>  
  >  
ケヤキの玄関建具の家
 

 

数寄屋の趣きのある平屋
01 倉敷市  M様邸
上棟 2011年4月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築

 

 栗の大黒柱 地松の梁 構造材 桧の柱 杉の化粧板など

 無垢の木をふんだんに使い、壁は自然素材の漆喰を塗り

 重厚感のただよう無垢の木の家ができあがりました。

 

 どこかなつかしいながらも、寒暖対策がしっかりしてあるので

 一定の暖かみや涼しさを体感できる落ち着きのある空間です。

 子どもは自然素材の中で伸び伸びと育ってほしいとの要望に

 答えた無垢の木の家となりました。

 

 

 

玄関まわりは木製にこだわりました。広さは普通なので

物がでないよう下駄箱や収納を多くとり、すっきりとした

玄関になってます。

 
 

玄関の敷台は地松で奥に飾り棚をつくり、床板も松材で

やや本格的な感じで現代に合ったつくりとなってます。

極力段差を抑えて上がりやすいようにしました。

 

 

 

台所と居間は建具で仕切り、調理とくつろぎの空間を分けて

居間は漆喰壁や地松の梁・桧の床板・無垢テーブル・イスと

自然素材の香りたっぷりの癒しの部屋になりました。

 
 

お手洗いはサッシ・便器・手洗い蛇口以外は、焼き物ボール手づくりカウンター・造りつけ収納など、和の雰囲気を

集めてます。

 

 

 

 

部屋の天井は地松の梁と構造材がかみ合ってます。

このかみ合わせが建物のねじれに強く匠のなせる技です。間取りの関係で窓が入るので、桧の両方の柱に、ホソを

つけた小梁を入れて上の梁を持たせるようにしました。

 
 

陶器の洗面器に弊社の栗カウンターをつけて、収納部分も

無垢の木で、フルオーダー無垢のオリジナル洗面化粧台をつくりました。 桧の部屋と合って落ち着きます。

毎日の洗顔が楽しくなりそうです。