>  
  >  
平屋水まわりのリフォーム
 

 

築50年の平屋の改築
01 倉敷市  T様邸
改築 2011年5月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 増築 キッチン・お風呂・トイレのリフォーム

 本宅部分は木造軸組み工法なので、構造躯体はまだ大丈夫で 

 今回は生活に必要で大半を主に過ごすまずまわりをメインに

 リビング・キッチン・お風呂・トイレの全面改修と、合わせて

 改築部分は断熱改修をおこない各部屋に夏は冷気・冬は暖気が

 残るよう工夫しました。

  また、お施主様の要望の「木のあたたかみを感じたい!」との

  希望にできるだけ答えた改築にさせて頂きました。

 

 

 

 

 

リフォーム前の外観です。 水まわりが集中してある所は

本宅とつながっていて手作業の解体が多そうです。

 
 

本宅とつながってる部分は手作業で解体なので壊すのも

慎重に解体していきます。

 

 

 

 キッチンもかなりくたびれていましたが、奥さんは物を

大事に使う方なので、大切に使う精神を学びました。

 
 

お風呂も年代を感じる代物で「かなり辛抱強く大事に使って

たんだろうなぁ~」って感じさせます。

 

 

 

 

キッチンまわりは梁天井にして使い勝手のよい実用性と

木の香りや雰囲気を楽しめるよう調和に気を配りました。

 
 

リビングキッチンに改装して食事のあと、木のあたたかみを

感じながら、くつろげるようにしました。

 

 

 

 

各部屋の床板は栗のフローリングで統一して天井の杉板

桧の柱・造りつけの建具と、それぞれ特長のある木材を

集わせて居心地の良い空間をつくりました。

 
 

お施主様より外観はシンプルに極力メンテナンスのいらない

ような外部仕上げを…との要望なのでモルタル塗装仕上げとし、本宅とは雰囲気を変えてみました。