>  
  >  
外装1階焼板の家
 

 

 
木造2階建て住宅
01 倉敷市  N様邸
上棟 2010年09月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築 

 

 木材の持つ温かみや自然素材の融合を感じながら

 家の中ではゆったりのんびりとした気分で過ごせる

 感じの家が建てたい! との御夫婦の意見をできるだけ

 取り入れた家づくりとなりました。

 

 

 

 

生活の中心となる居間です。 壁は腰板をはって上部は

漆喰塗と本来の木の味わいが引き立つ空間になりました。

 
 

トイレは造りつけの手洗いカウンターや物入れを作り付けで

取りつけ、壁にはベンガラ漆喰を塗っています。

 

 

 

2階廊下と階段スペースです。部屋と部屋をつなぐ空間に

地松の手すり存在感を出しています。

 
 

玄関は地松の敷台や杉の天井板など、しっとりとした空間を

創り出し重厚感あふれます。

 

 

 

 

和室はいたってすっきりとした今風の感じです。

ただ長押(鴨居上の部分)は入れています。

 
 

台所には弊社の造りつけの水屋で施主様の希望で

フルオーダーの家具です。