>  
  >  
木の家づくり

肌で体感する木の家づくり

 

身体に優しい木材を使用する。

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

弊社が木造建築の中でも和風や和風モダンな家づくりにこだわる理由を少しお話させてください。

 

 

木は本来、人間に優しく、たくさんの恵みを与えてくれます。

家づくりを構成している自然素材は、住んでいる人の心と身体に働きかけ眺めているだけで安らぎや癒しを与えてくれます。

 

大小に関わらずストレスを抱える現代人の心のよりどころとなる

家には、伝統的な工法の木造住宅が合うのではないでしょうか?

 

弊社が厳選する無垢材には、弊社オリジナルのノウハウを活かした

乾燥方法により、木が「反る 狂う 縮む」といった固定概念を

くつがえしました。 極力気を使い、できるだけ収縮、変形の少ない本来の木の強度を活かせる構造材や、しっかり乾燥させた床材を

はじめとした内装材を使用しています。

 

ここで、ちょっとわかりやすい「木の家の特長」を簡単に述べてみます。

  

             『本来の木の素材とは…』

                

木のにおい(香り)。

木の匂いに含まれるフォトンチッドという物質には、リラックス効果があり他にも防虫・防カビ・防菌効果があります。

 

木のまな板を使う、森林浴が良いといわれるのはこのおかげです。

 

やわらかさ。

仕上げた木の表面は手ざわりも良く、身体に優しく傷つけにくいので、肌が直接触れることの多い床板や壁材・家具にも木材は適しています。

 

 

自然素材である。

もともと自然にある素材で、昔から人間となじみもあり、ほとんどの木が人に無害でリサイクルも安易です。

 

 

あと、なぜ、木の家がいいのか…?も簡単にお話させてください。

 

             『木造在来工法の家の良さは…』

 

目じまり(年輪が詰まっている)が良い木は長持ち。

軽量鉄骨やコンクリートに比べて軽く、年数が経過すれば軽量鉄骨やコンクリートは劣化しますが、木は状態良く乾燥させると、強度が増し長持ちします。

 

 

日本の風土に適している。

木には調湿能力があり、うまく引き出してあげると、春夏秋冬1年を通じて快適な湿度を保つ手助けをしてくれます。

 

 

いろんなリフォームに対応できる。

在来工法は構造躯体が理にかなっていて、建物内の改築はもちろん

建物外への増築も補修や構造材の入れ替えなどで、可変が可能な

工法でもある。

 

以上が「木の家づくりの良さ」を簡単にまとめた文章になります。

わかりやすく簡単にまとめましたが、専門的な知識をお持ちの方からすると説明不足かも知れません。

 

でも私達がお伝えしたいのは、多くの方に「1生に1度の家づくりを計画の段階からしっかり考えて、自分たちが納得のいく家を創ってほしい」との願いからお話させてもらいました。

 

 

 

肝心なのは、家づくりを安易に考え、後悔や失敗した…などの思いをお客さんにしてほしくないので、少なくともこれから家づくりを考える人には建築計画や業者さん選びまで、充分検討して将来的に後悔のないよう自分たちが納得できる家づくりをしてほしいのです。

 

 

 

それには1つオススメがあります。 

それは、気になる業者さんの家づくりのコンセプトや大切にしてることを聞いてみること。

 

 

そして1番大切なのは…実際に完成した家や、建築中の現場を見させてもらったり、雰囲気を身体で体感してみることです。

あれこれ悩むより 「百聞は一見にしかず」 です。

気になる業者さんの家をいくつか体感してみられて、1生住む家です。

自分にとって、1番居心地の良い家を選ばれる事をオススメします。