談されて、 施工することが多いので今回施工例に挙げます。
赤木創建

畳が痛んでシミや、ほつれがあったので、畳マットを 敷いて使ってました。畳を撤去して下地を直します。

赤木創建

桧下地を直した後、根太を止め、間に断熱材を敷いて 隙間をウレタンで埋めます。

赤木創建

栗の無垢板をはっていってます。フロアー板と違い フローリングは乱尺貼りで少しずつ仕上がってます。

赤木創建

床板はりと壁際に幅木を留めて仕上がりました。 違和感なく部屋の印象が変わって見えます。

赤木創建

収納の襖建具を新しく造り、中段と壁板を解体し化粧板にはりかえます。 春秋ものと冬物を見分けれる ようにします。下に引き出し式のユニットも置けます

赤木創建

洋服がたくさん掛かるように2列にパイプを取付け ワンピースのような長めの服も掛けれるように しました。モノが探しやすくなります。