木造二階建て『お茶室』のある家

施工例
岡山市 I様邸
上棟 2009年1月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築(お茶室のある家)
詳細 奥様が趣味で茶道をされていて、新築プラン時に「どこか部屋で、お茶のおもてなしができる部屋がほしいなぁ!」と、ご提案され、いろいろ工夫したおうちとなりました。
赤木創建

やわらかい日差しの入る部屋で、木のぬくもりが 子どもの成長を見守ってくれる、あたたかみある 部屋になってます。

赤木創建

廊下では、いろんな木材が集まってなかよく集いを している雰囲気に包まれます。

赤木創建

階段横の左のスペースに、お茶の準備をする水屋を設けて 対面に茶道具を入れる収納を作りました。

赤木創建

玄関には吉野窓・洗い出しの土間・杉建具…とふんだんに 和を採り入れた こだわりの空間です。

赤木創建

対面キッチンのカウンターに天然檜(樹齢約230年)を使い 表面にオイル仕上げして汚れもつきにくくしています。

赤木創建

居間の一角に書斎を設け子どもを見ながら 仕事もできるスペースを作りました。

赤木創建

人が集まる居間・食堂にも木のぬくもりが伝わるよう 部屋のつながりを大切にしました。

赤木創建

客間を兼ねた、お茶のおもてなしができる和室です。 奥様のこだわりも一部分あります。