>  
  >  
桧材をたくさん活かした自然素材の家
 

 

ふんだんに桧材と自然素材を活かした空間
01 倉敷市  S様邸
上棟 2012年10月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築 

 

「外観はシンプルに…内装は自然素材を使って身体に

 優しい家にしてもらいたい!」とのご注文でした。

限られた予算の中で、構造躯体は桧を使い仕上げ板も

桧を使ってと桧の香り漂う部屋が多いです。

部屋には柱や床にも無垢材を使って居心地の良い空間に

仕上げました。 もちろん耐震・断熱対策もしてあり

がっちり感と自然素材がうまく融合した家になりました

 

 

 

 

玄関を入ると杉・桧・地松のさまざまな無垢材と

珪藻土塗りの自然素材がお施主さん、お客さんを

身体に優しく出迎えてくれます。

 
 

リビングダイニングには傷の心配の少ない栗の床板と

桧の構造材や天井板が、柔らかい印象と上品な木目で

長居できる居心地の良い空間を醸しだしてくれます。

 

 

 

和室はシンプルながらも上品さ漂う落ち着いた感じで

仕上げました。 この「わびさび♪」がお客様を

「おもてなし」してくれます。

 
 

キッチンからすっきり見渡せるレイアウトにしてます。

自然と無垢材を感じながら、のびのびできる空間をつくり

子育て世代に多く望まれる設計を取り入れました。

 

 

 

 

子どもが成長していく過程で、大切な時期を見守る

空間(部屋)も、自然素材で仕上げていつでも

体感できるようにしますた。

 
 

廊下は部屋ではないけど、各部屋との自然の流れも

大切なので同じように仕上げました。

無垢材の建具がアクセントになり際立ちます。