作業風景の動画

 

 

  >  
NewRelease

NewRelease

2018/05/22 建物外部の工程が進んでいます。

 

 

外部の耐震施工と外部の下地が仕上がりました。

ラス下板を施工して充分乾燥させながら、設備の引き込み

などの工事を進めサッシも取付けています。

 

仮の戸締りができるようになれば、木工事は本格的な

内装の施工にとりかかっています。

各工程が順調に進んでいて一安心です。

今後も着実に工事を進めてまいります。

 

2018/05/17 新築が進んでいます。

 

 

 

春に棟上げしたお宅です。天気も良く工程通り大工さんが

進めてくれて順調に屋根仕舞いまでできました。

 

春の気候も手伝って順調に木工事が進んでいます。

各協力業者さんがそれぞれ工程を進めてくれています。

 

2018/04/18 新築棟上げに向けて着工しました。

 

 

基礎下の地盤改良(杭打ち)が済んで、基礎も出来上がり

ました。続いて大工さんと一緒に土台を敷いて防蟻処理を

して現地の建方が出来る準備ができました。

あとは、仮設足場と道具・金物・肝心の構造材などが

搬入できれば準備万端です。

棟上げまでに準備・段取りが肝心できちんとできれば

当日はスムーズに工程が進みます。

 

 

2018/04/10 新築着工に向けて地鎮祭をしました。

 

 

ここ数カ月いろいろ忙しくて更新していませんでしたが、先月、新築を棟上げさせていただいてました。

お施主様はとても弊社の家づくりに御尽力いただき

また御指摘もいただきますが気に入って頂いてます。

いつもありがとうございます。

遅くなりましたが写真とともに順番に更新していきたいと

思います。まずは事始めの地鎮祭を執り行ないました。

厳かに祭典が執り行われました。

 

2018/03/24 限定内覧は終了しました。

期間限定にも関わらず、内覧していただけたお客様、

ありがとうございました。

またお問い合わせ頂きましたお客様も残念ながら体感は

できませんでしたが、熱心な質問や私の説明を聞いて

いただき、ありがとうございました。

御縁のあったみなさんの家づくりに対する熱い想いが

伝わり御提案するこちらも身の締まる思いです。

「百聞は一見にしかず」…体感して納得頂いたお客様を

はじめ御縁のあったお客様にはしっかりフォローをさせて

頂きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします

 

また御理解・御協力を頂いたお施主様には感謝の気持ちで

いっぱいです。あらためてありがとうございました。

 

 

2018/03/06 期間限定内覧のお知らせ。

 

期間限定で完成内覧できるお家があります。

 

お施主様の御厚意と御協力をいただき、このたび

完成したお家を内覧希望者に限り、御案内できます。

約40坪のイクメン世代の家づくりを形にした

子どものすこやかな成長を見守ってくれる家です。

御希望の方は弊社にメールかお電話でお問い合わせ

ください。

  日にち:3月14日(水)~21日(水祝日)まで。

  時   間:詳しくは下記メールか、お電話で。

    E-mall: souken-30a@mx32.tiki.ne.jp

  T E L  :086-428-5808

 

2018/02/25 リフォーム施工例を二件追加しました。

 

 

昨年秋に屋根KBの張替えリフォームさせて頂きました。

下地含め新しくなり快適。詳細はリフォーム施工例にて。

 

今年1月に店舗のトイレをリフォームさせて頂きました。

詳細はリフォーム施工例にて御覧ください。

 

2018/02/24 無垢材が集う居間がある家…近況。

 

 

 

左官と内装工事が始まりました。ボードの繋ぎ目だけでなく

梁や柱との隙間も専用パテで埋めていきます。

 

下地塗をしています。しっかり自然乾燥させて馴染んだら

上塗(仕上げ塗)をして乾燥させます。

 

 

2018/01/22 無垢材が集う居間がある家…近況。

 

 

ごっつい断熱材が入ってるおかげか暖房器具がないにも

関わらず、現場にいくと暖かいです。

 

無垢材と自然素材だけでも身体に優しい家になりますが

プラス寒暖差を極力感じないような適材適所の御提案と

納得した施工で、お施主様にお引き渡しができるよう

努めてまいりたいです。

 

 

2018/01/18 無垢材が集う居間がある家…近況。

 

 

大工仕事がだいぶ進んで和室の造作にも取りかかって

います。 床柱を1本取付するにあたり、後々の

収まりを頭の中で考え整理して墨付け・刻みをしていき

据え付けていきます。

 

他の部屋も佳境に入ってますが1部屋ずつ仕上げて

大工工事以降の工程も順番に進めていきたいと思って

おります。

 

 

2018/01/06 本年もよろしくお願いします。

本年1月6日より通常営業いたしております。

 新年あけましておめでとうございます。

 

 昨年新たに出会えて御注文して頂いたお施主様は

 もとより、今まで長く御縁を頂いてるOBのお施主様、

 今年新たに出会えるお客様にも、御縁に感謝の気持ちで

 持って本年も納得のいく家づくりをしていこうと

 思いますので、よろしくお願いいたします。

 

2017/12/28 年末年始のお知らせ。

今年も一年、ありがとうございました。

2017年、弊社に御縁を感じ納得して御注文を頂いたお客様

 ありがとうございました。

2018年も、新たな御縁を信じて、お客様の納得のいく

 家づくりに邁進していきたいと思っていますので

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

なお勝手ながら、12月29日(金)~1月5日(金)までは

休業させていただきます。

 新年は1月6日(土)より、営業させて頂きますので

 よろしくお願いいたします。

2017/12/23 新築施工例を「第二章」に追加しました。

 

 

2017年6月中旬に棟上げした本宅離れの応接室が、

8月下旬に完成して、お引き渡ししたお施主様の

お家の御紹介です。

 

構造躯体をはじめ国産無垢材と自然素材を使い

心落ち着く身体に優しいお部屋が仕上がりました。

 

詳細は新築施工例「第二章」に掲載しています。

 

 

 

 

 

2017/12/22 木製外塀を施工してます。

 

 

道路沿いで車も多く通り風当たりも良いので、軸組みを

太く強固に仕上げていきます。

 

お施主さんがこだわった塗料を親父さんが1枚1枚丁寧に

塗り乾燥したらタオルで木目になじませていました。

 

2017/11/22 リフォーム施工開始~仕上げまでしました。

 

 

以前リフォームで増築させて頂いたお客様よりの御依頼。

既存の屋根部分(約40数年)の経年変化による

KB交換をさせていただきました。

 

詳細はフェイスブックやリフォーム施工例にて掲載

していく予定です。

取り急ぎ、天気を見ながら工程を進めて雨漏りの

心配は無くなりました。

一安心です。

 

2017/11/21 木製外塀の御依頼。

 

 

以前完成したお客様よりの依頼で無垢材で外塀をするのに

必要な躯体や板を仕入れました。

  躯体を墨付け・加工していきます。出来上がったら続いてお施主様こだわりの塗料塗をしてから組んでいきます。

 

2017/11/02 無垢材の集う居間がある家…近況。

 

 

外部は一区切りついて大工工事は内装造作に入ってます。

板金・左官工事も進んでいます。

左官さんは下地塗ができ壁も乾燥したので、取りあえず

気象や防犯上も一安心です。

 

順調に工程が進むよう段取りして早めの仕上げを

目指してまいります。

 

2017/10/16 無垢材の集う居間がある家…近況。

 

 

 外部の大工工事の仕舞いが終わり、外部は板金工事

 左官工事はと入っていきます。

 木工事は内装工事に入っています。

 基本は仕様書通りに工程が進んでいきますが、

 現場で打ち合わせやお話をしてると

「こうする方が良いかな…とかこの方が納まりがいいな」

 とか、いろいろ提案が湧いてきて図面で決めていても

 新たに御提案や変更する事も多々あります。

 お施主様が住みやすく御提案の内容を納得して

 頂けれるような快適な家を造って行こうと思います。

 

 

2017/10/03 無垢材の集う居間がある家…近況。

 

 

外部の窓枠が入りパネルはりやサッシの仕舞いも出来て

きてます。これで防火・耐震工法はバッチリです。

引き続き、外部の下地材を施工していきます。

 

左官下地板はりや大工下地板はり・板金工事など

外部だけでも工事はたくさんあります。

秋の日々の天気が続けば工程通り工事も進み仕事も

はかどります。

 

 

2017/09/27 新築施工例を追加しました。

 

 

前回、約13年前に和モダンの家を御注文頂いたお客様より

生活スタイルの移り変わりや変化に伴い、お部屋の増築の

御相談をいただきました。

生活スタイルや御家族の意見などをお聞きして、それぞれ

取り入れた御提案をさせて頂き、納得していただきました。

 

もともと高気密・高断熱・計画換気工法と国産無垢材を

使ったお家にプラス、お施主様・来客様にも充分居心地の

良い空間を御体感して頂けるお家になりました。

詳細はHPの施工例、第二章にて御確認ください。

家づくりに肝心なヒントになれば幸いです。

 

2017/09/26 無垢材の集う居間がある家…近況。

 

 

瓦葺き工事も終わり引き続き大工工事に入りました。

主に外装の窓枠やパネル張り、小ひさしを付けたりと

順調に工事は進んでいます。

写真は内装の天井断熱材100㎜を敷きつめて断熱性能を

高めています。 他にも電気・給排水設備など同時に

進行していますが、ちょうど投稿できる写真がなくて…

←弊社では当たり前のように施工してる断熱材について

今回掲載させていただきました。

グラスウールなど巻物の結露しやすい断熱材との差が

お分かり頂ければ幸いです。

 

 

2017/09/13 新築の棟上げしました。

 

 

8月吉日、棟上げしました。とっても暑い中、大工さんや

協力してくれた人達のおかげで済みました。若い御夫妻と

子どもさん達の集うお家づくりがスタートしました。

 

瓦葺き工事に入りました。人数が多いと工程が早く進み

棟巻きなど残工事は少数でじっくり完成させます。

最後に瓦葺きのチェックも連携して確認してました。

 

2017/08/30 リフォーム完成しました。

 

 

8月中旬に施工して完成したお部屋です。

壁の塗り替えや畳の新調・収納の木製建具の新調や

電気工事など順調に工程が進みました。

ここは他の部屋を第1期工事として施工して完成させて

からの追加工事でしたが、スムーズに工事が進み、

お施主様も満足のいくリフォームだったと喜んで

言われてました。

それぞれの協力業者さんも手伝ってくれての完成に

感謝です。

 

2017/08/10 居心地よい応接室を造る。

 

 

内装の仕上げ素材を塗りあげ完成させてます。塗り壁を

乾燥度合いを見ながら、何度もコテ押えして仕上げます。

  珪藻聚楽より手間はかかりますが、仕上がりは美しくなります。まだ乾燥しきってませんが仕上がりが楽しみです。

 

2017/08/09 新築の基礎造り。

 

 

新築の基礎工事が進んでいます。

立ち上りの型枠も出来あがり、ちょうど配筋検査を

受けているところです。

 

打設前の給排水工事を終わらせたら、引き続き

生コンクリート打設工事に入ります。

 

 

2017/08/06 居心地よい応接室を造る。

 

 

左官工事は新築部分と並行して、本宅の外部の壁の

漆喰塗り替えも施工しています。

 

天気が続くので外での仕事はやりやすいのですが

いつにも増してこの暑さの中での仕事は堪えます。

段取り良く工程を進めてくれる左官さんにも

感謝しながら全体の工程を進めていきます。

仕上がりを楽しみにしてくださってるお客様の為にも

慎重に一つずつ仕上げていきたいと思います。

 

 

2017/08/05 居心地よい応接室を造る。

 

 

新築部分の大工工事が終わりました。

他にも本宅部分の大工工事はありますが、

他の業者さんの工事が済んでから入ります。

部屋内は左官工事を仕上げてから設備工事が入ります。

 

暑い日が続きますが、工程通り着々と進んでいき

美装~仕上げ検査へと工事を進めてまいります。

 

 

2017/08/03 新築の基礎造りをしています。

 

 

夏まっ只中の先日、基礎屋さんがベタ基礎の墨出し

配筋を組んでいます。

暑さに体を慣らしているとはいえ、この暑さの中

高校球児並みに野球?ではなく仕事を頑張っています。

 

お盆までに仕上げる予定ですが、1年で1番暑い時期と

言っても過言ではない時に、お疲れ様でございます。

この現場を含め、お盆までに仕上げるリフォーム2件を

弊社も頑張って進めたいと思っています。

お客様が納得してもらえる仕事が1番嬉しいですが、

順調に工程通り進むのが私は1番安心します。

 

2017/08/01 居心地よい応接室を造る。

 

 

大工工事は内装も終わりました。あと、外部には少し

残工事がありますが、新築した部分は次の工程が進んで

まいります。

左官工事や塗装工事、建具工事に設備工事と慌ただしく

工事は入りますが、仕上げ~完成に向けて1つずつ

着実に工程を進行していきたいと思います。

ここ連日の暑さで各業種の方が体調を崩さないよう

気をつけてほしいと共に、順調に工事が進む事を願う

ばかりです。

 

 

2017/07/28 居心地よい応接部屋を造る。

 

 

外部仕舞いができあがりました。本宅に合わせた

屋根の造りに、壁はシンプルな中にこだわりが

感じられる仕上げになります。

 

最近、弊社でリフォームされるお客様とのお話の中で

「身体に優しく長居のできる居心地の良い空間」を

求められる方が増えつつあります。需要と供給の

バランスを考えながら、予算や希望に応えれるよう

工夫してお互い納得のいく耐震・断熱リフォームを

取り入れた家づくりを提案・施工していきたいです。

 

2017/07/27 居心地よい応接部屋を造る。

 

 

先月棟上げした応接室が、だいぶ進んでいるのですが

リフォームのお客さんが重なり更新が滞りました。

棟上げして外部仕舞いが終わって内装造作に入った

時の様子です。

部屋内の構造躯体や造作材は国産材を使ってます。

それぞれの材質の特性を活かした、身体に優しく

居心地の良い空間で、さりげないこだわりも感じられる

部屋が完成予定です。

 

2017/07/08 新築の刻み。

 

 

先月末より構造躯体をプレーナーで加工し、墨付け~

刻みを始めています。引き続き桧や米松も墨付けして

刻んでいきます。

続いて桧の柱も墨付け~刻み~仕上げへ…と工程は

たくさんありますが一つずつ確実に進めて準備して

いきたいと思います。

 

梅雨明けが暑くなるのは当たり前ですが…暑くなりすぎ

ないようになればなぁ~…って思う今日この頃です。

 

2017/07/07 省エネ住宅で使う無垢材の仕入れなど。

 

 

以前、弊社の仕様で良く使う材を市場で見て交渉して

預けておき、その間もしっかり乾燥させた無垢材を

積み込み、加工場に持ち帰りました。

これを含め、その他の使う材料を適材適所に加工して

今後着工するお施主様のお家に使っていきます。

 

多種多様なお施主様の御希望などお聞きし充分にお話して

省エネ住宅に無垢材を取り入れた納得のいく家づくりを

提案し提供してまいりたいと思います。

 

 

2017/07/01 新築の構造躯体の準備。

 

 

倉庫で乾燥させた日本松を選び出し→製材→加工場へ運搬

しました。量は少なめですが乾燥しても重さはあります。

 

松と桧を適材適所に使うハイブリット?とも言える軸組み

工法でお施主様の条件にも合う省エネ住宅になります。

 

2017/06/24 地鎮祭をしました。

 

 

先日、次の新築工事の地鎮祭を執り行いました。

天気も快晴で風もよく通って絶好の地鎮祭日和でした。

滞りなく祭典が進んで無事に着工報告できました。

 

神様に工事の安全と建物を建てさせて頂く報告をする

お祭りが粛々を進んでいきました。

さぁ、子育て世代の新築棟上げ工事の始まりです。

 

2017/06/22 新築棟上げをしました。

 

 

先日、棟上げをしました。米松など外国材が多い中、

久しぶりに日本松の構造躯体を使った軸組みです。

あらわしの天井板はり仕上げなので材中の溝より上は

隠れますが、耐震対策はバッチリです。

 

順調に大工工事は進み屋根仕舞いが終わりました。工事は

続いて耐力壁の施工に入っています。梅雨時期でも天気が

良い日が続くので瓦葺きや外装工事も進んでいきます。

順調に工程が進むのが一番安心します。

 

2017/06/16 新築施工例を二件追加しました。

 

 

 お施主様の御厚意により新築の施工例を

 掲載させて頂く事になりました。

 2件はどちらも、こだわりや特長があるお家で、

 「低炭素基準認定のお宅は本格的な和の家」

 「ゼロエネルギー基準認定の高性能で和モダンな家」

 となっております。

 次世代の家づくりの参考になれば幸いです。

 お施主様の御厚意に感謝いたします。

 

 詳細は「施工例第二章」を御覧ください。

 

2017/06/10 新築の土台敷き。

 

 

先日、新築部分の土台据え付けをしました。

快晴の中、順調に施工が進み完了したので、引き続き

構造躯体や準備物を搬入してから仮設足場を組んで

棟上げ前の準備は完了します。

棟上げ当日を迎えるまでに、段取りする物が全部揃って

はじめて準備が完了したことになります。

あとは、棟上げ日から数日天気が続く事を

願うばかりです。

 

2017/06/02 新築の基礎が終わりました。

 

 

新築する場所に、土壌改良・防蟻処理した後に先月から

基礎工事が入ってましたが先日終了しました。

建物の刻み加工も佳境に入っています。

 

梅雨入りまでには棟上げをする予定ですので

もうひとがんばりします。

 

2017/06/01 リフォーム施工例を追加しました。

 

 

先月5月に完成したリフォーム施工例を追加しました。

昔建てた思い出深い家をただ解体するのではなく、

建物を診断し現在の生活スタイルも充分お聞きして

最適な方法を提案・お見積りして納得頂いた上で

現代技術を活かしリノベーションしました。

 

1日のうちで1番長く過ごす部屋だからこそ、

長居して心地よい空間に仕上げ満足頂いております。

ぜひご覧ください。

 

2017/05/30 新築の準備。

 

応接室をリフォームするか新しくするかで

御相談を受けて診断しましたが、痛みが激しく

築年数も経過していたので新築する運びとなりました。

 

昔の工法と違い耐震・断熱性能の大切さを取り入れる

場合、既存の工法では我慢や無理な部分も多いので

よほど銘木でも使ってない限りは新しくするのが

得策と言えます。

お施主様に御理解・御納得頂いた上で、大胆かつ慎重に

プレゼン・工事を進めて参りたいと思います。

まずは既存部分の解体が終わりました。

2017/05/26 新築施工例を2件追加しました。

 

 

お施主様の御厚意と御協力により新築施工例として

ひとまず2件、掲載させて頂いてます。

ホームページを御覧のお客様の今後の家づくりの

参考までに御覧ください。

 

あと、新築を3件とリフォームを1件、それぞれ

施工例に掲載予定ですので、またお知らせしますので

御覧いただけたら幸いです。

 

2017/05/20 リフォーム施工例を二件追加しました。

 

 

春先に施工させて頂いたリフォームを2件まとめて

「リフォーム施工例」に公開させていただきました。

お客様の今後の参考になればと思いますので

また閲覧して頂けると幸いです。

 

あと、リフォームが1件、新築は4件程、施工例を掲載

していく予定ですので、よろしくお願いします。

 

 

 

2017/05/13 リフォーム施工例を追加しました。

 

 

すっかり春らしくなりましたね。

春先にリフォームしたお宅の施工例を参考までに。

他にも小さな工事から大掛かりな工事まで

多々ありますが、一番には掲載へのお施主様の

御理解と御協力が頂けたいくつかの施工例を

抜粋して掲載していきたいと思っております。

 

また随時HPやFBに投稿していきます。

 

 

 

 

2017/05/02 和の空間・和みあるお家…近況。

 

和の空間の・和みあるお家が完成しました。

無垢材と自然素材とが調合した居心地の良いお家です。

一つ一つの無垢材を大事に扱いながら普段通りの生活を

すれば、ほぼ3世代使える仕様となりました。

無垢材に包まれながら、身体に優しく元気に暮らせる

日々が体感できたら、建てた私共も幸いに思います。

 

詳細はまた施工例でお知らせ致します。

 

 

2017/03/22 和の空間・和みあるお家…近況。

 

 

大工工事が完了しました。 身体に優しい無垢材を要所に

使って全体的にバランス良い和モダンな空間に仕上げます

 

引き続き左官工事に入ります。中塗から上塗り仕上げへと工程が進んでいきます。

 

2017/03/18 和の空間が増え和みあるお家…近況。

 

 

少し前の写真になりますが、床柱も入り和室の木工事が

佳境に入っています。他の部屋も完成に近づいています。

 

外部の左官工事も仕上げに入ってます。基礎も仕上げたら

塗装工事に入っていきます。

 

2017/02/21 和の空間が増え和みあるお家…近況。

 

 

日本松と杉板が見事に合って両方引き締まって見えます。

やはり無垢材の玄関ひさしは美しい…。このまま自然な

感じに焼けていけば、わびさび感あって良い感じです。

 

逆光気味ですが…なかなか際立って映ります。お施主様は

現在も日本松のお家に住んでおられるので、気に入って

もらえたようです。

 

2017/02/20 和の空間が増え和みある家…近況。

 

 

日本松の6Mの桁を中心に玄関ひさしに加工した無垢材を運んでいます。 いよいよ施工に入ります。

 

丸太の柱も束石と固定して躯体の施工にかかります。

今度は完成したら、また載せます。

 

2017/02/18 無垢材の仕入れ。

 

 

木材の製品の中で自社の加工場にて乾燥させたい無垢材は

定期的に市場で交渉して仕入れ、等級ごとに仕分けて

立てかけたり桟を入れて並べたりしています。

 

全部は撮影できてませんが、今年使う予定の無垢材を

乾燥させていて、いつでも使える状態になってます。

ついでに木工機械の刃物も研いで材料も整理整頓した

ので、とっても綺麗になりました。

また来週から新鮮な気持ちでお施主様のお家に携わって

いきたいと思います。

 

2017/02/01 和の空間が増え和みあるお家…近況。

 

 

外部の木工事が進み形が見えてきました。

写真では分かりにくいかも知れませんが、小ひさしが

付く所には施工され、あとは玄関ひさしを残すのみと

なり、それが施工できれば板金・左官工事が入ります。

 

内部の大工工事も着々と進んでいます。

また順次掲載していきたいと思っております。

 

2017/01/21 和の空間が増え和みある家…近況。

 

 

玄関ひさしの軸組みを日本松で施工する為、倉庫から選木

して製材所に搬入しました。

  桁や垂木ほか屋根材を製材していきます。あとは加工場で加工仕上げて現場で施工します。

 

2017/01/18 新築の棟上げをしました。

 

 
順調に構造躯体も組まれ天井断熱材も施工して棟が上がりました。引き続き屋根仕舞いに掛かってます。  

通し壁に構造パネルをはり下地床が貼れたら外部の仕舞い

を施工していきます。

 

 

2017/01/16 新築の土台据付け。

 

 

既存のお宅に和の空間を増やすため増築します。とはいえ

棟も上げるので小規模の新築でお部屋を増やします。

 

土台が据え付けられ防蟻処理もして材料も搬入されました

仮設足場が組めたら、いよいよ棟上げです。

 

 

2016/12/12 リフォーム施工例を追加しました。

 

 

 畳を敷いていた床を止めて、無垢板にリフォームした

 施工例を追加しました。

 かなり腐敗が激しい部分もあり、お客様にとっては

 悩みの種だったのですが、下地から新しくし断熱性能も

 上げて見違えるほど、綺麗に床板がはれました。

 

 詳細はリフォーム施工例にて。

 

 

 

2016/11/07 ゼロエネルギー認定の家…近況。

 

 

建物の外部が仕上がりました。

焼板をはると建物が引き締まって写ります。

 

外壁も仕上がり、部分的に漆喰を使いアクセントを

つけています。

屋根には太陽光パネルも施工され、仮設の足場も

撤去してすっきりしました。

あと少し残る内装工事を仕上がれば完成です。

 

2016/11/01 地鎮祭をさせていただきました。

 

祭典が厳かに執り行われました。

 本日、11月1日、1が3つ揃う日に新築の地鎮祭を

させていただきました。

天候にも恵まれ粛々と祭典が進んでいきました。

土地の神様にも御挨拶ができて、これから本格的に

工事がスタートします。

お施主様、今後ともよろしくお願いします。

   
     

 

2016/09/22 リフォーム施工例を追加しました。

 

 

和室の床を畳から無垢板へ…

収納も一部解体し、最近多い仕上げにしました。

天井と壁は従来のまま活かして照明器具は写真は以前の

ですが、新しく交換して最新のになりました。

 

詳細はリフォーム施工例にて。

 

 

 

2016/09/03 ゼロエネルギー認定の家…近況。

 

 

外部の通気工法下地や見切など次々に工事が進んでいます

天気が良すぎて暑い中、大工さんは工夫しながら工程を

進めてくれ、おかげでだいぶ形が見えてきました。

 

小ひさしの軸組が取付けてありました。あとは25mm厚

の無垢板をはって仕上がります。ひと手間かかりますが、

採光の加減ができ家の性能評価にもつながります。

 

2016/08/27 ゼロエネルギー認定の家…近況。

 

 

玄関庇やその他に使う無垢材を選木しています。ある程度

揃えて乾燥させてますが、1本ずつ見ながらと積み替えもあったりで手間はかかります。

 

出して残った材を積み替え倉庫にしまいます。リフトが

あるおかげで手早く収納できます。私が乗ってしまってる

写真がないので、途中変わって撮ったのを載せます。

 

2016/08/26 低炭素認定の家…完成いたしました。

 

 

お施主様の御厚意で開催した内覧会も終わり、無事に

お引き渡しとなりました。以後、お施主様の感想です。

 

早速、引越しを済まされ身体に優しい自然素材と無垢材の

香りに包まれながら快眠出来たとのお言葉を頂きました。

また「当初の予定よりいろいろ変わりましたが、後悔の

ない納得の家づくりができ感謝してます!」とも…。

そして最後に…我が家を内覧された方には「ぜひ五感を

フルに活かして居心地の良さを、体感でしか得られない

貴重な体験を家づくりに活かしてほしいなぁ~」と

締めくくられました。 ありがとうございました。

 

 

2016/08/11 低炭素住宅認定の家…内覧会開催。

 

完成内覧会をします。

無垢材と自然素材の身体に優しいお家にプラス

家計にも環境にも優しい認定を受けたお家が出来上がり

ました。(約35坪のお家です)

8月20日~21日に開催決定ですので、興味のある方は

ぜひ御参加ください。

より詳しい説明を聞きながら体感されたい方、詳細は

イベント情報にて御確認ください。

 

2016/07/20 無垢材でつくる高度省エネ認定の家…近況。

 

 

左官工事も佳境に入って外部の漆喰塗仕上げをしています

軒を深くして雨風が当たりにくい所に仕上げてます。

 

外部も内装も仕上げに差しかかってます。いろんな業種の

方と連携してスムーズに工程を進めてまいります。

 

2016/07/13 新築棟上げしました。

 

 

天気が良かった先週、新築の棟上げを取り行ないました。

暑かったですが雨が降らず、順調に工事が進みました。

 

暑いのに協力してくれた大工さん達のおかげで、家の形に

なるのが工程通り順調にできて良かったです。

 

2016/07/03 低炭素認定の家…近況。

 

 

左官工事の塗り仕上げも終り、また和紙の貼りも仕上がり

ました。一番長くいる部屋を自然素材で仕上げると

身体に優しく心も和む空間がここにあります。

 

養生を取ると全貌が見えて、また違った印象を受けますが

無垢材と自然素材の良さが引き立つことは確実です。

あと、少しで完成いたします。

 

2016/07/02 新築棟上げの準備。

 

 

先日、土台を据えてから構造材の搬入などしました。

棟上げ当日も大切ですが、前日までの準備の方が一つ一つ段取りの確実性が問われます。

 

仮設足場も組みあがり、少数で確認しながらいろいろ

準備をしていき準備万端。あとは、暑さが和らいでくれるのを願うばかりです。

 

2016/05/28 低炭素認定の家…近況。

 

 
外観も仕上がりが見えてきました。塗装や雨どいが仕上がれば、さらに出来上がりが見えてきます。  

大工工事もほぼ終わり、引き続き左官や内装工事に入っていきます。完成も間近です。

 

2016/04/22 無垢材でつくる高度省エネ認定の家…近況。

 

 

内装も下地床はり、断熱材まで入っています。 順調に

工事が進めば全容が見えてきます。

 

外部の大工工事が進んでいます。気候も良く晴れの日も

続くので順調に工事が進んでいきます。

 

2016/04/21 低炭素認定の家…近況。

 

 

こちらは着々と工事が進んでおります。仕上がりが

楽しみな部屋になります。

 

外部の左官の塗り仕上げが進んでいます。水分が乾燥する

まで養生してから塗装仕上げに入ります。

 

2016/04/04 完成内覧会のチラシ。

今週末、4月9日・10日の完成内覧会のチラシが

出来上がりました。

近所には8日の山陽新聞折り込みに入りますが

興味のある方は、どうぞご覧ください。

 

よろしくお願いします。

 

2016/04/01 完成内覧会のお知らせ。

 

国産無垢材と自然素材で仕上げました(約39坪)

 このたび完成内覧会をさせて頂きます。

 日にち:4月9日(土)~4月10日(日)

 時間 :午前10時~午後17時

 場所 :総社市山田2400番付近

  総社市にある新本郵便局から約1.3㎞のところが

  現地です。 郵便局からが分かりやすいです。

 

2016/03/16 新築の地鎮祭を執り行いました。

 

 

棟上げや準備で忙しく、少し遅れての更新になりましたが先週の吉日に、次の新築のお家の地鎮祭を執り行いました

 

雲も少なく快晴の青空の下、めでたくこの日を迎えられ

お施主様、あらためましておめでとうございます。

 

お施主様とともに、土地を触るにあたり、神様に御報告と工事の安全を祈願いたしました。着工してまいります。

今後ともよろしくお願いします。

 

2016/03/14 新築の土台据え付け。

 

 

澄みわたる青空の下、桧の土台を据え付けました。

そして防蟻処理をして乾燥させて、土台を養生ビニールで

包み込み、かぶせています。

 

その他、仮筋交いや足場板や断熱材など、もろもろの

使う材料も確認してから搬入しました。

近くに棟上げをするので天気が続く事を願うばかりです。

 

2016/03/13 新築の構造材の現場搬入。

 

 

更新が遅れ気味ですが…先週現場に構造躯体を搬入しま

した。現場に中型トラックが入らないのでラフターで

荷台から吊りあげての搬入です。

 

このたびのお家は日本松や桧や栗など豊富な国産無垢材で

建てるお家です。 養生しやすいように積み込んで

テントで包みこみます。

 

2016/03/06 完成内覧会のお知らせ!

 

国産無垢材と自然素材がうまく調和したお家。

お施主様の御協力と御厚意により、弊社の家づくりに

興味のあるお客様をメインに完成内覧(約39坪のお家)をさせて頂けることとなりました。

なお、内覧期間は3月6日より4月6日頃の1ヵ月間。

早速、本日6日午後に1組、内覧頂く予定です。

 

一見の価値がある建物ですので少しでも気になったり

興味があれば、弊社に電話かお問い合わせメールにて。

またFBに投稿でもチェックしてますのでお気軽に。

詳細はイベント情報にも掲載してます。

 

2016/03/01 低炭素住宅認定の家…近況。

 

 
天井に無垢の無節桧板をはって仕上げました。 壁下地の前に断熱材を入れて自然素材の部屋に仕上がります。  

子ども部屋は発育する環境の中でも大切なので、お施主も

こだわり、ひと手間かけ無垢材と自然素材で仕上げます。

 

2016/02/27 予約制内覧のお知らせ。

 

 

内装は仕上がりました。あと照明、電気、設備、建具工事など次々と工程通り仕上げていきます。

たくさん自然素材が感じられるこだわりあるお家です。 

 

外廻りも設備工事を中心に順調に工程が進んでいます。

なお、このお家は3月初旬より予約制の内覧をさせて

いただく予定です。 詳細は3月初旬にお知らせします。

 

2016/02/17 新築の刻みが進んでいます。

 

 

日本松の構造躯体の刻みが出来上がっています。

構造材同士の継ぎ手や仕口もいろいろあります。

低炭素認定住宅で国産材もバランスよく使います。

 

何となく積んでるように見えますが、魅せる面は養生しながら積み重ねています。 日本松・栗・桧など国産材を

ふんだんに使ったこだわりの「和の家」です。 

 

2016/02/16 新築の地鎮祭をとり行いました。

 

 

快晴とまではいかなくても、良日に地鎮祭を行わせて

頂きました。強風だった以外は清々しい日でした。

  土地の神様に御報告させて頂き、工事により触らせて頂く御許可と新築工事の安全を祈念致しました。

 

2016/02/06 低炭素住宅認定の家…近況。

 

 

無垢の床板が張り終わり、天井も壁にも断熱材をしっかり

入れて天井には無垢の桧板を張っていってます。

 

弊社の加工場で寸法に合わせて無垢材の枠材を加工して

現場に搬入しました。 これも取付していきます。

 

2016/01/30 新築の墨付け・刻みをしてます。

 

 

 日本松の中置き梁が墨付け・刻まれて大工さんが

 丁寧に手鉋仕上げしてます。

 このあと自然油を塗布後、乾燥させてから養生して

 積み込みます。

 他の構造材も次々と墨付け・刻みが出来つつあります。

 

 このお宅の主要構造部は日本松なので、どっしりと

 見ごたえあるお家が出来上がる予定です。

 

2016/01/28 低炭素住宅認定の家…近況。

 

 

大工工事は内装の無垢フローリングはりが進んでいます。

床を張った後、天井板張りへと進んでいます。

 

外部は壁の下地塗をするため、透湿防水シート貼り後に

ラス張り、そして下地を塗っていきます。

 

2016/01/20 松の梁あらわし天井の家…近況。

 

 

大工工事が終わり、引き続き左官工事に入りました。

漆喰や珪藻壁仕上げの下地塗を施工しています。

  ここは和紙を貼るため、下地ボードのジョイント部にパテ詰めをしていきます。自然素材たっぷりに仕上がります。

 

2016/01/16 新築の墨付け・刻みをしてます。

 

 

少し前になりますが、新築の墨付けと刻みをするため

製材し加工された無垢材を会社加工場に搬入しました。

 

大工さんが構造材を適材適所に振り分け墨付け・刻み

仕上げをしていきます。

しばらくは身体に優しい国産材、日本松や桧の良質な

香りが工場全体に広がります。

国産材も産地によって見た目や性質は異なりますが

やっぱり良いです! 16日掲載のスタッフブログでも

紹介してます。 

 

2016/01/16 低炭素住宅認定の家…近況。

 

 

大工工事の方は、寒いながらも天気が続くおかげもあり

順調に家の外壁下地が出来上がっております。

仮設足場で見えにくいのですが、造りつけの小ひさしも

取付けていて、あと少しで下地が終わります。

引き続き板金工事~左官工事に入っていきます。

大工さんは家の内部造作に入って床の遮音や壁の

断熱材を施工していきます。

外部も良い感じに仕上がる予定です。

 

 

2016/01/11 新築の管柱の選木。

 

 

管柱を番付(家のどこに使うか木目など見て判断し、位置

決めする)して傷つかないよう梱包して積み置きます。

 

柱だけでなく他の材料も合わせて積み込み、加工場に配送

します。前の便でおおむね運び今回は少なめです。

 

2016/01/07 リフォーム施工例を追加しました。

 

 

以前、リフォームさせて頂いた施工例をこちらに掲載して

おらず、遅めの掲載ですが、参考になればと思います。

 

水廻りのリノベーションが多い中、今回は空いてた

空間をお部屋にして、家族みんなで使える空間にした

施工例です。使う目的・頻度・時間を考慮しての

リノベーションです。

いま、家のお悩みで計画中の方や一つの参考として

御覧頂ければ幸いです。 

リフォーム施工例の「追加」で掲載してます。

 

2016/01/06 あけましておめでとうございます。

 

 

弊社のホームページを御覧のお客様、ならびにお施主様

あけましておめでとうございます!

本日6日より業務を開始いたしておりますので、

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

元旦にお参りして神様・仏様に安全祈願その他、

平穏無事に過ごせる一年になれば…と、微力ながら

お願いしてまいりました。

天気の方は、穏やかな日が続いた年末年始ですが、

お天気同様、穏やかな一年になるよう願いたいものです。

 

2015/12/29 今年も、ありがとうございました。

 

  年末年始の休業のお知らせ!

 

誠に勝手ながら、12月30日より新年1月5日まで

休業させていただきます。

なお、1月6日より通常営業を開始しますので

よろしくお願いします。

 

今年も残すところ、あとわずかとなりました。

弊社に関わるすべてのお客様には、お世話になり

感謝致しております。

来るべき新年も、どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

2015/12/26 松の梁あらわし天井の家…近況。

 

 

こちらは更新はできてませんでしたが、大工工事は

丁寧かつ着々と進行しております。

どの仕事でも段取り8割、現場2割の割合で仕事が

できれば数段仕事量がアップします。

加工した材料を見て、頭の中で現場仕上げまでの

工程を組み技術を魅せる大工さんは木造軸組み住宅

では、とても重要な存在です。

このままスムーズに工事が進むよう、安全第一で

家づくりを進めて参ります。

 

 

2015/12/21 無垢材の仕入れ。

 

定期的な市日があり弊社では需要と供給を見極め、

ときに市場で無垢材の仕入れをしています。

天井板・壁板・床板など…製材所によって材質や値段も

異なり、こだわりを持った良質・良心的な材を、時代に

応じた数量・材積・適正相場で提供してくれる所で

仕入れてます。

木目や乾燥状態や仕入れ時期により、難しい判断を下す

こともありますが、極力在庫にならないよう努めてます。

御縁のあったお客様に適材適所に提供して納得の喜びが

感じられたら幸いです。

 

2015/12/18 新築の外部下地板が貼り終わり。

 

 

外部の下地板が張れました。軸組みパネル工法の出来上がりです。これにシート貼り・通気して見切り板・小ひさし取付してから壁仕上げの下地板を打って左官工事です。

 

一部外部に木工事仕上げがあるので防火の為、不燃材板を

張っています。こうして工程をみると改めて大工工事の

割合が多く納まりを形にできる大工さんはすごいです!

 

2015/12/08 造作材料の仕入れしてます。

 

 

定期的に使う材料はよく見極め市場にて仕入れてます。

乾燥状態など業者によってマチマチですが、それぞれ

得意な分野を見極めて仕入れてます。

 

管柱も等級や乾燥時期を見極めて、工程に合わせて仕入れ

弊社乾燥場にて自然乾燥させてます。無造作に積んでる

ように見えますが、仕入れ時期で場所を変えてます。

 

2015/12/07 新築の外部壁を施工してます。

 

 

外回りのサッシ取付仕舞いが着々と出来上がっています。

良い天気も続くので工程もはかどっていき順調です。

 

近年の玄関戸は断熱性は良いのですがズシっと重くなって

きてるので枠付け後、下に石とコンクリを詰め込みます。

 

2015/11/28 新築の造作に入りました。

 

 

予定より少し早い11月中旬より大工工事が始まりました。

瓦工事までは雨風の少しでも影響を受けにくくするため

各業者さんに協力してもらい早く工程を進めるのですが、

大工さんが早めに入れると、外部の工事が早くでき、

戸締りはもちろん、家の為にも良いので、嬉しい方の

工程の誤差です。 

寒さも堪えてきてるので順調に工程が進むよう、次にいる

材料の手配や準備も進めていきたいと思います。

お施主さんには決め事も多く悩みも続きますが、お互い

良い家づくりを目指していきましょう!

 

2015/11/28 新築の構造躯体の選び出し。

 

 

次のお宅は「日本松の良さを見て、聞いて、学んで特徴を活かした家づくりをしたい!」との思いで主要構造躯体が

地松になり、乾燥場より適材を選び出ししました。

 

挽き直しをするため、いつもの弊社リフトで大型15t車に

積み込みましたが、ほぼ満載で重さも10tは超えてるかも

知れません。エアサスながら荷台がヘタって見えました。

 

2015/11/09 新築、壁の部分仕舞いができてます。

 

 

 順調に大工工事は進み屋根仕舞い・壁仕舞いも終わり

 屋根の雨仕舞いもでき、ここまでできれば一安心です。

 

 続いて屋根の瓦葺き工事に入っていきます。

 いつも元気の良い感がある瓦屋さんの出番です。

 大工工事は弊社加工場で建物内に使う材料を加工

 していきます。

 

 穏やかな秋晴れの空をバックに、お施主様の気持ちの

 こもった家が、よく映ります。

 お施主様、おめでとうございます。

 

2015/11/08 重要文化財の見学。

 

 

文化財建造物保存技術協会が国から依頼を受け修復して

いる旧家の2回目の見学説明会に参加してきました。

これは解体した構造躯体「登り梁」の一部です。

上の束は根元が痛んでるのでそこだけ取り替えますが

下の梁は、さすがは日本松です。水気や湿気があまりなく

見事に約300年前の当時のままを維持しています。

まだいろいろありますが詳細はスタッフブログにて…。

 

あらためて木造軸組み工法の奥深さを知りました。

 

2015/11/07 新築、屋根仕舞いが終わりました。

 

 

 続いて、屋根の下地桧板を打ち、屋根瓦の下地を造る

 屋根仕舞いを大工さん達と仕事して仕上げていきます。

 願わくばこの時に雨が降らない方がいいですね。

 刻んだ構造躯体を魅せる部分はもちろん、見えなくなる

 部分も、出来れば湿らせたくないので…。

 毎棟、心配しますが、ここ数棟は小雨はあっても

 心配になるほど降ってないので、お天気に感謝です。

 

 引き続き、大工さんと壁の仕舞いに入っていきます。

 

2015/11/06 新築の棟上げができました。

 

 

心配だった雨も降らず、大安棟上げ吉日に次々構造躯体を

組みあげていきます。順調です。

 

順調に建て方は進み、棟木も上がり、無事納まりました。

いつもの手慣れた大工さんの熟練の技が冴えました。

 

2015/10/27 新築の土台据付けと材料搬入。

 

桧の土台を据え付けて防蟻処理して乾燥させて構造躯体を

現場に搬入しました。

  構造材をテントで養生して仮設足場を組んで現場の準備は完了。倉庫で当日の準備をしました。近く棟上げです。

2015/10/21 新築の基礎が終わりました。

     

 先日、近く新築棟上げ予定の基礎が出来上がりました。

 毎回、きちんとした真っすぐで綺麗な基礎に

 ほれぼれしてます。

 家を建ってしまうと見えなくなりますが、随所に

 職人のこだわり気質が感じられます。

 しっかり養生が済んだら土台を据えます。

 次は土台の防蟻処理、構造材の現場搬入、仮設足場の

 組立と棟上げ当日までにする工程はたくさんあります。

 段取り良く工程を進めていきたいです。

 

   

2015/10/08 新築構造躯体の刻み・仕上げ

 

 

構造躯体と梁のあらわし部分の刻みが終わって手鉋で

仕上げに入ります。今見ても綺麗な木目です。

 

栗と桧の大黒柱の刻みも出来上がりました。これも手鉋で

仕上げに入ります…室内に太いあらわし柱が披露されます

 

2015/10/07 松の梁あらわし天井の家…近況。

 

 

二階の窓枠・見切・廻り縁・幅木・下地材など無垢材をびっしり積み込みました。こうしてみると、二階の室内

だけでも家に必要な材料がたくさんあります。

 

玄関ひさし・小ひさしも完成して左官工事が入りました。下地塗ができれば、雨の心配もなくなり防犯的にも

一安心できます。外部の出来上がりも楽しみですね。 

 

2015/09/30 新築屋根材の加工。

 

 屋根の垂木やその他製材して乾燥場にて自然乾燥させた

 無垢材がしっかり乾いたので屋根材を選んで墨付け、

 加工して仕上げていきます。

 屋根の下地とはいえ、極力合板建材を使わない仕様に

 して瓦と無垢材で屋根をつくり、長く永く持つような

 屋根造りをしています。

 最近、お施主様からお問い合わせがあり、私たちは

 見慣れてるし、分かるだろうと思ってましたが…

 説明不足だったのを痛感して改めて書きました。

 棟上げして瓦葺いてしまえば見えなくなりますが…

 「御安心ください! 長く持ちますので」…(笑)

 

2015/09/26 松の梁あらわし天井の家…近況。

 

 

玄関のひさしの墨付け・刻み・鉋仕上げが済み、いよいよ

組付け施工されています。日本松が綺麗に見えます。

 

屋根の板金仕上げがまだですが、下から見上げると、

とっても美しく実用的に使える芸術作品です。

 

 

2015/09/26 省エネ住宅の実践。

 

一次エネルギー消費量の計算方法など…。

最近、きたるべき2020年に義務化になる性能表示が

できる家づくりをしていくため、いろいろ学んで

お施主様へ御提案~納得して御契約頂いた家を建てるのに

計算したり申請だしたりと頭を悩ます日々が続いてます。

でもコツが何となく理解でき住宅に活かせます。

今までの体感で感じる家づくりでも良かったのですが、

 

プラス無垢材の家づくりを活かしながら性能表示もできる

家ができれば数値で見える化につながり、お客様により

良さが伝わりやすいのではないか…と日々奮闘しています

 

2015/09/16 松の梁あらわし天井の家…近況。

 

 
外部の下地が仕上がってきております。 小ひさしや見切など取りつけられ焼板との境も出来上がっています。  

玄関のひさしも加工され現場に到着。大工さんの頭の中の

仕上がりが形となって出現します。

 

2015/09/04 松の梁あらわし天井の家…近況。

 

 

現場が進むと長い物も置けるので、加工した外部と廻り縁

などの造作材も現場にいれます。無垢材が集います。

 

外部のサッシ枠が取り付けられています。 あと少しで

雨仕舞いと戸締りができるようになり一安心です。

 

2015/09/03 松の梁あらわし天井の家…検査。

 

 

新築施工には、いくつか検査を受ける必要があります。

今回のは無垢材をある一定限度以上使っていて、なおかつ

乾燥状態も基準をクリアしなければなりません。

 

土台・柱・構造躯体・母屋など、材種の確認と何か所も

含水計を当てて値を計測、基準値の範囲内であれば適合に

なります。この現場も合格です。

 

2015/09/02 新築の構造材の準備。

 

 

だいぶ前の事ですが、桧の通し柱を選木に行きました。

熟成した栗通し柱に負けない6寸角(18cm)の化粧柱。

他の通し柱も粗で4.5角(13.5cm)を使います。

 

構造躯体は国産桧材と米松のコラボレーション。

どちらも強度はありますが、あらわしで魅せたりする場合

国産桧には、米松には無い上品な木目や感じが漂います。

 

2015/09/01 松の梁あらわし天井の家…近況。

 

 

大工工事が着々と進んでいます。検査を受けるまで外部が仕上げれない所もありますが、まず外部から済ませて内装造作に入るので天気を見ながら工事を進めていきます。

 

会社で加工した内法(あらわし窓枠)や外部ひさしや造作材など無垢材の材料を現場搬入します。大工さん頭の中で

使うとこ整理しながら施工していきます。

 

2015/08/24 完成内覧会が終わりました。

 

 先日、盛況の内に内覧会が終わりました。

 多くのお客様が来場され関心の高さに驚きました。

少数での御案内のため、時間帯によっては、うまく説明

できず、納得されなかったお客様もおられると思います。

申し訳なかったです。

ただ体感されて、じっくりお話もできたお客様には

弊社のコンセプトなど理解してもらえたようで嬉しかった

です。熱心に聞いてもらって、ありがとうございました。

「百聞は一見にしかず」見て触れて体感してもらって

 初めて分かる事も多いと思います…来られて連絡可能な

 お客様には後日、順次対応させて頂きますので、

 その際、御質問などお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

2015/08/16 完成内覧会のお知らせ!

 

天然木サンルームのある住まい! 内覧しませんか?

お施主様の御理解と御厚意により、完成内覧会をさせて

頂く事になりました。 御協力ありがとうございます。

 

今回は2階建て約36坪のお家。子育て世代のお施主様が

あちこち随所にこだわりを見せたお家となりました。

日にち:8月22日~23日(土・日)

時間 :午前10時~17時

場所 :総社市小寺付近

8月21日、近辺の山陽新聞朝刊に折り込み予定ですが、興味のある方、ぜひこの機会に御内覧ください。

 

2015/08/13 新築の大工工事の前に…。

 

 配線がびっしり。今の家は特に配線が多く分電盤近くは

 御覧の通り…。 大工工事に入るまでには、他にも給水   

 設備工事が済んでいないと工事を進めれません。

 壁も柱を包んでしまう大壁仕様と柱を魅せる真壁仕様と

 では配線を通すだけでも頭を悩まします。

 魅せる部屋にすることは隠れる部分も少ないので、

 うまくまとめ他の工事と混線しないよう気を遣います。

 

 両方の工事が滞りなく完了したので、いつでも大工さん

 工事が進めていける状態です。

 

2015/08/13 新築の瓦葺きが進んでいます。

 

快晴が続く中、屋根の瓦葺き工事が進行しています。

晴れやかなのは良いのですが、とにかく暑い~(^_^;)

 

今週中には瓦葺きを終わらせるようですが、身体に気を

つけて施工していってもらいたいと願うばかりです。

室内の設備工事ができれば大工工事も入れますが、

廻り縁や枠など無垢材の加工を加工場で造っています。

次々出来上がっていて、お盆休み明けには入れそう。

引き続き、大工工事が始まります。

お施主様はいろいろ決める事も多く大変になりますが…

一城ができる過程を楽しめる良い時期でもあります。

 

 

2015/08/12 新築の棟上げをしました。

 

 

先週、棟上げが予定通りできました。暑い中お施主様にも

多大な気配りをして頂き、ありがとうございました。

大工さん達も体調に気を遣いながら工事が進みました。

 

引き続き、屋根仕舞いを施工して順調に2階が終わって

1階の屋根の施行中。この後、無事終わりました。

引き続き、瓦葺き工事に入ります。

 

2015/08/01 新築の土台据付けと材料搬入。

 

先日土台を現場に搬入して大工さんと墨出し土台を据付け

しました。 一番暑い時期なので暑さに身体を慣らるのも

棟上げ準備の一つです。 当日の大工さん達にも熱中症

対策してもらって万全に棟上げを進めたいです。

 

刻んだ構造躯体を現場に搬入します。配送は運送屋さんで積み込みは弊社が順番に降ろせるよう気を遣います。

あとは現場で降ろすのとテント養生をして完了です。

来週の棟上げに向けて着々と準備ができてます。

2015/07/27 次の新築の柱を製材。

 

 
あらわし面が割れないよう背割を入れ乾燥させた栗の柱を製材しました。外部の一部分を支えるので、太くごっつい柱に仕上がります。  

栗の大黒柱(通し柱)を挽き直し製材してます。 弊社で

7年前より乾燥させてる良い品物で、やっと出番です。

ワインで言えば、じっくり寝かせた1本です。

 

2015/07/26 新築の隅木刻み。

 

 

荒挽きした隅木に墨付けして刻んでいます。この中でも

木目の綺麗な良い木を玄関先など良く見える場所に据付け

するようにします。大工さんのこだわりです。

 

桧の隅木は強さも品もあり仕上げると綺麗に映ります。

外部に据え付けるので経年変化で色あせはありますが、

納まると独特の上品な感じが醸し出されます。

 

2015/07/25 新築の構造躯体の選びだし。

 

 

このお宅は部分的に、幅も高さも大きい構造材と梁を

日本松で施工するため、乾燥材を選び出ししています。

 

日本松は上手に乾燥させ挽き直し製材してやっと製品に

なるので手間かかりますが、最近では珍しい見ない材です

 

2015/07/20 新築の刻み。

 

 

1階の屋根の隅に隅木を入れる場合、大工さんが隅木の

原木に墨出しして、帯のこ製材機で大きめに荒取りします

1階なので庭からも良く見えます。

 

挽いたらこんな感じになります。反らせ具合は大工さんの頭の中にあり墨付け刻み仕上げると見事な姿を現します。

最近の家では、ほとんど拝見することはないですね。

 

2015/07/18 あったかベランダのある家…近況。

 

 

壁の各部屋の仕上げが終わって、建具の切り込み調整が

進んでいます。桧の無垢柱に無垢材建具を削りながら

合わせていきます。

 

下駄箱も上部が飾台になるよう天井まで伸ばさず、低めに

据え付けする事で上の窓を遮らず横長に作成できます。

何か芸術品を置く事もできる素敵な下駄箱です。

 

2015/07/17 新築現場の進行状況。

 

 

現場は基礎の底部に地盤改良工事が進んでいます。一言で

言えば建物の不当沈下を防ぐための重要な工程です。

 

数種類ある杭打ちの中で現地調査を行い、最適な工法を

お施主様に御提案し確認後、工事を進めてまいります。

 

2015/07/13 もう一棟新築地鎮祭をいたしました。

 

 

粛々と厳かに祭典が進み普段見聞きすることない儀式に

子どもさんは戸惑い(退屈?)ながらも一つずつ進行していきました。

 

御夫妻がお祈りした後は、子どもさんと全員で神様に

工事の無事と、この地に家を建て住み育っていく決意を

お祈りしました。

 

2015/07/10 続けて地鎮祭の準備してます。

 

 

地鎮祭の準備物でテントなどいろいろ積み込みますが一番手間がかかるのが竹取りです。 神社さんの麓にたくさん

植えてる中で、葉が先まで付いてるのを探すのが難しい。

  葉っぱがついてて緑が映る竹だと綺麗で祭典に華を添えてくれるような気がします。 ただ自然に生えてるのが相手なので毎回取る度、竹質感が揃わないのが悩みどころ。

 

2015/07/08 あったかベランダのある家…近況。

 

 

仮設足場が外れて外部はスッキリしました。建物周りの

設備や外溝工事などを進めてまいります。

梅雨の天気の合間を見ながら順調に工事が進んで

いってるので一安心です。

 

内部も着々と工程が進んでいます。いろんな業者さんが

集って完成へ向けて工事を完了させていってます。

 

 

 

2015/07/08 地鎮祭をさせていただきました。

 

 

先週吉日に御夫妻の御両親も参列して祭典を執り行いました。土地の神様に御報告し親御さん~子世代~孫世代へと

続く家づくりの第一歩めの式典が滞りなく終了しました。

 

祭典中盤に土地に初めて手を加える儀式「お施主様の

鍬入れ」で照れながらも威勢よく元気よく掛け声をされて

ました。気を引き締め棟上げに向けて工程を進めます。

 

2015/07/01 セミナーや研修会にて。

 

 

住宅に関わるセミナー関連の中で弊社の家づくりヒントに

なるモノに絞って参加した中の一つです。今回はお客様に

知ってほしい情報が多かったので、うまくまとめて御提案できるようにしたいと思います。

 

大学教授の先生や森林関係の方など木材に関わりある

プロの方を交えトークセッションをしました。

それぞれの分野で非常に良い意見もありましたが、

問題も多数あり…でも貴重な意見が多く参考になりました

 

2015/06/26 新築の施工例を追加しました。

 

 

少し前にお引き渡ししたお宅の施工例を追加しました。

中二階の外観バランスの良いお家で、主要構造部は

もとより国産無垢材をふんだんに使った国産の良さを

充分に堪能できる身体に優しいお家です。

 

また、構造躯体を魅せるために、断熱性能の強化にも

取り組み御主人と奥様のお互い好きなこだわり部分も

随所に取り入れた飽きのこない造りで、お施主様は

無垢材の経年変化も楽しめる落ち着くお家になりました。

詳細は「施工例 第二章」をごらんください。

 

 

 

 

2015/06/25 新築構造材の刻み。

 

 

18cm×42cmのごっつい日本松の通し梁を刻み加工

してます。 長さも約10mあり、建物の端から端まで

ほぼ1本物で通します。地松の本領発揮でもあります。

 

日本松と米松がコラボしたハイブリットな家の刻みです。

メインの部屋は日本松を躯体にガッチリまとめ、他は

自然素材仕上げを中心にメリハリあるお家になります。

 

2015/06/16 新築の刻み。

 

 

日本松の梁を墨付けして刻み加工して仕上げました。

しっかり自然乾燥させて、挽き直しをしているので

多少の割れはありますが粘り気のある強い梁に

なってます。墨付け・刻み仕上げ後の貼りです。

一部梁を魅せる仕様にしてるので磨き清掃後、

汚れ防止にもなる塗油を塗って仕上げます。

 

上棟時に組み上がる日本松の集い…?は必見です。

また完成後も姿を現してずっと家を見守ります。

 

2015/06/12 新築の施工例を追加しました。

 

 新築施工例を追加しました。

少し前にお引き渡ししたお宅の施工例を追加しました。

このお家は、きたるべき2020年、住宅性能表示の

義務化に向けて断熱性能、日射遮蔽性能、気密性能の

数値を計測し、お施主様に住宅性能を明確に表示して

います。15~16年前から弊社は断熱性能の強化に

取り組み、弊社オリジナルでは実践しておりましたが

今後の義務化に向け性能全体のレベルアップを計って

きちんと性能表示のできる家づくりをして参ります。

 

2015/06/11 新築の墨付けしてます。

 

 
新築の棟上げに向けて構造躯体に墨付けをしています。 大工さんは次々と頭の中にある図を墨で表してます。  

墨付けとは…例えば服を仕立てる時にしるしをつけてから裁断するのと同じで家は規矩術を用いて墨付け刻みます。

 

2015/06/09 あったかベランダのある家…近況。

 

 
左官さんが壁の珪藻土仕上げ塗りをしていました。霧吹きしながら押さえ、見ると平らに真っすぐでした。さすが!  

内装屋さんも入り、PB下地は部屋別に和紙とクロスを

貼るため、繋ぎ目にはパテをして継ぎ目を整えます。

 

2015/05/27 新築材料の準備。

 

 

桧の土台と管柱も加工場に搬入されました。この中から

選木して適材適所に使えるよう工夫します。

 

部分的に乾燥している規格品の構造躯体も使い、全体の

バランスを取って、お施主様の希望に合わせます。

 

2015/05/26 新築の構造躯体の準備。

 

 

日本松の梁の側面を製材しました。ガッチリ感のある梁が

墨付け・刻み後、上棟時にお披露目されます。

 

お施主様が弊社の特長を理解され、全体的には難しくても

部分的にこだわりの見えるお家に仕上がります。

 

2015/05/26 新築の構造躯体の製材と加工。

 

 

日本松を製材で挽き直し、プレーナーを掛けるため、

また積み込み加工場へ運搬します。

 

約10メートルの構造材もプレーナー加工されます。

約21cmの通し柱も普段より全然目立ちません。

 

2015/05/25 新築の構造躯体の運搬。

 

 

少し前に今度の新築の材料を選び製材所へ運搬しました。

前にした部分的に日本松を使う仕様なので倉庫より配送。

  日本松の梁や構造躯体も他の部屋と比較でき、完成すれば改めて良さが分かるのではないかと思います。

 

2015/05/18 あったかベランダのある家…近況。

 

部屋からベランダへと続く光景です。断熱材もしっかり

入って仕上げてるので内部から見ると続き部屋に見えます

 

外部の仕上げ焼板も張っているので、いっぺんに完成した

感じがします。 あとは外部仕上げへと進んでいきます。

2015/05/09 内覧会が終わりました。

 

 

今まで連休真っ只中にした経験がなく今回初めて内覧会をさせて頂きました。来場されたお客様は熱心に質問され

自分の家づくりの思案参考になったのでは?と思います。

お施主様の御理解と御協力がなければできないので

内覧会は本来の無垢材の良さを身体と五感で体感できる

チャンスでもあります。1番身近で体感して違いの分かるお施主様の心意気には感謝しています。

 

お客様の想いと予算で出来る範囲はいろいろですが、

「身体にやさしい家づくり」をできる限り努力をして

造っていきたいと思いました。

 

 

2015/04/28 完成内覧会のチラシ完成!

 

 

今週末の土日の2日間開催する内覧会のチラシが

出来上がりました。

なにぶん、急な告知でGW中とくれば都合をつけるのが

とても大変だとは思いますが、最近ではほとんど御覧に

なる事が珍しいお宅です。

5月1日の山陽新聞朝刊に折り込み予定ですが、

弊社のHPを御覧のお客様の中で興味がある方は

2日間の限定ではございますが、ぜひとも足を運んで

御内覧ください。

 

 

 

2015/04/21 完成内覧会のお知らせ!

 

5月2日・3日の2日間です!

お施主様の御理解と御厚意によりこのお家の完成内覧会を

させて頂く運びとなりました。詳細はイベント情報にて。

 

日にち:5月2日・3日の土曜、日曜

時間 :午前10時~午後5時

場所 :倉敷市上富井131付近

なお、駐車場に限りがございますので、集う時間帯には

少々お待ち頂く事もございますので御了承ください。

 

2015/04/11 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 

建具や一部家具も注文されているので日数は掛かりますが

出来栄えは既製品とは違い上品な感じに仕上がります。

  建具の刻み込みは現場での施工になるので1枚1枚調整しノミや鉋で仕上げながら吊りこみ仕上げていきます。

 

2015/04/10 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 

造りつけ建具が完成して現場に搬入されてきました。

一ヶ所に降ろしているのでたくさん並んでいます。

  いくつかパターンはありますが、フルオーダーで建具を造ってくれるので家にピッタリ納まります。

 

2015/04/08 完成内覧会のお知らせ!(期間限定)

 

期間限定の内覧会のお知らせ!!

年度末などの関係で工事の進行が遅れましたが、

4月18日完成予定~26日(日)までの期間限定で

内覧会をさせて頂く運びとなりました。

子育て世代に嬉しく身体に優しい自然素材で仕上げ

られた壁と、ガッチリ感の見える無垢材とが融合した

お家になりました。

興味のある方、この機会にぜひ弊社まで御連絡ください。

  電話「086-428-5808」

 メール「souken-30a@mx32.tiki.ne.jp」

 

 

2015/03/30 中二階のある家…近況。

 

 

耐火煉瓦を積み重ねて仕上げていきます。 敷き並べると雰囲気も良く部屋と合いそうな予感がします。

 

造りつけの下足棚が取付られています。他にも家具や建具

など現地に据えられていってます。

 

2015/03/20 中二階のある家…近況。

 

 
さてさて、お施主さんが選んだ煉瓦が会社に届き、現場に搬入してきました。 部屋内のどこに使うのでしょうか?  

答えはこちらの壁に使います。工程が順調に進んでいけば

良い感じの壁が仕上がります、楽しみです。

 

2015/03/19 あったかベランダのある家…近況。

 

 

お施主さんの希望通りの収納を大工さんが造り付けで

仕上げてます。無駄な隙間なくぴったり収納です。

 

カウンターもいろんな無垢材がありますが、これが手頃で

すっきり感を出すには、一番扱いやすい無垢材です。

 

2015/03/06 中二階のある家…近況。

 

 

玄関ホールと入口に石が敷き詰められています。タイルと

違って重厚でしっとり感ある仕上がりになります。

 

内部の壁も漆喰塗が仕上がってきてます。 小壁が多い

ですが漆喰塗には適してるかもしれませんね。

 

2015/03/03 あったかベランダのある家…近況。

 

 

外部は大工工事や板金工事がひとキリついたので、家の

内装工事に入りました。どんどん木工事が進みます。

  サッシも断熱材も入って、ずいぶん暖かい中、おもに大工仕事が進んでいってます。

 

2015/02/27 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 

左官工事は、いよいよ仕上げ塗をしていってます。

仕上げ材によってコテ押さえの度合いも違いますが、

自然素材(香り)を体感できる仕上がりです。

 

手間は掛かりますが仕上がりは見事な物です。最近では

和紙はり仕上げも多く、こちらも自然素材感漂う身体に

優しい感じがして良いですよ。

 

2015/02/26 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 

玄関タイルはりが施工されています。床面を敷き並べて

立ち上がり部分を貼り付けてます。狭く大変そうです。

 

全体を割り付け敷き並べています。全部できたら仕上げに

隙間部分に目地砂を入れて完成です。

 

2015/02/16 中二階のある家…近況。

 

 

先日掛けた階段に日本松の手すりが刻み取付られてます。

大工の技がずっ~と見える魅せる階段の出来上がりです。

 

玄関ひさしの屋根は銅板で葺きました。雨樋まで銅板で

施工したので、非常に美しい仕上がりです。

 

2015/02/14 あったかベランダのある家…近況。

 

 

大工仕事は外部がどんどん仕上がってきています。

ひさしも完成し板金工事も済みましたが、

下地板が充分乾燥してから左官工事に入った方が

いいので、もう少し自然乾燥させます。

 

ベランダ部分も建物の内部にあるため、断熱材を入れて

内装を仕上げ、あったかいベランダが出来上がる予定。

内装も次々仕上げていきます。

 

2015/02/09 中二階のある家…近況。

 

 

内装の大工仕事に随所にこだわりを魅せたお宅も、外部の

仮設足場を撤去してスッキリしました。

まだ内装の仕事は進行していますが、外周りの工事も

進めたいので同時進行になっていきます。

 

こだわりいっぱいのお宅も完成に向けて一つずつ工程が

済んでいきます。お施主様の満面の笑顔が見えそうで

とても楽しみです。

 

2015/02/09 無垢材で造るエコの家…近況。

 

仮設の足場撤去が終わりました。屋根にしてあった養生も

取り外して、スッキリしました。

外周りの建築ゴミを片付けると、よりキレイさっぱりと

して映ります。

 

次の工程は外部の住宅設備工事と内部の仕上げ工程に

入っていきます。 完成が近づくと忙しくなりますが

お施主様の喜びの笑顔も見れるので楽しみでもあります。

 

 

 

2015/02/08 中二階のある家…近況。

 

 

階段の化粧親板を手鉋で仕上げています。見ごたえある

日本松の階段が組付けされます。

 

日本松の階段が組立られてます。ずっしり重厚感あるので

チェーンブロックで吊りながら階段を掛けていきます。

 

2015/02/07 あったかベランダのある家…近況。

 

大工工事は外部の仕舞いに入っています。サッシも入れて

ラス板はりと下地をしています。この日は同時に板金工事も入っていました。

 

小ひさしも刻んで取付してありました。一つ一つ作成に

手間はかかりますが窓開閉の実用性と見た目の綺麗さには

うっとりします。

2015/01/30 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 

左官工事に入りました。左官さんがラスボード下地に

下地塗をしていってます。

 

乾燥しにくい時期なので時間はかかりますが、仕上げまで

地道に工程を進めていきます。

 

2015/01/16 中二階のある家…近況。

 

 

大工工事は「魅力的な階段」に取りかかっています。

大工的な用語や通称でいうと、ストリップ階段です。

いやらしく聞こえますが、階段全体が丸見えという

意味で仕事の善し悪しも見えるので神経を使います。

弊社の表現的には「魅せる階段」と言ってます。

 

全体の墨付け・刻みができて組付け取付施工する頃

には魅せる階段の全貌が見えるので楽しみです。

大工さんは緊張した日々が続きますが、意気に感じて

仕事するやりがいはあります。

 

2015/01/15 中二階のある家…近況。

 

 

塗り壁の下地ボードはりが各部屋ごとに施工してあり

大工工事は階段を残すのみとなりました。

全体的に雰囲気が見えてきて良い感じです。

左官工事もできる所から進めていきます。

壁が仕上がれば、また違った印象を見せてくれるので

楽しみですし、無垢材と自然素材の仕上がった部屋は

何年か経過しての経年変化も自然な感じにいろいろと

感じられるので、また楽しみが増えます。

普段使いしながら雰囲気を楽しんでもらえると幸いです。

 

2015/01/08 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 大工さんは黙々と工程をこなしています。

段取り良くテキパキ仕事をしてくれてるので、手際よく次々と出来上がりが見えて楽しくなってきます。

 

仕上げ工程の準備に進めるので段取りも忙しくなって

きますが、大工さんの頑張りを無駄にしないよう

打ち合わせを緻密にしながら、テキパキ工程を進めて

いきたいです。

 

 

 

 

 

2015/01/08 中二階のある家…近況。

 

 

大工さんは中二階から見て吹抜け部分の手すりを刻み施工しています。

離れて見てもキッチリした感があり、写真では分かりにくいのですが、近くで眺めるとガッチリと重厚感あふれる

手すりができつつあります。

完成した家全体を身近で体感すると、また一人一人違った感性で無垢材の良さを受け取れると思います。

まだまだ技術が要る墨付け刻み施工が続きます。

大工さんのマメな取り組み姿勢が伺えます。

 

 

2015/01/07 あったかベランダのある家…近況。

 

 

昨年に引き続き、サッシを取り付けるのに必要な施工を

しています。枠仕舞いも化粧仕舞いもあり、大工さんは

段取りを考えながら外部仕舞いを続けています。

 

寒さが一段と厳しいですが、手元も凍えるなか、コツコツ丁寧に進めてくれてます。

雨の心配は少ないですが外部施工が済むまでは、

寒波が来ない事を願うばかりです。

 

2015/01/06 あけましておめでとうございます!

 

本年もどうぞよろしくお願いします!

みなさま、良いお正月を迎えられましたでしょうか?

私はこの正月ほど親戚をはじめ、周りの人達の笑顔を

見られ、自分も笑顔で過ごせた事は久しぶりでした。

人並みに子どもの親になり、泣く事、グズル事も

多いけど、時々見せる無邪気な笑顔に心癒されました。

昔から「子は宝」とは言われますが、まさにその通り!

自分達も周りの人達の笑顔も見られて、幸せなお正月を

過ごせました。 

本日より気持も新たに頑張ってまいりますので、

お施主様・お客様ともどもよろしくお願いします!

 

2014/12/29 年末年始の休業と今年のお礼。

 

 

 

今日は新年を迎えるにあたり、大掃除をしていました。

事務所はもとより、乾燥場や加工場の倉庫もキレイに

して神様・仏様を迎える準備をしました。 

今年も弊社の家づくりに御理解と御協賛して新築を

はじめリフォームの御依頼をしてくださったお施主様、

ありがとうございました。

また現在、見積計画商談中のお客様・御契約を頂いた

お客様…来年も引き続きどうぞよろしくお願いします!

HPやFBを御覧になり気になってるお客様、2009年より

私が続けてるブログや新着情報などマメに御覧頂き、また

FBに「いいね!」やコメントもありがとうございました。

 

なお、明日30日より新年1月5日まで年末年始の休業と

させていただきます。

新年1月6日より営業させていただきます。

 

2014/12/27 インナーベランダのある家…近況。

 

 
UBを施工しています。施工職人さんにとって今年最後の組付けみたいで、いつもながら丁寧に組付けしています。  

大工さんは外部のサッシ仕舞いをしています。

寒い中一か所ずつコツコツと刻み仕上げていました。

 

2014/12/27 無垢材を使ったエコの家…近況。

 

 

部屋ごとに壁のボード張りが済んでいます。あとは無垢の天井板張りが残っていますが、他の仕事との兼ね合いで

工事を進めていきます。

 

在庫してる板の中から今回は無垢材の桧を出して仕上げて

搬入しました。大工さん施工の手づくりカウンターが

できるので、出来上がりが楽しみです。

 

2014/12/26 中二階のある家…近況。

 

 

どっさり材料を加工・搬入しました。 大工さんの醍醐味

ともいうべき部分で、どんな感じになるか楽しみです。

すでに頭の中では完成図が想い描かれてるようです!

 

壁にボードを張っていくと、とたんに完成に近づきますが

ここまでに電気配線など、段取り良く工程を進めておかないと仕上げに差し支えるのでスムーズに進めたいです。

 

2014/12/25 無垢材を使ったエコの家…近況。

 

 

久しぶりに造りつけの収納に板張り仕上げをしました。

数年前に何件かのお客様より依頼があり、その方々は全部

施工しましたが、お施主様の希望や予算も考慮して

一部分だけの施工になりました。

無垢材の良い香りがして良い感じです。

 

今回のように全部は無理でも、こだわりの部分を考えて

家づくりの提案・施工をしていけば、お施主様なりに

納得のいく仕上がりになる事が学べました。

 

2014/12/24 インナーベランダのある家…近況。

 

 

サッシの窓枠を加工して搬入しました。

枠仕舞いと表しで魅せる仕舞いとあり、大工さんは

これをサッシの寸法を確認しながら刻み、鉋で仕上げて

施工していきます。 年が明けると今よりまた寒いので

出来るだけ年内に施工しサッシを入れるようにします。

 

うちとしても各現場が工程通りスムーズに進んでいくよう

大工さんや協力業者さんと連携と取りながら段取りして

年内の工事のキリをつけたいです。

 

 

 

 

2014/12/23 無垢材を使ったエコの家…近況。

 

 

天井板張りの準備が進んでおります。どの部屋も小竿が

入り、あとは板を張れば天井は完成していきます。

 

大がかりなユニットが組まれています。エコな部分を取り入れる断熱工法で無垢材と融合させています。

 

2014/12/21 インナーベランダのある家…近況。

 

 

梁天井部分と横架材が織り重なって建築中でも、無垢材の良い香りが漂ってます。

 

床下には厚めの断熱材を敷き詰め隙間を充填断熱して、

下地板をはっていきます。

 

2014/12/12 中二階のある家…近況。

 

 

収納スペースをいっぱい使った可動棚も施工してました。

奥行きが広く棚も増やせるため、弊社のリフォームでも

似たような注文がいろいろあったりします。

 

日本松の軸組みで組んだ表しの化粧材に、浮造り天井板を張った部屋です。無垢材で包んだ自然な感じが出ていて

まだまだ香りも残っています。経年変化が楽しみです。

 

2014/12/11 中二階のある家…近況。

 

 

大工さん飾棚を施工中でした。やっぱり日本松の一枚板は

頑丈で木目も良い感じに映ります。

 

久しぶりに腰板をはりました。多くは居間だけですが注文

あればトイレや洗面所にも張ったりします。

 

2014/12/01 中二階のある家…近況。

 

 

無垢の天井板が仕上がってました。 小竿も小丸太で

施工してるので良い感じに趣きを醸し出してます。

昼間の感じと夜の照明を点けた時の感じが違って見える

のが無垢材のいいところ。

 

いろんな雰囲気を体感する事で、感性が洗われたり

磨かれたりして心身ともにリラックスできる空間を

活かした家づくりをしてる醍醐味を楽しむ事ができます。何度体感しても、やっぱり良いなぁ~って思えてきます。

 

 

2014/11/30 新築の無垢材の加工。

 

 

杉の化粧窓枠を選んで出しました。仕上がり後もずっと

見えるので気を遣います。 

無垢材は木目もさまざま、節もいろいろで使う場所を

選んで適材適所につかうようにしてます。

 

私が加工する場面は一人でするため撮影はできませんが

荒木の状態を木工機械で加工して鉋仕上げしたら、

また撮って載せますね。

 

 

 

2014/11/28 中二階のある家…近況。

 

 

無垢の天井板をはっています。磨き丸太も加工し施工して

いました。 どんどん大工仕事が進んでいます。

 

こちらは無垢材の幅広板です。ほとんど可動棚の材料で

多く感じますが、ここの収納施工には必要な量です。

 

2014/11/20 中二階のある家…近況。

 

 

洗面所の天井に浮造り天井板をはって仕上げています。

壁が仕上がるとしっとりした感じの部屋になります。

 

湿気の溜まりやすいお風呂場近くの脱衣所に注文の多い

桧の板張りです。 しばらく無垢桧の良い香りがします。

 

2014/11/18 無垢材を使ったエコな家…近況。

 

 

大工工事が着々と進んでおります。

和室の天井廻り縁や小竿も施工され床柱も入ってました。

さりげなく取付してるように見えますが、大工仕事の技が

随所に見えます。 まだ玄関や居間などいろいろ仕事が

ありますが、仕事の段取りは大工さんの頭の中で組んで

いるのでそれぞれ任せてます。

仕事始めから完成した時の仕上がりまで頭の中で描いて

段取りする大工さんは、実際の現場では棟梁と呼ばれるに

ふさわしいと思います。

あたり前の事が難しくなってきた昨今では貴重な存在だと

思うし、何となくでもお客様に、こだわり技術が伝われば

施工した側も良いなと思っています。

 

 

2014/11/15 新築の瓦葺きと棟札が納まりました。

 

 

瓦葺きが終わりました。 これで雨で濡れる心配がなく

一安心。あとは外壁仕舞いをしていきます。

 

二階の屋根裏に上がり、棟札を納めました。 工事順調は

もとより、お施主様の益々の発展を祈念いたしました。

 

2014/11/07 中二階のある家…近況。

 

 

システムキッチンが組まれています。コンロがIHなので

天井も無垢材や木部の天井仕上げができます。

 

外部の左官工事は基礎部分の仕上げ塗をしています。

合わせて長屋とのつながり部分も仕上げていきます。

 

2014/11/06 無垢材を使ったエコの家…近況。

 

 

和室の廻り縁や小竿が施工してました。これに天井板を

刻んで、はったら仕上がりです。

  外部も左官さんが基礎は仕上げてるので、充分乾燥させた壁下地に仕上げ塗をすれば外部左官工事は終わります。

 

2014/11/02 新築の棟上げをしました。

 

 

小屋組みが次々と組まれていき、メインイベントの棟木が上がってきました。順番にみんなで納めていきます。

いよいよ棟上げの佳境に入ります。

 

最後の棟木も順調に納まって棟上げが終わりました。

お施主様、あめでとうございます。

引き続き屋根仕舞い施工に取り掛かります。

 

2014/11/01 新築の軸組み建方をしました。

 

 

先日の吉日に棟上げをしました。栗の通し柱と日本松の

梁が組まれてガッチリ感が増しています。

 

梁と構造材が組まれて見ごたえある軸組みが表れます。

気が早いけどお施主さん同様、出来上がりが楽しみです。

 

2014/10/26 新築現場へ材料搬入。

 

 

今回の軸組みは桧がメインなので桧特有の良い香りがしてます。ここも米松との融合した家になります。

秋特有の良い天気に棟上げできそう。良い天候に感謝。

 

柱は基本桧の120㎜角で等級など工夫して適材適所に使いました。母屋や束なども一緒に積んできてます。

無事降ろして養生をしました。 

 

2014/10/25 新築現場の準備。

 

 

桧の土台刻んだ材を現場へ搬入。 翌日大工さんと一緒に

土台を据え付けました。総重量1トンを超えてます。

 

基礎に墨打ちをしてから番付通りに土台を敷きボルトの

穴開け後、据え付けます。防蟻処理をして完成です。

 

2014/10/02 中二階のある家…近況。

 

 

中二階の虫籠窓が出来上がっていました。

どことなく白壁の街にありそうな雰囲気の外観に

なってます。

現代の断熱サッシを取り入れて寒暖差を無くしても

今風の感じがでるのは否めない部分も、窓の大きさや

格子の太さを調節すれば目立たなくする事もできます。

 

現代技術と伝統技術がうまく融合すれば中二階本来の力を発揮でき、付加価値を加えた快適に過ごせる家が

出来上がります。

 

2014/10/01 中二階のある家…近況。

 

 

既存と本宅との境部分が出来上がってました。 以前より

明るくなった感じがします。

 

無垢材の内法(建具の枠)を墨付けして刻んでいます。

リズム良く溝を突いたり仕口を刻んだりしてます。

 

2014/09/26 建築プラン集を作成しました。

 

春の増税後以降、弊社にお問い合わせの中で

「無垢材の家を検討してる…木の家がいいな」など以外に

リフォームのお問い合わせが増えています。

また、新築をお考えのお客様の多くの方が気になる

「プラン集みたいなのはありませんか?」…の御要望に

お応えして「建築コストプラン集」を作成しました。

 

ホームページの右中に専用バナー「建築コストプラン」を

設置しましたので詳細は、そちらをクリックしてみて

ください。

 

2014/09/25 無垢材を使ったエコの家…近況。

 

 

天井を張ったので給排気ユニットが隠れてスッキリした

天井に仕上がりました。

 

トイレは少しだけ天井板と小竿にこだわりました。 

壁が仕上がると雰囲気や移りが良く見えます。

 

2014/09/24 中二階のある家…近況。

 

 

大工さんは既存の建物との境を施工していました。

解体しながら天井も張り替えて綺麗になっていってます。

 

既存との境には構造的に弱くなる部分も出てきます。

軸組の壁に合板を張って一体化させ耐震構造にしてます。

 

2014/09/18 無垢材を使ったエコの家…近況。

 

 

空気の流れを計画的に給排気するシステムを取付ました。

天井が若干下がりますが、張れば見えなくなるし天井高も

高く取れる設計なので言うほど目立ちません。現代の良い技術を取り入れ快適な空間作りを提案するのも大切です。

 

部屋の間仕切りができていました。電気や給排水など

諸々工事が済んで大工さんも天井が張れたら壁のボード

張りも進めていけます。各業者が段取り良く工程を進めて

いけたら工期の短縮にもなり、完成も楽しみになります。

 

2014/09/12 無垢材を使ったエコの家…近況。

 

 

少し前ですが玄関のひさしが刻み施工が出来上がって

いました。日本松だと、シンプルでも重厚感があります。

 

大工さんは2階から造作に入ってます。吸音材を敷いて

2階から聞こえる足音や物音の消音に努めています。

 

2014/09/12 中二階のある家…近況。

 

 

大工さんは1階の造作工事に入り、日本松の木目や厚みの違う板や栗の床板と豊富に無垢材を張っていってます。

厚みや仕上げが違っても大工さんはうまく収めてくれます

 

外部は中二階部分の虫籠窓の造作をしてます。格子部分は左官さんのラス下地塗りをしたものを大工さんが取付けて

から下地塗りを仕上げていきます。

 

2014/08/23 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 

 大工仕事は外部仕舞いを中心に進んでいます。

 小ひさしを取付して通気工法で壁下地を進めて

 いってます。

 

 天気が安定しない中、暑さにも耐えて下地とはいえ

 綺麗な仕事をしています。

 外部仕舞いと、玄関ひさしの刻みや取付の準備を

 しながら家づくりを進めていきます。

 

 

2014/08/23 中二階のある家…近況。

 

 

 大工仕事は外部や中二階の造作工事が終わり、1階に

 下りてきました。 無垢の床板をはっています。

日本松の厚みのある板でヨレ・ゆがみが出にくいよう

加工してあります。 このままでも充分なのですが

生活していくとどうしても傷・汚れなどつきやすいので

家が完成時は自然塗装を塗り仕上げます。

無垢板と言われる中でも日本で育ち日本の風土にあった

無垢材は、やっぱり心が落ち着きますね。

 

 

 

2014/08/12 新築の構造躯体の選びだし。

 

 

次の新築の構造材を選び出しました。今度は桧と日本松の

融合躯体で日本松は製材して積み込み加工場に送ります。

 

柱も市場で仕入れたいろんな等級の物を、仕上がり表に

基づき選び出し使う向き・場所を決めて番付します。

 

2014/08/12 無垢材で造るエコの家…近況。

 

 

無垢材を使った家に省エネを目指し、自然エネルギーを

取り入れた住宅を施工してます。サッシを取付してから

天気も良く、外部仕舞いがどんどん進んでいきます。

 

大工工事は着々と進んでいます。外部のサッシの仕舞いが

済んで、大工さんに任せた小ひさしの刻みに入ってます。

木目を見ながら頭の中で取付場所を決めているようです。

 

2014/08/08 中二階のある家…近況。

 

 

玄関ひさしが出来上がってました。杉板の柔らかい感じと

日本松の桁や垂木の力強さがバランスよく納まってます。

 

引き続き屋根の板金施工もしています。天気が続いたので

暑いのを除けば…順調に工事が進んでいます。

 

2014/08/07 地鎮祭をしました。

 

 

梅雨時期でしたが地鎮祭をとりおこないました。

竹やテントを準備して神様をお迎えします。

 

 

工事始めの鍬入れを、お施主様の掛け声とともにして頂き

新築工事の無事完成を祈念いたしました。

 

2014/08/02 リフォーム施工例を追加しました。

 

 

今回のお宅は洋風テイストあふれる感じにリフォーム

させていただきました。

既存の建物を一部解体して増築部分は向きを変え

独立した部屋だったのを続き間にし、ワンフロアーになる

ようにしました。

耐震・断熱施工も合わせて行い、リフォーム部分は

寒暖差の少ない仕様になりました。

 

詳細は「リフォーム施工例」にて。

 

2014/08/02 中二階のある家…近況。

 

 

大工工事は玄関ひさしの刻みを済ませてから、組付けを

していました。 相変わらず綺麗な仕事してます。 

 

ここ連日の暑さの中、テントで仮屋根をしてから組んで

取付してます。京都などお寺の修復工事の雰囲気ですね。

 

2014/07/24 新築の瓦葺きが終わりました。

 

棟上げ、屋根仕舞いと順調に大工工事は進みました。

壁下地もでき、ここまで進めば多少の雨が続いても安心

棟上げ協力してくれた大工さん達には感謝です。

 

続いて瓦葺き工事が入りました。

大勢の瓦職人さんが一斉に地瓦葺きをしてました。

棟の部分や、のし巻は少数ですが1人1人コツコツ

丁寧に仕上げて完了。 瓦は、耐熱・耐寒・耐久性にも

優れ日本の四季・風土にあった歴史ある物で

酸性雨や暴風などの災害にも強い見た目にさりげない

ながら、木造住宅と相性もよく好きですね。

 

2014/07/23 新築の棟上げをしました。

 

 
上棟吉日の暑すぎる晴天の日に棟上げをしました。墨付けして刻まれた木組みがどんどん組みあがっていきます。  

私はバテ気味でしたが、暑い中みなさんテキパキ仕事してくれたので予定通り木組みが仕上げっていきました。

 

2014/07/22 中二階のある家…近況。

 

 

大工工事はどんどん進んでいます。外部は終わり内装も

中二階部分から床板、天井、壁を仕上げていってます。

 

最初かなり広く感じた中二階も、壁で仕切っていけば

ちょうど良い広さの部屋になります。

 

2014/07/22 新築現場の土台を据えました。

 

 
梅雨時期だったので晴天日に土台を据えました。防蟻処理をして乾燥後に雨対策にナイロンで土台を養生しました。  

新築棟上げ前の静粛な佇まいが好きなので撮影しました。

仮設足場も組みあがり、あとは当日を迎えるのみです。

 

2014/07/21 新築現場もう少しで完成。

 

 

しばらくぶりの更新となります。 忙しくしていた上に、ちょうどPCが壊れてしまい…このたびついでにOS交換

などセットアップに時間がかかりました。

少し前ですが玄関タイルを貼っています。

  室内にも一部タイル張りがあり職人さんがコツコツ貼って仕上げました。タイルがアクセントになり、広い居間がさっぱりした洋風な感じに仕上がりました。

 

2014/06/14 構造材の刻み。

 

中置をつないだままだと、長すぎて場所も取るし搬入も

しにくいので、さし合わせが済んだらバラして運搬できるように養生して片付けます。

 

まだ墨付け・刻みには、さまざまな工程があるので

一つずつ仕上げていきたいと思っています。

お施主様は出来上がる姿を楽しみに御覧になってますし、HPをご覧のお客様も、頻繁には載せれませんが、順次UP

していきたいと思いますので、気長に御覧ください。

 

 

2014/06/13 構造躯体の刻み。

 

 

大工さん二階の中置(桁の端から端までをつなぐ丸太)を

刻み、仮つなぎをして噛み合わせを確認しています。

 

自然乾燥させた丸太の特性を活かす事で、ヨレ・ねじれや

ひっぱり強度も強く耐震にもなる中置が完成しました。

 

2014/06/07 構造材の刻み。

 

 

構造躯体となる構造材に墨付け・手刻みをしています。

主に乾燥した桧を使い、梁は地松にしました。

 

母屋(2階の屋根下構造材)も桧にしてます。大工さんの

頭の中の寸法が材料に墨となって現れます。

 

2014/06/06 増築リフォームの家…近況。

 

玄関ドアが取り付き左官さんの補修仕上げ塗りが終わり

ました。 乾燥したら塗装仕上げです。

 

間仕切りや建具の造りつけ枠材も取り付けられています。

どんどん木工事を進めてまいります。

2014/06/05 増築リフォームの家…近況。

 

 

外部は増築してつないだ部分の外壁塗装をしていました。

本宅と差がつかないように仕上げています。

天気を見計らいながら、コツコツ仕上げていました。

 

大工工事も佳境に入っていき仕上げていけるし、

仮設足場が外せると給水工事や外構周りを施工しねがら

順番に仕上げていく予定です。

 

 

 

2014/06/05 構造躯体の加工。

 

新築の墨付け・手刻みは順調に進んでいます。 

弊社は地震対策にもなるため、家の躯体にいろいろな材を

使いますが、今度は中置に強さを活かせる丸太を入れて

つなぎます。1本物の方がより強いのですが、材種によって物が無かったり高かったり…また加工や運搬にも影響が

あるので今回は技術や腕でカバーします。

いろいろある継ぎ手の中で、揺れやねじれに強度を発揮

する継ぎ手を施工したいと思ってます。

まずは、墨付けできる状態までプレーナーで削ってみる

とこからスタートですね。

 

 

2014/06/03 増築リフォームの家…近況。

 

 

本宅の玄関も新しくしました。昔の欄間があるタイプを

解体して主流の断熱ドアに…サッシ屋さん調整中。

 

部屋も間仕切り壁を解体し、柱を取る代わりに300角の

構造材を補強し、念のため耐震プレートも留めときます。

 

2014/05/27 新築完成の施工例を追加しました。

 

 

昨年完成して予約御内覧いただいたお客様より好評だった

お家をまとめた施工例ができました。

お施主様は、子育て世代のお客様で、多くの家に採用されている新建材の家ではなく、アレルギー反応の出ない

人間の身体に優しくてリラックス効果もある無垢材や

自然素材を使った家づくりを望まれていて、

「家族が不快なく無駄なく実用的に使える家を…」

「できる範囲でいいので居心地の良さを体感できる家を…」

との御注文に材料・技術で答えた家になりました。

体感されたお客様より御好評でした。

 

2014/05/25 お部屋へのリフォーム。

 

 

既存のドアやサッシも使えるよう壁は二段仕上げにして

仕上がりは一緒のものにします。 次は左官・内装工事に

入っていきます。

 

外部は左官モルタル塗りに塗装仕上げになります。

新しく窓や勝手口ドアを増やしました。

仕上がりが楽しみです。

 

2014/05/24 お部屋へのリフォーム。

 

 

家の外部を部屋にしています。 多目的用途に合うように

耐震・断熱仕様で仕上げていきます。

 

外壁はそのままで、木で下地をして壁下地を仕上げて

いきます。下げ振りや糸をはって垂直をみながらします。

 

2014/05/08 中二階のある家…近況。

 

連休前までに新築お引き渡しやリフォーム相談や

材料加工に手配など忙しくしていて更新が滞りましたが、

各現場は順調に進んでいます。

 

このお家も大工工事は外部仕舞いを中心に進んでいて、

この日はシステムバスを組んでいました。

 

気候のいい時なので、工程通り施工も進んでいきますね。

 

2014/05/08 増築リフォームの家…近況。

 

 

連休前に左官さんが外部の下地塗を終えていました。

良い時期なので乾燥も早いと思います。

 

内装も床板は張り終わり階段を掛けたり天井を張ったり

次々大工さんも工事を進めていきます。

 

2014/04/18 増築リフォームの家…近況。

 

 

大工工事は内部造作が着々と進んでいます。部屋内の間仕切部分も間柱、下地板を打ってボードを貼っていきます。

  天井はいつもの水平貼りから勾配天井へと続いたりして、少し手間はいりますが貼れば出来あがり感が見えてきます

 

2014/04/10 中二階のある家…近況。

 

勾配天井は仕上がり、地松の梁と見事にマッチしています。

自然の光の差し込みだけでも優雅で美しさも兼ねています。

天候が良いので外部の壁仕舞いをしていきます。

  大工工事は着々と進んでいます。床下地をするのでも床下の断熱施工をしてからなので一手間かかりますが、住む人の為快適さを追求した施工を心掛けてます。

2014/04/09 寄棟の家…近況。

 

桧板の腰壁ばりです。 広めのトイレや居間に腰板を張る事が多いのですが、杉板が多く、桧の板で腰板ばりは珍しく新鮮な

感じがします。

 

弊社はもともと管柱や通し柱は桧を使用しているので、違和感はないのですが、良く目につく所で腰壁部分に張ると上部壁との

アクセントにもなり、杉板とはまた違った印象を見せる木目も

上品な感じがして良い雰囲気を出してます。

 

 

 

2014/04/09 増築リフォームの家…近況。

 

 

内部の造作工事は2階から施工していて、勾配天井の下地が仕上がってました。 床板を張り壁も仕上げていきます。

 

外部の下地板ばりは終わりました。小ひさしの天板板金工事が

済めば左官さんが壁下地塗に入ります。

 

2014/04/03 構造材の製材と配送。

 

 

構造材の既製品は注文し注文先より直送。今回いつものように

選んだ管柱も積めそうなので棟木や束と一緒に配送します。

 

このお宅は部分的に地松を使うので、そこだけ選び出して

大黒柱と共に製材して運送屋さんが配送します。気をつけて!

 

2014/04/03 地松の梁の乾燥。

 

弊社の家づくりには、強度はもちろん見せる所にも使う事が多いので、なるべく地松梁を入れるようにしています。

 

自然乾燥させる為、早めに丸太で仕入れて大きめに挽いて

皮をむいておかなければ、乾燥ムラなど心配なので、早めに

したいのですが、手機械でむく為、結構重労働なんです。

暖かくなるまでには完了して積み込み自然乾燥させれる状態にしておく必要があるので頑張ります。

 

 

2014/03/22 寄棟の家…近況。

 

 

桧の鉋仕上げの板を天井に張っています。。まだ壁がないので

実感ありませんが、管柱120角の桧には合うと思います。

 

前に言ってた通り大工工事は階段も刻んで組み込んでました。

もう養生してあるので仕上がりは美装した後のお楽しみです。

 

2014/03/20 増築リフォームの家…近況。

 

大工工事は内装の造作工事に入っています。

壁をするのに邪魔になる取り合い部分の解体工事も済んで

断熱材を詰め込んでいます。

リフォームなので段取り次第で工程も変わるので大工さんの

裁量に任せてますが、良く頑張ってくれてます。

お施主さんも笑顔がとても感じが良く、現場も良い雰囲気で

進んでいるので安心してます。

お施主さんと大工さんを始め協力業者が 順調に工事が進める

よう協力してくれるので良い家づくりができます。

 

2014/03/20 坪庭のリフォーム。

 

もとは外部に造った多目的空間でしたが、ある部屋にリフォーム

する事になり、基礎を造っています。

次に土台や床材・壁材を刻み加工して仕上げます。

まず寸法を取り材料を墨付け・刻み仕事をして、外部の壁を

起こしていきます。 

増税の関係で弊社にも少し影響はあります。

もう少し落ち着いたら施工したいと思ってます。

お施主さんには御理解と協力して頂き、感謝しています。

準備はしてますので、もうしばらくお待ちください。

 

2014/03/19 無垢の下地材。

 

仕上げ材に無垢板を使う事が多いのですが、下地材も

基本は無垢材を使っています。

お施主さんの中には「これを仕上げでもいいですよ!!(笑)」と

言われますが、下地はプレーナー加工してるだけで、

仕上げ材はプレーナーに鉋で仕上げた材料なので見比べたり違いを説明すると納得してもらえます。

下地でも基本は乾いた物を使うようにしてて、無垢材の中で

小節や大節の有無や等級により使い分けてます。

 

2014/03/15 増築リフォームの家…近況。

 

 

外部の木工時はラス下地が打ち並べられ、ラス板が自然乾燥しています。 ひさしの工事が終わる頃には下地塗をしても

良い頃になっていて左官工事が入ります。

 

ひさしも屋根はカラーベスト仕上げなので、下地がゴツイ感が

ありますが、下側は塗り仕上げするので、このくらいのガッチリ

感がある方が安心します。

 

2014/03/12 寄棟の家…近況。

 

 

1階の和室には床柱が収まり、天井の廻り縁や竿を入れて

無垢の天井板をはっています。コツコツ仕上げてくれてます。

 

外部は左官さんが、モルタル下地を塗っていました。 しっかり

自然乾燥させてから、仕上げ塗りをします。

 

2014/03/11 増築の家…近況。

 

 

内部の壁には硬質ウレタンボードの断熱材が入っています。

手間は要りますが、建物内では温度差が少なく体感温度が

ほぼ一定。寒暖差の激しい現在では断熱対策は最重要です。

 

外部は壁の通気対策をして寒暖差を少なくし、壁体内結露を

防ぎます。 このお宅はモルタル塗装仕上げなので、

桧のラス下地板を打っていきます。

 

2014/03/06 寄棟の家…近況。

 

 

和室には無垢の天井板が張れてました。 木目が揃うように

張っているので美しいです。 壁が仕上がり畳を敷けば、また趣きのある良い感じに仕上がります。

 

ロフトの手摺が組まれて仕上がりました。 頑丈なだけでなく

見た目もシャープにスッキリしています。 やっぱり無垢の木の

良さが際立つ仕上げが、目や身体にも優しい感じがします。

 

2014/03/06 増築の家…近況。

 

 

大工工事は外部をメインにサッシ・建具が入り戸締まりも安心。

テントも取れたら部屋内に自然の光が入ります。

 

続いて壁の通気層を確保しながら壁下地を施工していきます。

天気が続けば外部工事もはかどります。

 

2014/03/05 桧のカウンターの原木。

 

 

長さや幅によって用途は違いますが、長い物はカウンターに

使う事が多いです。今回は桧の4m原木を出して加工します。

 

新築・リフォームでもテーブルやカウンターの注文が多く、桧や栗などですが、出す時は何件かまとめて出します。

 

2014/03/05 柱・無垢内装材の管理。

 

 

定期的に仕入れた材木を乾燥場に持ち帰り管理してます。

仕入れ時期や乾き具合によってマチマチですが、今回は桧を含水計で測りながら自然乾燥させ順番に使っていきます。

 

いくつか市場に預けてある無垢材を引き取りにいきました。

冬の市場はどことなく閑散としてますが、春になれば活気が

でてきます。人が活動すれば木材も…同じですね。

 

2014/02/27 屋根断熱してる家…近況。

 

 

和室も随所にお施主さんのこだわりが見えて、完成が楽しみな

お家です。下地塗り工事で左官の腕の見せ所があります。

  外部も大工工事は終わりました。続いて上塗り仕上げ部分の塗装工事に入っていきます。

 

2014/02/27 寄棟の家…近況。

 

 

和室の廻り縁・竿縁を施工してるので、無垢の天井板を張れる

ように施工し、木目が自然な色合いになるように部屋によって

はる順番を決めていきます。

 

大工さんが造り付けで作成した本棚ができていました。 簡単そうに見えますが、材料加工から現場施工・取付まで、お施主さんの希望どうり造るのは、結構手間のかかる仕事です。

 

2014/02/26 増築の家…近況。

 

 

屋根工事が終わってました。 本宅と繋いだので、外観的に

見ると瓦葺きにせず、本宅と同じ仕上げの方がスッキリして

馴染んでみえます。

 

瓦より軽い材料なので、屋根全体を軽くすることができます。

瓦がどっしり感があるとすれば、こちらはシャープな感じです。

大工工事は外部のサッシを入れる工程に入ってます。

 

2014/02/26 屋根断熱してる家…近況。

 

 

大工工事が終わって左官工事の壁の下地塗をしています。

垂木の間も丁寧に塗り込んでいました。

  下地塗をする準備(ボード繋ぎ目やビス揉みしてる所の下地処理)や養生をしています。 この後、下地塗をします。

 

2014/02/17 中二階のある家…近況。

先週の半ばに屋根仕舞いが終了しました。 後日に検査の

立ち合いに現場に行ったら見事な雪化粧でした。

その前の週の大雪よりはマシでしたが、寒さが身にしみました。

 

でも、よく考えると寒さが1番堪えた時に、屋根仕舞いの仕事を

していたので、その時の寒さに比べたら暖かさは感じませんが あまり辛さも感じなかったように思います。

次は天気を見計らいながら板金・瓦葺き工事へと進んで

いきます。

 

2014/02/08 中二階のある家…棟上げしました。

 

 

週始めに棟上げをしました。2本の栗通し柱に地松の構造材が

組まれていきます。 長ほそ、車知で組むので順番もあり慎重

に考えながら硬めのホソを組んでいきます。

 

2階も構造材や梁を魅せるので見えない部分をカケヤで叩いて

収めていきます。 中置は10mの1本物の為、収めるのにも

数人の大工さんと息を合わせ一緒に収めました。

 

2014/02/02 中二階のある家…近況。

 

いよいよ棟上げに向けて、こちらも進んでいきます。

土台(栗)と大引き(桧の120㎜角)が据えられました。

このお宅は構造材が地松のお家なので、

栗の大黒柱も良く映り、がっちりした重厚感ある家になります。

今朝、柱建てをしてまいりましたが、構造材の静かな趣きに

しばし感じいっておりました。

 

「一生をかけて住む家」 無垢材にもいろいろありますが、

一度くらい国産無垢材で建てた家に住んでみたいものです。

 

2014/02/02 増築の家…屋根仕舞いしました。

 

 

屋根仕舞いが終わり既存部分との繋ぎもうまくいき、ひと安心。

壁の仕舞いは、屋根が仕上がってからになりそうです。

 

何もなかった所に新しい屋根が出来あがりました。 この家は

瓦葺きではないので、今度は板金屋さんが仕上げをします。

 

2014/02/02 増築の家…上棟しました。

 

先月の上棟吉日に棟上げをいたしました。

増築とはいえ、構造材も結構たくさんあり順番も決まっていて

複雑でした。 化粧(構造材が見える)部分が無かったので

比較的組みやすく順調に棟上げ工程が進んでいきました。

天気もあたたかく仕事のしやすい日々が続きよかったです。

 

続いて屋根仕舞い工事へと進み壁下地もできるとこまで

施工していきます。

 

2014/01/21 新築完成の施工例を追加しました。

 

昨年末に完成して、お引き渡しさせて頂いたお家の写真を

施工例に載せました。 

お施主さんの想いをお聞きして、可能な限り形にあらわした

こだわりと価値のある家になりました。

 

年数が経つごとに無垢材の色合いは変化しますが、新建材ではまったく分からない味わい深い部分、価値を肌で感じられ

無垢材と自然素材に包まれ、お施主さんに末永くいつまでも

使ってもらえる家になれば幸いです。

 

 

2014/01/18 大幅リフォームの家…近況。

 

 

既存の部分に床下地が出来あがり、続いて仮の屋根もして

雨対策をしています。これで棟上げができる準備ができて

ホッとしてます。今週寒かったけど天気が落ち着いて良かった

 

構造材料も搬入して棟上げ準備をしています。家の入口が

狭いのでトラックも4tonシャーシが限界でしたが、さすがは

プロの運転士さん、切り返しで現地に入れました。

 

2014/01/17 寄棟の家…近況。

 

 

和室の天井をはるのに、廻り縁や竿縁が施工されています。

無垢板は1階とまとめて張るので少し先になりますが、壁も

下地が張れる部屋は仕上げていってます。

 

無垢材を枠に加工した物に、部屋によって溝を突く幅や広さを

替えてカンナで仕上げています。手間はかかりますが、枠でも無垢材の良さを体感できるようにしています。

 

2014/01/16 大幅リフォームの家…近況。

 

 

基礎屋さん待ちでしたが、バッチリ仕上げてくれました。

いつも丁寧で強度抜群の基礎ができあがりました。

 

土台を据えて、あとは防蟻処理をしてもらえば、養生して完成。

既存の部分との取り合いに部屋の下地をしていきます。

 

2014/01/15 寄棟の家…近況。

 

 

玄関のひさしに瓦が葺けて完成しました。 1階の瓦に自然と

なじんでる感じで、なかなかの存在感です。

 

外部にモルタル下地塗ができてます。板ばり仕上げが多い中

久々の塗装仕上げ。シンプルながら飽きのこない仕上げです。

 

2014/01/14 大幅リフォームの家…近況。

 

 

増税の影響などで年越し棟上げとなりましたが順調に準備が

できています。部屋との取り合い工事があり施工時は、天気と相談しながら一気に進めて建てる準備をしていきます。

 

土台を加工し確認、搬入して取り合い部分の確認など、据付けできる準備をしていきます。 土台を据えてから既存との

取り合い部分を現場施工して増築棟上げの準備が完了です。

 

2014/01/11 屋根断熱してる家…近況。

 

 

階段が組まれ表面の段板にはキッチリ養生がしてありました。

地松の階段ができあがりました。

 

和室の天井をはる為、廻り縁が入ってました。 居間との境の建具枠(鴨居)も幅広でゴツイ存在感を出しています。

 

2014/01/06 本年もよろしくお願いします!

 

あけましておめでとうございます。

ホームページを御覧のお施主様、またお客様、

新年、あけましておめでとうございます。

新しい年が始まると共に、新鮮な気持ちで今年も

家づくりに励みたいと思う今日この頃です。

 

これからも、お施主様の思いを取り入れた価値ある家づくりを

していく事を根本に、本年もみなさんに御共感いただける

家づくりをしていきたいと思っておりますので、御支持の程、

よろしくお願いいたします。

 

 

2013/12/29 年末年始の休業のお知らせ!

 

今年も1年ありがとうございました。

今年も新築を上棟した方、お引き渡ししたお施主さんを始め、

リフォームでは久しぶりのOBの方や、はじめましてのお客さんにも御注文頂きありがとうございました。

耐震・断熱リフォームの良さを理解いただき、部分的でも今後多くを過ごす空間を、無垢材を使用する事で身体に優しく

居心地の良い部屋になったのでは…と思っております。

来年も地道にコツコツ業務をしてまいりますので、お客様も

安心してお任せください。

   来年もごひいきの程、よろしくお願いいたします。

 なお、勝手ながら本日29日~来年1月5日まで業務を休業

 させて頂きますので御了承くださいませ。

 

2013/12/29 寄棟の家…近況。

 

 

内装は2階から仕上げていってます。普通に天井をはる部屋もありますが、こちらは部屋の上部に床ができています。

勾配天井ならではの空間を活かしたロフトです。

 

勾配天井の下地ができていました。出来あがると普通に見えますが、コツコツ下地をしてボードの継ぎ手を出来るだけ少なく

するよう工夫してはってあります。

 

2013/12/29 屋根断熱してる家…近況。

 

 

いよいよ階段を組んでいってます。 お施主さんの要望で変更

地松で組みあがります。 完成が楽しみな魅せる階段です。

 

大工さんの頭の中では綿密にイメージができ、また乾燥した

地松を刻むのも神経を遣ったと思います。 凄いです。

 

2013/12/29 寄棟の家…近況。

 

何かと忙しくしており更新が滞り気味ですが、現場は着々と

工事が進んでいます。

外部の木工事が玄関のひさしだけ残っていましたが、少し前に

組んで仕上げています。 ほとんど屋根は板金工事で仕上げるのですが、お施主さんのこだわりで瓦を葺きました。

普段より重いので垂木など柱以外は地松を加工して搬入し

大工さんに刻んでもらいました。 見応えのある玄関ひさしに

なり瓦を葺いて重厚感が増しました。

 

2013/12/17 屋根断熱してる家…近況。

大工工事が着々と進んでおります。

年内に階段を組み付けたいので計算をしたり刻みをしたりと

忙しくしていました。

お施主さんの希望で、地松の階段を組むようにしているので

頭で収まりを思い描きながら大工さんは刻んでいます。

木目や色合いも揃えるため、慎重に仕事をしていて設計図は

頭の中にあります。

出来あがりが楽しみな工事です。

2013/12/12 寄棟の家…近況。

 

 

外部は部分的に残ってますが、天気を見ながら施工します。

内装は硬質断熱材をつめていってます。

 

棟上げ~屋根仕舞いの後、家の繁栄を祈念して棟札をくくり

据付けました。 今後の工事安全を守ってほしいものです。

 

2013/12/10 寄棟の家…近況。

 

 
年内に外部のサッシが入るようにするのと外部仕舞いをしたいので大工工事は着々と進んでいます。   信頼のトヨタトラックにギッシリと建具サッシが積まれ搬入されてます。 これで仮戸締まりもでき安心です。

 

2013/12/09 限定内覧会の御礼。

 

12月8日までの限定内覧会が先日無事に終わりました。

今回はお客様も限定されたのですが、無垢の家の良さを

充分に体感され感想もさまざまでした。

今回、はじめましてのお客様、現在検討中のお客様、

今後ともいろいろお話して良い家づくりをしていきましょう!

 

また、内覧会を開催するにあたり、お施主様には快く承諾して

くださり御協力を頂き、ありがとうございました。

 

 

2013/12/02 限定内覧会の感想。

 

今回多数の限定内覧のお問い合わせ、ありがとうございます。

詳細はイベント情報でもお知らせしておりますが、正直言って

  「国産無垢材の家に興味のある方!」限定なので

そんなにないのでは…?と思っておりましたが、嬉しい誤算で

興味のある方が結構おられ驚いております。

でもおかげ様で、1組ずつじっくりお話ができて、みなさんの

家づくりに対する熱心さも伝わりましたし、無垢の家の価値も

実際体感され分かって頂けたのでは…?と思っております。

御縁ができたお客様、今後ともじっくりお話していきましょう!

 

 なお、内覧終了まで、あと6日ありますので、無垢の家が

建てたい方や興味があるお客様は、弊社までお気軽に

お問い合わせください。 御説明させて頂きます。

 

 

2013/12/01 リフォーム施工例を追加いたしました。

 

水まわりと居間などリフォームしました。

機能性と快適性を求めて、システムキッチン・バスなど最新の

機器と断熱性能を高め、夏涼しく、冬あたたかい部屋になるよう

施工しました。  解体して耐震対策もバッチリ施工し、無垢材の良さと自然素材に包まれた居心地の良い部屋へとなりました。

 

解体~施工中~完成の詳細記録は…弊社HPトップニュース2013年5月21日以降の「断熱リフォームの家」を御覧になって

ください。

 

2013/11/28 屋根断熱してる家…近況。

 

大工さんが知恵を使い手間を掛けた三本引きの鴨居が

取りついていました。

この鴨居も建付けも1本物に見えますが、1本、1本を

つないでいます。 年輪もうまく合わせていて、よ~く眼を

凝らしてみないと継ぎ目が分かりません。

無垢材は幅広の材が少なく、収まりに困った場合は

今回みたいに大工さんの知恵とお手を拝借して収めます。

完成してもずっと見えるので、大工の技をいつまでも感じれる

鴨居です。

 

 

2013/11/22 薪ストーブのある家…近況。

 

外部も内装工事も、ほぼ完了して養生をとりました。

まだまだ残工事はありますが、順番に順調に工事を進めて

いき、設備機器の設置取付などが終われば、美装清掃を

していきます。

お施主様には御契約前からじっくり検討され棟上げ後も

いろいろお話を聞かせてもらい出来る範囲の希望に近い

家になったのでは…と思っております。

お引き渡しまで、あと少しですが、お施主様が納得できる家に

なるよう、工事を進めてまいります。

 

 

2013/11/21 屋根断熱してる家…近況。

 

 

屋根はもちろん、壁にもしっかり隙間なく断熱材を入れてます。

この状態でも充分に温かみを感じます。

 

各部屋の大工工事が進み壁下地ができ、形が見えてきます。 

無垢材と自然素材の壁が融合するのが楽しみです。

 

2013/11/18 注 限定の現場内覧のお知らせ!

 

お問い合わせ頂いた方のみの現場内覧

 春に上棟したお宅が完成いたしました。

 お施主様こだわりの土間と薪ストーブのある国産無垢材の

 香りに包まれる、心なごむ優しいお家となりました。

 今回は、興味のあるお客さま限定の内覧をさせていただく

 運びとなり、メールかTELでお気軽にお問い合わせ

 いただければ、ご案内させて頂きます。

 

 なお、12月8日(日)までの御案内となりますので、

 お早めに御覧になってください。 

 TEL     086-428-5808

 E-mail   souken.30a@mx32.tiki.ne.jp

 

 

2013/11/13 リフォーム現場の確認。

 

何かと用事が重なり…しばらくぶりの更新になり、すみません。今後は私が定期的に更新できるよう頑張ります。

以前、今度リフォームさせて頂くお宅の解体前の打ち合わせと

御近所さんへの挨拶まわりに行きました。

 

部分的に解体して増築する部分との兼ね合いもあり、寸法の

確認や解体状況など把握しながら、現在工事は進んでおり

壊し始めの儀式も行い、解体工事の無事を願っております。

順調に進めば基礎工事へと入ってまいります。

2013/10/18 新築の屋根仕舞いができました。

 

 

大工仕事しながらで今回は余裕が少なく写真も少なめですが、二階の屋根が終わり壁に合板をはる前です。 軸組みパネル工法ですが、耐震には抜群の効果があり安心です。これを張り

一階の垂木や下地板を打ち屋根仕舞いをしていきます。

 

天気にも何とか恵まれ無事に屋根仕舞いが終わりました。

引き続き、瓦葺き工事が入ります。お施主様こだわりの瓦なので少し時間がかかりますが,瓦が葺け重みが建物に伝わって

から窓枠を入れサッシをはめ、戸締まりができるようにします。

 

2013/10/18 中二階のある家…刻み。

 

 

構造材も着々と刻みができています。 チェックして合格なら

手カンナで材を仕上げていきます。

 

通し柱も太いので大工さんは、またがって刻んでいます。

こちらも実際に挿して確認後、仕上げていきます。

 

2013/10/17 新築の棟上げをしました。

 

 

私も現場で仕事してる為、更新が遅くなりました。上棟までに

リフォームとか他用と重なり忙しくしておりましたが、何とか

土台据えも間に合い、無事に吉日を迎える事ができました。

 

先日、10日に棟上げをしました。気心の知れた大工さんがそれぞれの役割をこなして順調に組みあがり、夕方には棟が上がり

ました。 いつもみんな丁寧にキッチリしてくれ感謝しています。

 

2013/10/16 中二階のある家…刻み。

 

 

通し柱に構造材が納まる部分(通称、仕口とも言う)を手加工

しています。金具で引っ張らず長ホゾを挿して込栓(木栓)で

とめる部分の刻みです。

 

地松の光沢や色合いが何とも言えません。

このお宅は耐震はもちろん、視覚にも見ごたえあるがっちりした

家づくりを心がけて刻んでいます。

 

2013/09/28 中二階のある家…新築の刻み!

 

 

加工場では新築上棟の構造材が墨付して刻まれています。

これは地松の梁を刻み加工して仕上げ、自然油を塗って

乾燥させています。

 

この家の棟木の下に納まる長い中置を墨付け刻んでいます。

登り梁があらわしで見えるので、他の材との兼ね合いも計算

しながら慎重に刻み仕上げていきます。

 

2013/09/06 薪ストーブのある家…近況。

 

打ち合わせで何度か現場に行ったのですが、しばらくず~と

雨模様が続きベストショットが…でしたが、晴れると今までの

暑さがどこへやら涼を感じるようになり過ごしやすくなりました。

久しぶりに晴れた日に外から建物を見ると、焼板とのバランスも

良くてまだ左官工事が途中とはいえ、良い感じに写ります。

全部が仕上がり仮設の足場が取れると、また楽しみな外観に

なります。 もちろん内装も仕上がればバランスの良い家に

仕上がります。

 

2013/09/03 屋根断熱してる家…近況。

 

 

外部仕舞いが一段落ついて、2階の床から仕上げていきます。

無垢の栗板に天井・壁が仕上がると、アクセントの利いた良い

感じの部屋になります。

 

天井・床はもちろん壁にも隙間なく断熱材を入れていきます。

建築中でも効能を体感することができるので、お施主さんも

ですが私達も完成するのが楽しみです。

 

2013/09/03 薪ストーブのある家…近況。

 

 

大工工事は終了しました。 続いて左官工事に入っています。

ヤギリ部分は下地塗りも手間が入りますがコツコツ塗ってます

 

親子の左官さんで黙々と下地を練っては塗っていってます。

この家は塗り仕上げが多いので、左官さん腕の見せ所です。

 

2013/08/23 屋根断熱してる家…近況。

 

天気の良い日が続くので、外部の大工工事がサクサク進んで

います。板ばりと塗る部分の下地も順調に施工しています。 暑さが厳しい中、工夫しながら大工工事をしてくれています。

 

サッシ上の小ひさしも全ヶ所取り付けられ、材質にもよりますが無垢材ならではの品の良さが出ています。 自然の流れに

よって色合いは変化していきますが、それも楽しみの1つです。

2013/08/12 暑い中、参加ありがとうございました。

 

先日のうだるような暑さの中、御来場されたお客様、

実際に体感しに足を運んでくださりありがとうございました。

前回の春の内覧会より、お客様の来場は少なめでしたが

家の説明やお客様の家づくりの質問、弊社の特長など…

じっくりゆっくりお話ができて内容の濃い内覧会でした。

夫婦と子ども2人が過ごすには充分と思える35坪の家に

機能的な間取りと、ふんだんに使った無垢材や自然素材に

包まれ癒しのスペースで日々の生活を送ってもらうのが

想像できたと思います。 今後ともよろしくお願いします。

 

なお、誠に勝手ながら…明日13日「火」~18日「日」まで

夏季休暇を取らせて頂きます。

また19日(月)より業務を開始しますので、御理解の程、

よろしくお願いいたします。

 

2013/08/08 完成内覧会の詳細。

 

内覧会のチラシができました。

今週末10日~11日にお施主様の御厚意でさせて頂く

完成内覧会のチラシができました。

若いお施主さんの家という事もあり、今までの弊社の統一して

いた色合いを採用せず、爽やかな感じに仕上げてみました。

倉敷市内近辺の山陽新聞チラシ折り込みをメインに

明日、9日に入れ配布させてもらえるので、御覧になって

御都合よければ、ぜひ足を運んでみてください。

弊社の家づくりを身近に体感でき、御夫婦とお子さん二人が

自然素材に囲まれ子育てを通じて成長していく感じが想像

できる家でもあるので、特に子育て世代の方は内覧してみる

価値はあります。  イベント情報でも御確認ください。

 

2013/08/08 屋根断熱してる家…近況。

 

 

2階の造作をするには1階の梁天井部分は先に施工するので

仕上がっていました。

 

外部の仕事を済ませる為、大工さんは暑い中、工夫しながら

施工していました。ひさしなどまだまだ仕事はあります。

 

2013/08/07 薪ストーブのある家…近況。

 

 

内装の造作工事も佳境に入り、大工さんは親板(側板)と踏み板を組み、化粧階段に取り掛かっています。腕もさることながら頭の中でイメージして造作した大工さん…すごいの一言です。

これから準備して階段を据付けていきます。

 

1人では重くて掛けれないので、チェーンブロックで吊りあげながら手伝って据え付けていきました。 ぴったり合うように計算されつくした仕事がしてあり、スムーズに仮据えできました。

あとは本留めして、次は化粧手すりを作っていきます。

 

2013/07/24 完成内覧会のお知らせ!

 

主要構造材と仕上げ材を桧を多く使ってます。

無垢材の中でも、桧にこだわりふんだんに使った家が完成

しました。 最近若いお客様が多く、坪数も大きくなく家族4人が住める充分な空間を設計・施工しています。

構造や造作途中にお見せした20代のお客様にも好評で

完成後にぜひ内覧したいとの要望にお施主様も御賛同頂き

今回も内覧会の運びとなりました。

ちなみにこのお宅のお施主様は30代前半の方です。

日にち 8月10日~11日(土・日) 予定

時間  午前10時~午後17時   予定

場所  お気軽にお問い合わせください。

 

 

2013/07/15 薪ストーブのある家…近況。

 

和室の造作が進んでいます。 床柱・長押など大工さんの腕の

見せ所でもある部屋です。あとは天井板張りが残っています。

 

天井板は木目を見て自然な感じにする為、張るまでに留める事

まで考えて施工して順番に並べています。

2013/07/13 屋根断熱してる家…近況。

 

 

床下地もでき外部のサッシ仕舞いをするため、大工さんは

せっせと内法を施工しています。来週お風呂を組むので先に

断熱材を入れてます。配線・配管も済みいつでも施工できます

 

窓枠が仕上げの材が多く、汚れや傷がつかないように気を遣うだけでなく、汗もつかないよう大工さんは慎重に施工しています

おひさまを浴びなくても建物内は風が停滞して暑いです…。

 

2013/07/12 快適リフォームの家…近況。

 

 

大工工事が終わりました。居間とキッチンの間仕切りを取り

1部屋にしました。もちろん寒暖対策も施工し快適になります。

キッチン・お風呂や洗面所・お手洗いなど施工し仕上げます。

 

暑い中、黙々とコツコツと仕事した大工さんお疲れ様でした。

あとは、左官・建具屋さんが自然素材や無垢材で仕上げて

落ち着いた感じの部屋になります。

 

2013/07/06 桧づくりの家…近況。

 

 
大工工事がすべて完了しました。 まだボード下地が見えてますが、それぞれ仕上がれば無垢材と調和した部屋になります。  

部分的でも無垢材の良さを体感してもらいたいので、手すりの

壁は塗らず目で見て癒されるように大工仕事で仕上げました。

 

2013/07/05 屋根断熱してる家…近況。

 

 

大工工事が始まりました。いつものように床の下地に断熱材を

敷き詰めすき間を充填断熱します。

 

このお家は部分的に屋根裏を魅せる仕上げなので、屋根断熱

工法にしました。 次々と床下地をはっていきます。

 

2013/06/29 桧づくりの家…近況。

 

 

大工仕事は終焉に入っています。カウンターは栗の無垢板で

桧が多いリビングに取り付けて部屋にアクセントがつきます。

  キッチンフード上は天井の高さが高く、既製品のマク板が無いので手づくりの桧板仕上げのマク板になります。

 

2013/06/24 桧づくりの家…近況。

 

和室の天井が張れてました。

杉の無垢材で木目の揃った板を張りました。

弊社の建物はほとんどの部屋が、無垢材と自然素材の部屋に

なってるので、パッと見た目には和室との境がつきにくいです。

他の部屋と1番違うのは、天井板の材質の良さと柱の等級で

木目が落ち着いた感じになるように吟味して統一するように

施工しています。

お施主さんも感性豊かな方が多く、ハッキリとは分からなくても

完成し住んでいて体感する事により良さが分かってもらえます。

 

2013/06/24 内装に使う無垢材。

 

内装材には様々な無垢材がありますが、うちで良く使うのは

杉・桧・地松などで、よく使う材は市場でまとめ買いしてます。

まとめ買いは少量ずつ仕入れるより1本あたりのコストを抑える事ができ、いろんな等級が入ってますが、使う所をよく吟味する事によって価値ある家づくりに活かす事ができます。

材によって乾燥状態が違うので、間にサン木を入れて風通しの

良い場所で自然乾燥させてます。

仕入れた時期や乾燥状態を見てしっかり乾燥した順番に

いろんな内装材に加工していきます。

 

 

2013/06/20 快適リフォームする家…近況。

 

 
床下地ができ、床・天井・土壁の部分にも断熱材のウレタンを入れ、部屋全体を断熱材で包みます。出来る限り快適な部屋づくりを目指しリフォームしています。  

2部屋間の間仕切を取り1部屋にして広さを感じ、天井と床板を無垢材仕上げにして、木の香りやぬくもりを感じられる空間を

作ります。

 

2013/06/19 桧づくりの家…近況。

 

 

大工工事は佳境に入りつつあります。柱や天井板も桧で壁の

下地も桧なので、桧の香りが心地良いです。

和室の天井板ばりが済めば壁を仕上げていきます。

 

外部の左官工事は壁も基礎も仕上げていました。あとは塗装と

雨どい・電気の引き込みなど工程はいろいろあります。

順次進めて仕上がれば仮設足場を外します。

 

2013/06/19 薪ストーブのある家…近況。

 

部屋の見切りや加工材料と床板を搬入しました。

2階は完了して大工工事は1階に入っています。

無垢材の枠や天井板・床板と次々施工されて部屋の全体も

見えてきて、いろんな無垢材の香りがして居心地良い家です。

お施主さんのこだわりが随所に見られる家になってます。

これからも大工工事はどんどん進んでいきます。

同時に外部の左官工事も天候を見ながら進めていきます。

 

 

2013/06/06 屋根仕舞いが終わりました。

 

 

1階の下屋根も仕舞いができました。構造材を組んでしまうと

外観は洋風な家みたいに見えますが、内装は骨太の材が

見え重厚な佇まいを感じさせる家になる予定です。

 

1階の屋根の端(特に玄関側)には隅木を入れる事により、

玄関頭上から和のテイスト感じられるだけでなく、2階の窓との関連もあり、景観と実用を兼ねた納まりになってます。

 

2013/06/02 新築棟上げしました。

 

 

構造材が次々軸組み工法で組みあがっていきます。長ほそを

栗の大黒柱に挿し、木の栓(込栓)で留めています。

どんどん組み、がっちり感ある家ができていきます。

 

順番に組みあがった家が頑丈でがっちり感あふれる姿を現しました。 夕方、棟木をおさめて無事に棟上げができました。

引き続き、屋根仕舞い(瓦下地)をしていきます。

 

2013/05/30 棟上げの屋根材準備。

 

 

構造材以外の加工した屋根材を1つ1つ再度チェックして確認

できた材料をトラックに積み込む作業をします。

 

運ぶのは運送屋さんでも、積む順番は確認しながらが大事で化粧材がバンド固定時にも痛まないよう考えて積み込みます。

 

2013/05/30 棟上げの準備。

 

天気予報と実際の雲ゆきを見ながら、新築の構造材を搬入

しています。 いつものように積み込み雨・風にあたらないよう

テントをかぶせてロープやひもで固定します。

 

構造材を搬入後に仮設足場を組んで準備完了です。

あいにく上棟日は雨模様の為…やむなく順延しましたが

柱建ての吉日なので、現場に行き、建て初めの柱を建てて

工事着工と無事上棟を祈念しました。

あとは上棟日に雨が降らない事を願うばかりです。 

 

 

 

2013/05/30 棟上げの準備(土台据付け)

 

 
新築の土台を敷きました。天気に左右されるので、気を遣いますが、晴れの日だった26日の日曜に施工しました。  

暑かった1日ですが、無事に土台が据付けられました。あとは

構造材を搬入して仮設足場を組んでいきます。

 

2013/05/26 断熱リフォームの家…近況。

 

大工工事は補強工事が終わって続いて床の下地を施工して

います。

新築と同じように、断熱材を敷きつめ下地板をはっています。

洗面所と便所も床下地をしていき終われば、続いて天井を

施工していきます。

まだまだリフォームは始まったばかりですが、着々と工事が

進んでいます。

 

2013/05/25 断熱リフォームの家…近況。

 

 

2部屋に仕切ってのを1部屋にする為、柱を取ります。屋根の荷重を受けてる陸梁の梁丸太も受け止める、大きくて硬い

ヤスメを入れて耐震にも強くする必要があります。

 

横架材のヤスメ12寸(360㎜)を入れて補強しました。簡単に

施工したように見えますが、梁を両方ジャッキで突っ張って

両柱を少し切りかぎ栓を打ちこんで留めてます。

 

2013/05/23 断熱リフォームの現場。

 

 

内装を大工さんと一緒に解体してみたら、家の外周りは土壁が

塗ってあり1度リフォームした痕跡もありました。 ただ床下も

天井・壁にも断熱材は一切入っていませんでした…。

 

お風呂は大切に使っていたみたいで綺麗ですが、やはりタイル

に樹脂のバスタブ…夏は良くても冬場は寒さを感じ、身体に

優しくありません。解体し、断熱・耐震システムバスにします。

 

2013/05/21 断熱リフォームの現場。

 

 

連休明けからリフォームに入っている現場です。構造的には

しっかりしているので今回水まわりをすべてリフォームします。

 

まだキッチンも使えそうですが、最新のシステムキッチンにして

部屋は断熱・耐震にする為、内装を解体します。

 

2013/05/02 薪ストーブのある家…近況。

 

外部が終わり、大工工事は2階の内装に入っています。

屋根裏の板や母屋・地松の構造材を、ほぼ見せるように

するので、壁仕上げもまずは桁より上の矢切り部分を仕上げて

います。 仕上がってしまえば分かりませんが、大工さんは下地

から高い脚立に上がったり、降りたりと結構大変です。

左官さんも大変ですが、仕事量は大工さんの方が多いです。

仕上がれば天井が高く開放感あふれる部屋になります。

今日、無垢の30㎜床板を搬入したのですが、床板を張るのは

少し先になりそうです。

 

 

2013/05/02 桧づくりの家…近況。

 

 

しばらくぶりの更新ですが、大工工事は着々と進んでいます。天井の桧板が桧の構造材とマッチして綺麗に映ります。

2階の断熱材・壁下地が終わり、ボード張りへと進みます。

 

和室の天井は桧にはせず無垢の杉板を張りますが、廻り縁と

竿縁を施工して、張るのは1階の和室とまとめてはります。

壁下地後、厚みを付けるので塗り壁の下地ボードをはります。

 

2013/04/30 地鎮祭をしました。

 

 
本日、地鎮祭をとりおこないました。 朝のうちは小雨が降りましたが、29日にテントなど準備していたので難はなかったです。  

祭主さんの祝詞・お祓いなど、粛々と祭典がとりおこなわれ

厳粛ムードの中、神様に工事着工をお知らせしました。

 

2013/04/30 薪ストーブのある家…近況。

 

 

外部のサッシや壁の木工下地工事が終わっていました。

桧のバラ板張りの板が乾燥したら左官の下地塗に入ります。

久しぶりに大きな家なので重厚感も漂います。

 

木工事の外部仕舞いができました。遠目に見たら、このまま

桧の板張り仕上げでも良さそうです。 これで雨や風を防ぐ

だけでなく戸締まりもでき防犯上も安心です。

 

2013/04/29 内覧会が終わりました。

 

先日の27・28日の完成内覧会が無事に終わりました。

両日とも晴れやかな晴天の中、来場者のお客様は

木を身近に感じる家づくりやリフォームを考えられていて

熱心に質問され木の特性を学ばれ、またお客様のご予算で

どこまで想いのこもった、こだわりある家づくりができるか

真剣に考えられていました。

こちらも、出来る範囲の努力とお施主様のこだわりを形にして

価値ある家を提供していきたいと思いました。

今回に限らず、最近お問い合わせや、実際に来場された

お客様はイベント情報をマメに御覧になられる事も知り

今後の内覧会などマメに更新したいと思いました。

 

2013/04/19 完成内覧会のお家の準備。

 

心も身体も休まる空間・和みのある部屋。

来週27~28日に内覧会をするお宅の養生を取り美装します。

それぞれの無垢材の存在感を合わせた部屋になりました。

現代の使いやすい生活感も追及したお家です。

 
外観はシンプルに…少しだけの上品なこだわり。

シンプルで飽きのこない外観デザインに、ちょこっと、こだわり

感のあるお家です。 詳細はイベント情報にて御確認ください。

実際に御覧になれば、さりげなさが分かります。

 

2013/04/16 薪ストーブのある家…近況。

 

 

現場は大工さんが窓枠を入れています。他の窓枠は次々入り

サッシも入り、あと外部の木工事が進んでいます。

 

窓枠サッシと小庇もついて、パネル仕舞いもできています。

外部の壁下地の木工事へと進んでいきます。

 

2013/04/10 完成内覧会のお知らせ!

 

外部腰板ばりの家…内覧会をします。

お施主様の御理解と御協力により、完成内覧会をさせて頂く

運びとなりました。 和のテイストあふれるお宅です。

いつまでも飽きのこない心落ち着く空間の家づくりをしている

弊社にとって絶好の機会だと思ってますので、ぜひ実際に目で

見て体感してみてください。五感にふれる事により、やんわりと

した時間が体感できると思っています。

 

日にち…4月27日~28日(土・日)

時間 …午前10時~17時

場所 …岡山市内 詳細はお気軽にお問い合わせください。

 

2013/04/05 腰板ばりの家…近況(内覧会予定です)

 

 

先月、大工工事の最終工事「ぬれ縁」が施工されました。

窓のはき出し部分のみの施工が多いのですが、このお宅は

L字型に組んでいます。屋根があるので雨風による劣化は

少なく自然な色合いに落ち着くと思います。

 

外部も塗装・雨どいの取付けなど仕上がり仮設足場が取れました。 内装も仕上がれば美装工事して完成します。

なお、お施主様の御厚意により、このお宅は内覧会を行います

4月下旬の土日の予定です。

 

2013/04/03 薪ストーブのある家…近況。

 

 

大工工事は外部の内法(窓枠)を入れています。うちの内装の壁仕上げは真壁(左官塗り仕上げ)が多いので、内法も仕上げ

て施工するので少し手間がかかります。

 

瓦葺き工事も終わり、凛とした感じです。外部に下地パネルを

張る為、がっちりした構造材も室内に入らないと、外からは

分かりません。大屋根の中央右に見えるのは煙突部分です。

 

2013/04/02 土壁の家…近況。

 

 
仮設の足場が解体され焼板ばりが現れました。 外部や外回りは給排水の配管と基礎部分の塗装が仕上がれば完成です。   室内も土壁に中塗ができて乾燥させています。 しっかり乾燥したら上塗り仕上げをすると落ち着いた佇まいになります。

 

2013/03/28 桧づくりの家…近況。

 

先週、現場で細工をしていた玄関ひさしが、ついに施工され

取り付けられました。 お施主様は特に大きな希望は言われず

「弊社にお任せします」との事でしたので、材料は家と同じく

桧で!…とも思いましたが、上棟してしばらく待ってもらった

事もあり、こちらの一存で決めさせてもらいました。

構造材・タル木などは地松で、天井板、柱は杉丸太で加工し

施工しました。 今はあまり目立ちませんが、壁が仕上がると

1面の壁にアクセントができて、雰囲気も変わって見えると

思います。 楽しみです。 

 

2013/03/23 柱の番付と配送準備。

 

無垢の桧柱を使う弊社の家は、乾燥した荒材の段階で四面を

見て、どこに使うか決めます。背割りの向きや表面の小節など

見ながら番付して確認しながら荷づくりをします。

荒材は乾燥するとヨレや反りなど出てるので、荷くずれしない

よう向きを見ながら梱包し慎重に積み込みます。

 

通し柱など長物は構造材と同時に大型で送るので3m物が多く中型トラックに積み込むと結構スペースは空きます。

でもこれに、母屋と構造材の1部も積み込むので重さ的には

積載量ギリギリになります。あとは運送屋さんが慎重に運んで

くれるので安心です。

 

2013/03/22 薪ストーブのある家…近況。

 

 

先日上棟した現場は、瓦葺き工事が進んでいます。だいたい

葺けていますが、のしや棟巻きなど細かな仕事が残ってます。

 

内部は大工工事が始まり、床の断熱下地工事が済んでいま

した。電気設備など施工して外部の壁仕舞いをしていきます。

 

2013/03/21 土壁の家…近況。

 

 
内装壁の左官工事も進んでいます。 右の色濃い壁が中塗で左の乾燥している壁が荒壁(土壁塗り)部分です。  

外部は焼板張りが完成しています。まだ足場があるので分かりにくいのですが取れたら雰囲気も出て実感湧きます。

 

2013/03/21 腰板ばりの家…近況。

 

 

左官工事が進んでいます。下地のボードの繋ぎ部分に処理を

しています。薄塗り仕上げは繋ぎ部分が出やすいので、

わかりにくいように下地処理がとても重要になります。

 

建具や家具も切り込み取り付けをしています。建具は既製品

ではなく寸法をとり、造り付けをしているので、1枚1枚削ったり

調整しながら取り付けます。

 

2013/03/15 桧づくりの家…近況。

外部はモルタル塗の木下地の板張りが出来ていました。

外部にも屋根と壁の境に見切の桧材を入れたり、小ひさしを

取り付けたりと木工事はいろいろあります。

大工さんはコツコツ丁寧に仕上げていってます。

ちなみにモルタル下地の板も桧板を張ってます。

 

あとは、玄関ひさしを加工、刻んで取り付けるので、

出来あがれば、また外部の雰囲気も違って見えるので

楽しみです。 天気を見ながら進めていきます。

2013/03/13 桧づくりの家…近況。

構造材から桧をふんだんに使った(1部は地松です)こちらの

家も大工工事は進んでいます。

外部は小ひさしや窓枠上下のOSB合板はりと、ほぼ木下地が

できてきています。

まだ完全にはできていませんが、天気を見ながら工程を進めているので、内装の造作もしたりと、段取り的には手間がかかる

状態ですが、ウレタン断熱材を入れたりと2階から工程を

進めていきたいと思っています。

2013/03/06 腰板ばりの家…近況。

 

 

久しぶりに、外部にしていた養生を取りにいきました。

内装は左官さんの上塗り仕上げができていました。 

しっかり乾燥させれば仕上がりです。

 

やわらかい日差しが差し込んで何とも心落ち着きます。

残工事が終わり、床の養生を取れば、また雰囲気が違って

見えるでしょう。 お施主さん同様、非常に楽しみです。

 

2013/03/06 新築の屋根仕舞い。

 

屋根下地の仕舞い&大壁の下地仕舞い

順調に軸組みが組まれ無事、棟が上がりました。

引き続き、屋根仕舞いをしていき、続いて壁も大壁部分は

みんなで張っていきました。

弊社に協力してくれる大工さんは、みんな仕事に真面目で

「より良い建物づくりを…」と、各自で工夫して取り組んでくれるので、安心して任せられます。 仕事の腕もさることながら

人間性の良い大工さん達が集まってくれるので、雰囲気よく

棟上げができます。 今回もお疲れ様です。ありがとう!!

 

2013/03/06 新築の1本物。

 

順調に木組みをしていき、棟木の下にくる中置(地松の1本物で部屋内から見えます)を組む所です。

建物の端から端まであるので大工さんが数人がかりで

おさめながら組んでいきました。

 

ちなみに、この地松の重さは300㎏ありました。

レッカーで吊らないと

人間の力では二階の屋根まで持っていけないですね…(・_・;)

 

2013/03/06 新築の棟上げをしました。

 

毎回棟上げ時は私も参加している為、帰社してからの準備物や

段取りなどもしているので、手間がかかり気力も途切れがちで

更新が遅れ気味になり…すみません。。

先週、無事に上棟にかかりました。

←弊社の看板とも言うべき栗の通し大黒柱です。桧の通し柱と

つないでいるのは地松の構造材で迫力があります。

あいにく柱は養生していて、まだ本来の感じは分かりません。

まだ30代のお施主さん希望の軸組み&構造材で、がっちり感の

ある家を希望だったので気にいってもらえたら嬉しいです。。

こだわりのある家づくりのお手伝いをしていきますので、今後とも

一緒に家づくりをしましょう!

 

2013/02/26 新築の最終準備。

 

ついに到着しました。長い約10mの地松の中置が…。

これが家の端から端まで1本物でつながります。

これだけの長さの物は、普通はつないで使うのですが、

このお宅は端から端までほぼ見えるので、在庫で乾燥させてた

1本物を使用しました。

手カンナで綺麗に仕上げて養生された中置が、棟上げ時に

組まれるかと思うと、お施主様同様にワクワクしてきます。

 

 

 

2013/02/26 土壁の家…近況。

 

 

外部の焼板がだいぶ張ってありました。あと、目板を張れば ほぼ完成です。 ただ張る人間は炭まみれになりますが…

仕上がれば雰囲気の良い外観になります。

 

内装は残ってた階段の手すりがついていました。あとは残りの

木工事が終わり次第、左官の中塗を仕上げていきます。

しっかり乾燥後、仕上げ材を塗って仕上がります。

 

2013/02/26 新築の準備。

 

 

先週、土台を敷きました。うちの基礎屋さんは丁寧で基礎が

綺麗でコンクリ強度も硬く、立ちあがり上面も水平なので

私達も毎回、スムーズに施工できます。

 

構造材も次々運搬されてきました。材の受け取りや置く場所の指示と確認、最後に養生テントを掛けにいきました。

ビスや検査金物の確認など、まだまだ準備物はあります。

 

2013/02/20 土壁の家…近況。

 

左官工事は一階に下りていて中塗を塗る前の養生をしてます。

下地が土壁とラスボードでは塗る材料が違うので、練る都合で

中塗をして、しっかり乾燥させます。

 

内装は大工工事がほぼ終わり残工事が少し残ってます。

二階は中塗が仕上がってます。

しっかり乾燥させたら上塗り仕上げで完成です。

2013/02/16 新築の刻み。

 

この家には長い梁もありますが、短い梁も結構あります。

こうして並べてみると、太いせいか、どこかかわいい感じが

漂います。 上棟後、部屋内で見えるようになるので

反りカンナと手カンナ仕上げです。

 

長さが短くても手間はあまり変わりません…が、カンナをかける

側からすれば、いくらか気持ちは楽な感じがします。

 

 

2013/02/16 土壁の家…近況。

 

 
大工工事は外部の下地に入っています。 全面ではないのですが、焼板仕上げなので焼板割りを考えながら下地をします。  

まだ完全ではないのですが、外部はほぼ仕上がってきました。

出来あがりが楽しみです。

 

2013/02/14 新築の刻み状況。

 

 

中置を加工し仕上げています。部屋内から小屋裏が見える

仕様なので反りカンナで丁寧に手仕上げしています。

 

地松の中置は最近は仕口でつなぐ事が多いのですが、この

お家は1本物で長さは10mあります。

 

2013/02/09 新築の刻み…続き。

 

 

お施主様の希望で、メインは地松で構造材を組んでいます。

いろんなホソがありますが、それぞれ意味があり上棟日に順番

通り軸組みをすれば見事に納まります。 ただ残念ながら、

組んでしまうと見えなくなりますが…がっちりした家になります。

 

地松の梁も刻みは完了。あとは最終確認後、良ければ

手カンナで削って仕上げて養生します。

化粧梁が多いので仕上げるのも一苦労です。それにしても…

昔の先人大工さんの知恵と技量はすごいなと感心します。

 

2013/02/07 新築の基礎。

今度、上棟するお宅の基礎配筋ができています。

本日、基礎配筋検査を受けました。 

チェック項目が多く、いろいろ測定したり写真を撮ったりと

検査員の方もコツコツとチェックしてました。

 

弊社の基礎屋さんは、親切・丁寧・正確にきちんと仕事して

くれてるので、問題なくスムーズに合格しました。

いつもマメに最新情報・技術を取り入れ、丁寧に施工してくれる

ので、新築・リフォームとも安心してお客様にオススメできます。

 

2013/02/07 土壁塗りの家…左官工事。

 

 

左官さんいわく「ネット」を貫き板の部分に張っています。

もし、貫き板にひび割れが生じても、上塗りにクラックがこない

よう防止するために必要な物です。

 

施工は中塗りの時におおむね塗って、最後に張って塗り込み

ます。 いつもの若い左官さんが丁寧・まっすぐに、こだわって中塗りを仕上げていきます。

 

2013/02/06 土壁塗りの家…近況。

 

腰板施工中。

土壁をつける際、腰板施工部分は少し薄めにつけてます。

腰板に自然油を塗り、乾燥させて仮並べ~施工していきます。

 
押し入れ施工してます。

こちらは押し入れの敷居を入れています。床より高いのは

吊り押し入れなので…。あと床をしていきます。

 

2013/02/06 桧造りの家…施工。

 

昨年に上棟して、しっかりじっくり乾燥させたお宅の大工工事が

始まりました。 お施主様には長らくお待たせしましたが、

これからどんどん工事を進めてまいります。

大工工事は開口部に内法(外部に面する窓枠)をいれてゆき

OSB合板をはってサッシ枠・建具を入れます。

内法化粧の所が多く、施工後も見えるので慎重に施工します。

ここの内装は桧材をふんだんに使って仕上げる仕様に

なってるので、弊社の今までのお宅とは、雰囲気が違った

感じに仕上がる予定です。

 

 

2013/02/05 新築の刻み。

 

 

構造材はだいたい終わり、ただいま梁を並べて手刻み中。

化粧梁(全体が部屋内から見える)が多いので、刻み後の

手カンナ仕上げも一苦労です。

 

こちらは屋根下地の垂木を乾燥させてます。荒木に垂木割りを

して加工しカンナで仕上げて、棟上げ後、屋根の棟木と母屋に留めていきます。

 

2013/02/04 省エネのセミナー。

 

数年前より、家づくりに役立ついろいろな講習会に参加して

います。 環境のこと、将来的に必要になるかも知れない設備

など、時代の流れを見極めて設計の段階から、じっくりしっかり

悩んでいろんなシュミレーションをする事が大切など…です。

ただすべてを取り入れ施工する事は現状では難しい点も多く

例えば手間を掛けた割に、時間のロスや予算もオーバーする

など…かえって住みにくい家になるかも知れず…よく研究・検討し、家づくりに取り入れられそうな事を吟味してみたいと思います

要は職人目線だけでなく、最新情報を知り、広い視野で改めて

「伝統と現代工法が融合した家づくりをしたい」と思いました。

 

 

2013/02/04 新築の地鎮祭。

 

 

節分の日にとりおこないました。前日からの晴天と気温が緩み

穏やかな日で神様をお迎えするのに、私達も万全の態勢で

礼を尽して思いや気持ちを高める事ができます。

 

気候の良い中、厳かに御神事が進んでいきました。

工事の無事とお施主様宅の御発展をお施主様ともども

祈念させて頂きました。 これからよろしくお願いします。

 

2013/02/02 解体工事と養生工事。

 

解体工事は無事に終わり、きれいな更地になりました。

既存の部分に新宅をつける為、取り合い部分の解体には特に

気を遣いました。 新築後につないでも、外部・内部がうまく

まとまりすっきりしたツナギにしたいのであれこれ悩んでます。

とりあえず仮囲いをして接合部を養生しました。

 

近日に地鎮祭をするので竹取りやテントなど準備をしています。

 

 

 

2013/02/02 土壁塗りの家…近況。

 

 

床板には地松の柾目板をはっています。無垢材なので仮並べしながら色合いなど吟味しながら仕上げていきます。

板目より目通りが良く品の良さが伺えます。

 

外部は左官工事が進んでいて中塗をしています。乾燥・養生を

みながら仕上げへと進んでいきます。

1階は木工事がある為、早めに仕上げています。

 

2013/02/02 腰板ばりの家…近況。

 

 

大工工事も終盤に入り外部には腰板が施工されていました。

左官工事の上塗仕上げができると良い雰囲気になります。

 

洗面所は天井・壁・床も桧板で仕上げで、桧の上品な香り漂う

快適な空間になりました。

 

2013/02/01 土壁塗りの家…近況。

 

 

私が何かと忙しくて、しばらくぶりの更新となりました。

すでに現場は完成に近づいていて、外部は左官工事の中塗(仕上げの下地塗)をしていました。中塗をしながら割れ止めの為のネットを張り、漆喰塗り仕上げの下地をしています。

 

さすが几帳面な左官さん丁寧に仕上げています。左官いわく

「中塗をきちんとしとかないと仕上げ面に善し悪しが出る。鏡みたいなものだし腕を見られるので今できる最高に綺麗に仕上げたい…」 さすが職人。自分の仕事にこだわりあります。

 

2013/02/01 通し柱を製品に…。

 

 

1本ずつ表皮を剥いて表面を決め背割りを入れていきます。

木材には腹側と背側があり、背側に切り込みを入れて水分を

逃がすのと、表面にヒビやヨレが生じにくくします。

地道な作業ですが、無垢材にはとても大切な仕事になります。

 

丸のこだけでは幅が狭く、自然乾燥の場合、部位によっては

充分に乾燥しない所があるのでバランス良く均等に乾燥させる

ためには、もう一手間チェーンソーの厚みだけ背割りの幅を

広げて乾燥しやすくさせます。

 

2013/01/22 栗の通し柱。

 

 

原木を仕入れ製材した製品が倉庫に届きました。今回は、主に

栗の通し柱と管柱を仕入れました。荷受だけならリフトで降ろす

ので簡単なんですが、 ここから手仕事で製品にするのが地味な仕事で大変です…。でも重要な仕事で、この一手間してから自然乾燥させる事で木材をベストな状態で使う事ができます。

 

挽きたての通し柱に背割りを入れて、化粧面が割れないように自然乾燥させます。たくさんあって、皮むぎや背割りをするだけでも大変ですが、製品にして自然乾燥させた方が家づくりに

良い状態で乾燥しやすく、また管理するのは弊社の仕事でも

あるので、早めに製品にして乾燥させれるよう頑張ります!

 

2013/01/22 旧宅の解体。

 

 

建て替えのお施主様の既存の家を解体に入りました。

外観は雨どいと瓦を下ろしただけですが、これからが本格的な

解体です。家は結構おつかれ感があり至る所に寿命を感じ

今回、新築の建て替えになりました。

 

内部は畳や下地板をとった所です。 数か所、既存する建物とつながってる箇所があるので取り合い部分は特に慎重に解体していきます。写真だと、まだまだしっかり感がありますが

結構寿命を迎えてる材が多いです。

 

2013/01/11 リフォーム施工例を追加しました。

 

昨年の年末にリフォームさせて頂いたお宅を施工例として

追加しました。

リフォーム前と比べ、浴室も洗面脱衣所も、ずいぶん明るく

なった印象があります。

お施主様も…「綺麗になったしあったかい感じがする。

まだ大きな実感はないけど、今の部屋に身体が慣れてくると、

また違った感じが分かるのかも?これから毎日体感できるのが楽しみです。」と感想をいただきました。 日々の生活の中で

少しでも癒しの空間になれば、嬉しいですね。

 

 

2013/01/09 新築の地鎮祭。

 

 本日、新築の地鎮祭をとりおこないました。

 寒さも少し緩んだ感があって地鎮祭びよりのとても

 充実した日でした。

 しばらくお待たせしましたが、これからお施主様とは家を

 通じて長いおつきあいになります。

 完成するまでに、いろいろしっかりお話しながら、

 長く住んでも飽きない価値ある家づくりをしていきましょう!

 今後ともよろしくお願いします。

 お施主様…本日はおめでとうございました(^O^)

 

2013/01/08 あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

遅くなりました。昨日、ご挨拶するつもりでしたが、現場の進行

状況により、私を始め、皆で各現場の材料選木や加工物を

したり、会社に据付けてある各木工機械の刃物の初砥ぎなど

しておりましたら…あっという間の1日でした。

私は休みの間、初めてスポーツなど体を動かす事をしなかったので、初日はいつもの調子がでなかったです。

やっぱり連休など休みが続く時は、適度にスポーツなどして

心身ともにリフレッシュしたいものですね。

あらためまして、今年もよろしくお願いします。

2012/12/29 師走のリフォームと仕事納め。

 

12月の中旬よりお風呂と洗面脱衣所のリフォームの御依頼を

受けて施工させてもらいました。 新年を迎えるまでに解体~

仕上げまで一気に進行して無事終わりました。

合わせて外のお庭周りの外構工事も施工したので、毎日何かの

工事が施工され、お施主様には御迷惑をかけましたが、29日で

全工事が終了し、安心してお正月を迎える準備ができました。

年越し~新年に向け、リフォームで気持ち新たに新鮮な感じで

新しい年を迎えられ一家団らんの日々を過ごされる事を願い

今年の記事を終わりたいと思います。 

また、現在施工中のお施主様はもとより、HPを御覧のお客様、

来年もどうぞよろしくお願いします。

なお勝手ながら、12月30日~新年6日まで休業させて頂きます。

新年は7日より営業させていただきます。

 

2012/12/10 腰板ばりの家…近況。

 

かなり前になりますが、玄関の敷台が施工していました。

地松の框・幅木と、敷台の色合い・風合いが極力合うように

自然素材の中から選びましたが、自然な感じがします。

 

もう玄関の床板も張って養生してあるので、詳細は隠れましたが

家が完成し、養生を取り外した時の、床板との相性を見るのが

楽しみです。 木目が好きな人には感動ものでは…??

このお家は桧の板の他に、松の板の部屋もあるので、施主様の

感動もさらに増すのでは…(^O^)/ 感受性の豊かな子育てができそうです。

 

 

2012/12/08 また施工例を追加しました。

 

   少し前にお引き渡しさせて頂いたお施主様の御厚意により

  施工例に挙げさせて頂きます。

  設計の段階から限られた家の大きさの中で、実用性を重視

  しながら、ある時は広さを感じ、ある時はやんわりとした

  空気や雰囲気が楽しめるよう、細部にこだわりました。

  すべての御紹介はできませんが、少しだけ部分的に

  施工例として載せさせてもらいました。

 

  フルオーダーに近い設計と、こだわりのある厳選材を

  使用した弊社の家づくりの一例をごらんください。

  

 

 

 

2012/12/06 床板の仕入れ。

 

 

構造材で無垢材を使うと「部屋内も自然素材を…」と希望される

お施主様が多く、市場で単価にあった床材を仕入れてます。

最近は桧板が多いですが、松の板も定着した人気があります。

無垢材なので、その年の傾向や時期により状況が変化します。

 

都合によってバンド買いしてますが、使う用途・量により仕入れ

するので在庫にはなりません。 自然素材は色合いなど変わるので、倉庫に一時保管しますが、早めに各現場に搬入して

仮並べ乾燥させて、施工し養生してもらいます。

 

2012/12/03 施工例を追加しました。

 

少し前にお引き渡しさせて頂いたお施主様の家を御厚意により

施工例に載せましたので、ぜひごらんください。

 

最近の弊社の家づくりは似た感じの仕上げもありますが…

ほとんどのお施主様にとって一生に一度の建物です。

「一生の宝の建物として価値ある家」であるとともに、

住みやすく居心地の良い家を長く…永く使ってもらえると

依頼されて造った私達も造った甲斐があります。

使い方にもよりますが、大切に思いながら普通に生活すれば

大きな災害などなければ、構造躯体は100年以上は大丈夫だと

思いますし、安心して暮らせると思います。

 

 

2012/11/30 製材したついでに…。

 

 
弊社の乾燥場で自然乾燥させてある、構造材や梁を積み替えたり、乾燥具合を見極めたりしながら、整理整頓しました。  

一見、見た感じは同じ木材にしか見えないと思いますが…

栗・地松・桧の構造材や梁が積んであります。

 

2012/11/29 挽き直し製材の続き。

 

 

今回のお家の地松の中置(長さ10m)です。製材所内移動の為

積んでます。 間取りの都合で、建物の桁行き方向を端から端まで1本物でつなぎ強度を高めます。

  地松の丸太梁も側面を製材して、上下は削って墨付けしていきます。化粧梁(部屋内に全部見える梁)もあるので輸送途中に傷などつかないよう、慎重に運搬します。

 

2012/11/23 構造材の挽き直し製材。

 

 

先日配送した材を週半ばに、製材機にて四面を整えました。

製材職人と打ち合わせしながら、1本ずつ製材してヨレ・曲がりを取りながら地松本来の粘り強い部分を活かすようにします。

 

挽き直し直後の挽きたてホヤホヤの地松の一部です。これを

加工場でプレーナーをかけて、1本ずつ墨付け・刻み・仕上げ

へと進んで、家を組み建てる(棟上げ)の準備へと進みます。

 

2012/11/19 構造材の積み込み。

 

少数で現場の段取りや準備をしてるので更新がしばらくできずすみません…先週次のお施主様の構造材を乾燥場にて選木

しておりました。 今回主に地松材で、ヨレてたりして積みにくいのですが、毎回頼む運送屋さんも一生懸命工夫し一緒に積み込みして大型15㌧車いっぱいになりました(^_^;) 家が建つまで

にも各業者さんが協力してくれるおかげで良い材料を提供する

事ができます。 T運送さん、いつもありがとう(^O^)/

 

今回はメインが地松の構造材なので特有のヨレ・曲がりなど

自然乾燥ならではの特性が出ますが、充分乾燥させた地松を挽き直す事により、ほぼ狂わず粘り強く、色合いも本来の地松

色になります。

お施主様にとって一生の財産づくりの手伝いができ、満足してもらえたら幸いです。またお子さん・お孫さんへと受け継がれる

事で、無垢材に包まれた子育てができれば、なお嬉しいです。

2012/11/01 新築の屋根ができました。

 

先週上棟したお家の屋根仕舞い(瓦を載せる屋根下地)が

今週始めにできあがりました。 

良い天気が続いた為、工事も順調に進行していき無事に

大工工事が終わりました。

ただ思った以上にポカポカ天気だったので作業で動いたら

じんわり汗ばむぐらいで、体感的には暑かったです。

季節に反して冷たい飲み物を良く飲んだ屋根仕舞いでした。

 

現場は続いて瓦屋さんの瓦工事に入っていきます。

 

 

2012/10/25 新築の棟上げができました。

 

 

天気の影響で順延の棟上げになりましたが、私を始め皆さん昼間は動くと暑いくらいの絶好の棟上げ日和になりました。

次々構造材が組まれ、しっかりした軸組みが出来あがってます

 

順調に工事が進んでいき、午後には無事に棟が上がりました。

2階の天井が梁天井(無垢板仕上げ)の場合、仕上げてから

母屋や棟を上げるので普通より手間と時間がかかります。

 

2012/10/22 新築棟上げの最終準備。

 

本日は秋の気候を感じさせないくらい暖かい日差しの中、

現場に必要な工具や材料搬入と現場の状況の最終確認に

行きました。 全部の材料や準備が揃った現場には

棟上げの前の静けさの雰囲気が漂っていて好きですね。

今日はあたたかい気候ですが、今夜から天気が崩れるよう

なので少し心配です。

棟上げの日が穏やかで動きやすい気候だといいですね。

私は大工さんの体力についていけるよう気合いを入れて、あと

筋肉痛にならないよう、しっかりストレッチや身体を鍛えて

当日にのぞみます。

 

2012/10/22 週末の新築棟上げ準備。

 

   
構造材の一部です。大型が入らないので4ton数台に積み分けて搬入します。  

秋の気持ちの良い青空の下、構造材・

柱・母屋など次々に現場搬入されます。

  運送屋に降ろす位置の指示とテントをかける為、毎回私が手伝っています。

 

2012/10/20 新築の土台据えました。

 

 

どの現場も土台は大工さんと共に据え付けますが、施工中の

基礎天から出てるボルトの位置出し、穴をあけた状態です。

(木くずは最後に清掃するので散らかってみえますが…)土台

裏には防腐処理剤を塗ってます。 後から塗れなくなるので⇒

 

土台と基礎を通りを揃えながら、ボルトを締め付けてるところ。

日程の都合上、防腐処理の業者さんとカブって塗りながらの

同時施工になりましたが、お互いうまくハチ合わせないよう進行

できました。 あとは、来週いい天気が続く事を願います(^O^)/

 

2012/10/19 腰板ばりの家…近況。

 

玄関の造り付け庇とテラスの軒を出す為に、地松の6寸の桁や

タルキを加工して手カンナで仕上げてます。

現場で大工さんの手仕事なので手間は掛かりますが

よりいっそう心のこもった仕上がりになる感じがします。

お施主さんも最近では見る事の少ない伝統工法が見えたり

現場に漂う地松の香りが楽しめたりで、感受性の豊かなお施主さんの喜びもひとしおです。

写真は桁の追っかけ大栓継ぎ手と言われる工法で、材のヨレ

ブレや圧縮・引っ張りに強く理想的な継ぎ手です。

 

2012/10/19 新築棟上げの準備。

 

 
来週棟上げ予定の構造材が仕上がり、仕口や組み手が違っていないか最終チェックを行いました。異常なしです。   通し柱も構造材が入る仕口をチェックしました。あとは部屋内の塗り壁仕上げのなる面にシャクリ(筋)を入れるだけです。

 

2012/10/18 腰板ばりの家…近況。

 

1階の大工工事がコツコツと進んでいます。 よく和室の天井に用いられる廻り縁や小竿も御覧のように施工し納まっています。

 

弊社では和室だけでなく和室廻りの関連性のある部屋や廊下

にも用いる造作で、8月に紹介したように直接市場で選んで買い

付けた天井板を大工さんが張っていきます。

写真でみたら簡単そうに見えますが、廻り縁を掘ってかぎ込み

小竿を埋め込んだ形で仕上がっています。

 

2012/10/15 土壁塗りの家…近況。

 

 

どんどん大工工事が進んでいます。 気候も天気も良いので

外部の木工事から進めていますが順調にいってます。

もうじき左官工事が入れば2階の養生テントも取れそうです。

 

こちらは小庇の骨組みの部分です。化粧板までオール桧の

小庇ですが…仕上がると下から見上げないと見えません(T_T) なんか勿体ない気もします。

 

2012/10/11 玄関周りやカウンター材料。

 

 

玄関入口の木材(敷台・上がり框)やキッチンなどカウンターの

材料は弊社で乾燥させた地松・栗などで選木して出します。

どこに使うか、使う場所や材木の向きによって選び倉庫から

リフトで出しますが、これだけ出すのでも手間がかかります。

 

材木の矯正(挽き直し)といいます。 ヨレ・反り・曲がりなど

見ながら1本ずつ製材して幅や厚みを決めていき、これを

木材加工機で加工できるようにします。全部の材料を製材するわけではないですが、上がり框など玄関部分は気を遣います。

 

2012/10/06 腰板ばりの家…近況。

 

 

こちらの家もしばらく更新してませんが(すいません…いろいろ

用事が入ってしまい…) 少し前に2階の造作工事が終わって和室はこんな感じに仕上がりました。 天井は1階の無垢板と同じ時にするので竿縁まで入れてひとまず一区切りです。

無垢板を選んではる予定です。

 

洋間?といいますか天井は無垢の杉板をはり壁はボード下地

ですが仕上がりはクロスではなく左官さんの塗り仕上げです。

昔と違って技術の進歩で、厚みが薄くても仕上がる塗り壁材が

あって、PVボードでも塗りが出来る分、弊社の施主さんに

とってもクロス以外の選択肢が広がり結構好評です。

 

2012/10/03 無垢材の木材加工。

 

 

階段の両端の部分や玄関の上がり框も地松なので一緒に

加工します。 カンナで仕上がれば同じ感じにまとまるのですが

削る前は、木の表面もいろいろ違って見えます。

ついでに玄関周りのひさしも造っていきます。

 

プレーナーで定規に当てながら削っていき、直角を出してから自動プレーナーで四面を決めます。 あとは取り付けられる

場所によって溝を造ったりして最後仕上げカンナで仕上げて

現場に搬入します。

 

2012/10/02 階段の材料選び。

 

 

階段は弊社でしっかり乾燥させた無垢材(今回も地松です)を

使います。 段板・ケコミ・親板など各パーツを組み合わせて

一つの階段ができますが、まず加工して幅や厚みを揃えます。

 

こちらは玄関のひさし材(地松)です。 地松に限らず無垢材は

乾燥させれば収縮も納まるので、ヨレ・反り・曲がりなど直す為

1本1本、癖を見ながら、木材加工機で仕上げていきます。

 

2012/09/26 土壁の家…近況。

 

 

しばらくぶりの更新になりますが…夏の暑い間、お施主様が

毎日風を通して土をしっかり乾燥させてもらえたので、土壁も

なじみ構造材も落ち着いて大工さんも仕事がはかどります。 

まずは外壁工事からですが、雨の日でも内装工事ができる

ので、工程が組みやすく、助かります。

 

お施主様が理解と協力をしてくださったおかげで、暑い夏を

越えての、涼しさを感じる頃からの大工工事再開ができて

土壁の場合、可能ならしっかり養生期間を取る方が十分乾燥

して良いし、無垢材の家にも施工する人間にも優しく、秋の風を

感じながら、しっかり工程を進めてまいります。

 

2012/09/20 腰板ばりの家…近況。

 

 

外部の2階は大工工事が終わったのと雨仕舞いをしたいので

左官の下地塗をします。当然防水処理をするので、風が吹き

雨が降っても建物を傷めず、安心して内装工事に入れます。

 

まだ暑い日が続く中、2階から内装の大工工事をしてます。 

この部屋は梁天井ではなく、無垢板ばり天井になります。

木目や色合いも揃って自然素材の香り漂い落ち着く部屋です。

 

2012/09/18 屋根材も乾燥させます。

 

分かりにくいかも知れませんが、屋根下地板の垂木(タルキ)と呼ばれる骨材です。 屋根の軒裏を見せる事が多い家では

早めに製材して乾燥させる事により、自然に収縮し木材の癖が

でないよう安定し、水分が抜けた分、軽くなるので施工する

私達も屋根(母屋)の上で運びやすいという利点もあります。

 

材質によって既製品もあるのですが、長さが足りない事が多く

棟木から軒先まで1本物で通す方が地震などに強いので

適度な長さの丸太を製材してます。 家が完成すると軒先しか

見えず地味な仕事ですが、家づくりには必要な工程です。

 

2012/09/16 国産構造材の選木・製材。

 

 

丸太で仕入れて1度、乾燥時の収縮をみて荒挽き製材した後、弊社の倉庫で、しっかりと自然乾燥させた地松の構造材を

製材所で実際に使う大きさ・幅に挽き直ししているところです。

大きな丸太も挽ける大きな製材機です。

 

これが、のこ挽きした粗の構造材(製品)と言われる状態です。

これを自動カンナで寸法を決めて、職人がどこにどう使うか

吟味して墨付けをし、削ったり、ノミで細工をしていき最後に

手のカンナで仕上げて1本の構造材が出来あがっていきます。

 

 

2012/09/10 地鎮祭をしました。

 

 

先週の事ですが次の棟上げ予定の地鎮祭をおこないました。

天気は曇りましたが無事祭典を終える事ができホッとしました。

あとは、無事安全に進行していくのを願うばかりです。

 

お施主様はもとより次世代を担う息子さんも一緒に、家の無事着工をしっかりと神様にお祈りしていました。 改めてこちらも

親子が笑顔で安心して過ごせる家を建てようと思います。

 

2012/09/06 腰板ばりの家…近況。

 

 

外部の1階部分は腰板ばりの為、見切りから上の塗り下地でひとまず大工工事はストップしてます。

玄関ひさしや腰板の施工と同時に仕上げていきます。

 

 

弊社のお客様が多く注文してくださる構造材を魅せた天井張り

この家のお施主様は「国産の地松構造材で!」との御注文で仕上げました。気に入ってもらってます!

 

2012/09/02 腰板ばりの家…近況。

 

 

新築の場合、普通は外部の木工事を済ましていきます。

2Fは塗仕上げでラス板下地が済んでいて、次は左官工事で

下地塗をします。1Fは腰板ばり仕上げの予定です。

 

窓からの日差しを和らげる小ひさしです。材料もいるし手間はかかりますが、小ひさしがあれば、光熱費も電気代も少なく

抑える事ができます。

 

2012/09/01 和室の天井板を仕入れました。

 

弊社の和室の天井板は、ウブ(表面に薄く貼った新建材の貼物ではなく、本物の板)の板を使用しています。

よほど予算を抑えない限り、長持ちして色合いに風味のある

ウブを使って居心地良い和室をつくります。 そのために

実際に材木の市場で現物を見て吟味してまとめて仕入れます。

ウブの材料の場合、仕入れる時期によっては価格変動が激しく落ち着いてる時期に多めに買うことにより、坪あたりの価格が

抑えられ、弊社のお施主様のほとんどの家に使用できます。

この束の中にも等級・木目によって使用する部屋が決まるので

家の予算や使う用途に応じて実際に見て判断し現場搬入します

 

 

2012/08/31 セミナーにて。

 

まだまだ毎日暑い日が続きますね~(>_<)

この時期はセミナーが多く、数ある中でも弊社の家づくりに

必要な情報をメインにいくつか参加してきました。

これからの住宅業界の流れや環境のこと、時代の流れに応じた

家づくりや将来的に費用がかさまない家づくりなど…

今の施工に弊社なりの工夫を取り入れ、御縁のあったお客様に少しでも満足してもらえる家づくりを目指したいと思います。

それにしても、便利になった反面、時代の流れるスピードが

恐ろしく早くなり、ゆとりや情緒を感じる時間が少なくなった

ように感じます。

 

 

2012/08/18 お盆の休日。

 

お知らせするのが、後になってしまいすみません。勝手ながら

弊社は今週前半に、お盆の休日をいただきました。

今週も毎日暑かったですねぇ~いかがお過ごしでしたか?

私はお墓参りや普段飲めず溜めてた好きな銘柄の麦酒の消化

に励んでおりました(*^_^*)  休みに飲む炭酸麦酒はうまい!

先日、知り合いの子どもさんが出演した合唱団コンサートに

行ってきました。 保育園児から大学生まで幅広く練習の成果を見せてくれましたが、無邪気な笑顔で一生懸命に歌う姿を眺めながら感動にふけってました(撮影できないのが残念…(>_<))

大人になって、忘れてしまってた大切な感情がよみがえった

感受性の豊かな時間になりました。

 

2012/08/01 腰板はりの家…近況。

 

 

梅雨明けしてから本格的に大工工事がスタートしました。

まずは断熱施工しながらの床下地をしたあとに、外部のまぐさ(窓枠)を入れ始めてます。

  土壁の場合、しっかり乾燥具合を見ながらの乾燥期間が必要ですが、断熱材施工の場合は乾燥期間がいらない代わりに、大工さんの手間がかかります。施工には一長一短あります。

 

 

2012/07/31 耐震・断熱のリフォーム。

 

 

以前に増築上棟した現場の状況を更新してなくてすいません。

増築部分は大工工事は終わりました。

 

改築部分は、部屋の天井・壁を解体し床下が布基礎なので

整地して生コン打ち、断熱改修しながら下地をはっていきます。

 

2012/07/26 各現場の材料加工してます。

 

 

弊社の家は既製品(二次加工品)の枠は使用せず内法(室内・外窓枠)も無垢の材料で加工します。↑改築の構造材加工中。

 

加工した無垢の材料を積み込み、現場に搬入します。配送中

傷など付かないよう固定して、崩さないよう静かに運びます。

 

 

2012/07/25 施工例を追加しました。

 

 

本格的な和室のあるこだわり和風の家が完成しました。

最近では珍しくなった本格的和風の部屋をメインに、天井は 

杉か桧の板で、壁に壁紙(クロス)は一切使用していません。

 

内壁は塗り壁(漆喰や珪藻土)か天然素材の板張りの壁で、

見事に自然素材と融合して、住んでる人はもちろん、来客した

人にも、落ち着いた雰囲気と身体に伝わる和みの空間を

かもしだしています。

お施主さんの家づくりに対する想いが形になった家です。

ぜひ、御覧ください。

 

2012/07/14 エコライフを学ぶ。

 

先日のとは違うセミナーにも参加してきました。

これからは根本的にエネルギーのつくり方から使い方まで

見直して、エコノミーではなくエコロジーな住宅機器を御提案

していけるよう学んでいこうと思っています。

日々に技術が進歩していて車と同じように、家づくりにもエコや

ハイブリットと言った機器も多くなり、伝統的なものとどのように融合させたらいいか思案してます。 必ずしも最新の技術が

良いとは限りませんが、合わせられるものは、極力採用して

お互いの力が発揮できたら良いな!って思います。

 

2012/07/11 ゼロエネルギーを学ぶ。

今は住宅業界も伝統工法技術だけでは、時代の流れについて

いけず、新しい技術の中でも融合できるものは取り入れるよう

学ばなければなりません。 現在の技術でできるエコの部分を

知って観念工夫して、家づくりに活かせるようにしたいです。

 

具体的にはこれからです。 先日のセミナーは内容からすると、本で言えば目次や見出しの部分でしたが、学びの意識を高める

意味では考えさせられる講義で、充分検討の余地ある内容に

なり参加して良かったです。

2012/06/25 7月に完成内覧会をします!

 

 お施主様の御厚意で内覧会をさせて頂く事になりました。

 和の雰囲気漂うモダンな感じのお宅に仕上がり、興味のある

 お客様はこの機会にぜひ御覧になってみてください。

 

 今回は完全予約制の内覧会となりますので、詳細は弊社に

 メールかTELにて、お気軽にお問い合わせください。

 日程・時間は、HPイベント情報にお知らせしています。

 

 なお…突然の訪問や無理な売り込みなどは、ありませんので

         御安心ください。

 

 

2012/06/23 土壁の家…近況。

 

 

先日、打ち合わせで現場に行くと、左官さんが壁の両面に土を

塗って乾燥させていました。 養生期間を見て、土壁が完全に

乾燥してから引き続き外部のパネル貼りや内部の大工工事に

入っていきます。

 

1度に両面つけると乾燥しにくかったり、塗る時期によっては

カビなど発生する事があるので、片面を塗って充分に乾燥させてから、うらもどし(反対面にも土を塗って土壁の内面までしっかり乾燥させる)をします。

 

2012/06/19 新築の棟上げしました。

 

 

先週、棟上げをしました。1階の通し柱と構造材を組んでる所で

これは角の通し柱ですが、この後210㎜の大黒柱と構造材を組んで軸組みの順番に起こして建てていきます。

 

順調に組み上げていき、小屋組みを組んでいます。 この後、

棟木をおさめて棟上げ完成。 続いて屋根仕舞いへと工事は

進み完成しました。 続いて瓦工事に入ります。

 

2012/06/02 棟上げ増築しました。

 

 

5月31日に増築の棟上げをしました。天気も良くスムーズに

進み、3月以来のカケヤたたきなので、手がしびれました(>_<)

いろんな構造材がドンドン組みあがっていきます。

 

平屋で1部屋・収納の増築なので昼前には棟木が上がり

ました。引き続き屋根仕舞いをしていきました。

気候は良い時ですが、汗かきなのも手伝い暑かったです(^_^;)

 

2012/06/01 リフォーム施工例を追加しました。

 

春に改築の御相談を受けて、何度もお話して御納得いただき

契約して、5月の気候の良い時期に施工させてもらいました。

お施主さんには多大に御協力いただき、おかげさまで順調に

改築できました。

 

お施主さんに感謝され笑顔で丁寧にお礼を言われた時、

仕事して良かったと思います。

長く快適に使ってもらえると嬉しいです。

詳細は施工例に載せましたので御覧ください。

 

2012/05/29 Y様邸の内装工事。

 

 

現場では左官工事の上塗り仕上げが行われていました。

前回の職人の親父さんです。 雰囲気が良く似てます(^O^)

 

塗らない部屋は壁紙をはっていきます。クロスと違う押さえ方が

必要で、いつも以上に気を遣ってはって行きます。

 

2012/05/23 改築しました。

 

リフォーム前の洗面所

床や壁はしっかりしていたのですが夏暑く、冬寒いので快適

改修とお風呂を新しく入れ替えました。

 
リフォームした洗面所

床・壁・天井を解体して断熱材を入れ足肌が触れる床板には

加工品でなく木の板をはりました。 また詳細は施工例で…

 

2012/05/21 業者さんの展示会。

 

 

先日弊社がお世話になってる業者さん主催の展示会に行って

きました。 初日の早い時間なので人混みは少ないけど、逆に

新商品の説明など詳しく聞けて私的には良かったな。

 

各住宅機器メーカーさんが集って宣伝してました。見ていると

ちょうど今改築してる現場に向く住器があり、価格も頑張り値が

出たので即買いしました。施主さん喜んでくれるといいな(^O^)

 

2012/05/19 N様邸の左官工事。

他の用事で現場を覗くと、左官工事は終わってました。

上塗り仕上げが終わったばかりで、まだ乾燥中なので壁に

みずみずしさが残ってますが、徐々に乾燥すると良い色合いに

なって本来の壁色になり落ち着いた感じになります。

 

あと少しに見えても、玄関まわりや建具工事など残っていて

まだ完成まで残工事はありますが、着実に工事を進めて

いけるよう段取り工程を組んでスムーズに工事を進めたいと

思います。

2012/05/19 Y様邸の左官工事。

 

大工工事は連休中に終了して、システムキッチン組み付けや

外部塗装など着実に工程が進行しています。

 

今日から左官さんが室内の壁塗りの下地塗に入りました。

まずは和室の下地塗から始めていました。あと他の部屋の

下地塗を済ませて、充分に乾燥させたのち、上塗り仕上げへと

工程が進んでいきます。

 

2012/05/11 N様邸の近況。

 

 

他の業者との現場での打ち合わせに行くと、左官さんが上塗り仕上げをしていました。 感覚でまっすぐ仕上げるのは何度見ても飽きません。しばらく眺めていました(^O^)

 

左官さんの中では若手?30代の方でコツコツ丁寧に仕事を

こなす職人って感じが出てます。 シンプルにアピールしてる

スカイブルーのワンピースTシャツも若さ出てます(^_-)-☆

 

2012/05/10 M様邸の木工事がスタート。

 

しばらく更新できてませんでしたが、連休前から土壁が乾燥してきたので大工工事に入ってます。

床の寒暖対策をして床板下地をはって仕事がしやすくしてから外部の窓が入る所に内法(窓枠)を入れていきます。

 

全部できたら窓枠の上下にも土をつけるので小舞をかいて

土を塗ります。乾燥させたのち外部にパネルをはっていきます。

すでに乾燥しているところから施工していき、まずは外部の

木工事を済ませていく予定です。

 

2012/04/20 施工例&リフォーム施工例を追加しました!

 

今年お引き渡しをさせて頂いた新築のお宅と、リフォームして

あたたかみのあるすっきりした感じのお宅の施工をまとめて

施工例にUPしました。

どちらも無垢の木の香りが心地良い空間となりました。

 

お施主様には多大に御協力いただき、またお気づかいも

してくださって、ありがとうございました。

お施主様が笑顔で幸せな日々を過ごして、それを無垢の家が

見守る感じになれば…弊社といたしましては幸いです。

 

 

2012/04/11 内覧会の情報!

 

先日お伝えした週末14~15日の完成見学会の詳細を

イベント情報にてお知らせしています。御覧ください。

 

今週末2日間だけの限定内覧会で他の日には見る事が

出来ないお宅ですので、都合がつく方や興味がある方は

ぜひ御内覧されて、木の香りや雰囲気を体感され今後の

家づくりの参考になればと思っています。

 

当日はよろしくお願いします!!

 

 

2012/04/10 地鎮祭をしました。

先日9日、春の快晴の少し暑さも感じられた吉日に

次に新築上棟予定のお施主様の建築予定地にて

地鎮祭をとりおこないました。 

土地の神様に御挨拶をして、これから建物を上棟していく

のに御許可と工事の無事をお祈りしました。

無事に祭典も終わる事が出来ましたので、基礎工事に

入って行きます。 

まずは基礎をする上で大事な地盤改良工事に入ります。

 

2012/04/06 完成内覧会のお知らせ!

 

急なお知らせになって申し訳ないのですが、この度お施主様の

御厚意でお家で内覧会をさせて頂くこととなりました。

詳しい内容はイベント情報などで紹介させて頂きますが、

まずは取り急ぎ、日時と場所をお知らせします。

今後なかなか御覧頂く事のできない、いくつかお施主様の

こだわりも見られるお宅ですので、後悔しない木の家を

お考えの方は是非御覧になられる事をオススメします。

日にち:4月14~15日(土・日)

 時間:午前10時~午後5時

 場所:倉敷市西富井の付近 また詳細はお知らせします。

 

 

2012/04/03 N様邸の工事進行。

 

2日に現場での打ち合わせに行ったら左官工事が始まって

いて、棟違いの外部の仕上げを塗ってる所です。

彼は30代の若い左官さんで口数は少ないけど、丁寧に黙々とこなして、良い仕事してくれてます。

 

内装も大工工事が済んだので、ついでに残材を引き上げて

社内チェックをしました。 何人かで見て木部の接合部の

仕上がり具合や傷などないか、続いて左官工事に入って良いかなど総評して合格後、左官さんが入ります。

2012/03/31 N様邸の近況。

 

 
間仕切の枠ですが、まぐさ(上枠)に長さがあったので縦枠との接合部をホゾにして抜きセンを入れてます。 二次加工品ではできない生木ならではと大工さんの心意気が感じられます。  

天井・壁・床すべて桧はりの部屋です。桧の上品な香りと

良い漂いが感じます。今月で大工工事は終了します。

続いて左官工事・内装工事が入ります。

 

2012/03/14 リフォーム施工例も追加しました!

 

赤木創建さんはリフォームやってるの…?とよく質問されます。

もちろんやります。 ただせっかく弊社に御依頼いただくなら

赤木創建ならではの施工方法でと御提案したいです。

 

伝統の職人技術に、その時代に応じた最新オリジナル施工を

加えて「耐震・長寿命化の安心な家」と「結露防止・寒暖対策の

快適な家」にリフォームさせて頂く事によって、お施主様が後悔

しない住みやすい空間を造れたらと思っております。

今回からリフォームも施工例を増やしていきたいと思いますので

定期的に御覧頂けたら幸いです。

 

 

2012/03/12 施工例を追加しました!

2009年に新築上棟したお宅です。

数年経って構造材の色合いも良い感じとなりましたので

ここで撮影して地松の色合いを観てもらえたら…と思います。

 

これから10年・20年と家族の成長とともに、部屋に見える

いろんな木の色合いの変化も楽しめて、お客様にとって

家族・家と良い財産づくりになったのでは…と思っております。

 

 

2012/03/10 N様邸の近況。

 

久しぶりの現場の状況ですが、内部は着々と大工工事が

進んでいますが今回は左官工事の話を…。

 

写真は少し前のですが、外部は左官工事が入って透湿防水

シートをはり、ラスをはっているところです。このあと中塗を

して充分乾燥させてから、上塗り仕上げへと工事は進んで

いきます。

順調にいけば週末から来週始めには上塗りができる予定

です。

 

2012/03/09 新築現場の瓦工事。

 

今週始めから瓦葺き工事が進行しています。

まずは2階の大屋根を葺いていき、天気が良ければ引き続き

1階の下屋根も葺いていきます。

今週天気が落ち着けばだいぶ工事が進んでいきます。

 

瓦工事が終わると検査を受けて合格したら、竹で小舞いを

編んで左官さんが壁に土をつける段取りへと工程は進んで

いきます。

 

2012/03/08 新築現場の一区切り。

 

屋根仕舞いが終わっても大工工事はまだまだ続きます。

検査を受けるため柱に金物を取りつけたり、このお家は

土壁仕様なので壁下地に柱を貫通させて板を通す貫き板を

入れたり間柱を立てたりと、結構手間のかかる仕事が

ありますが、大工さんは黙々とまた着実に工事を進めていって

ました。

私も棟上げから一緒に仕事してましたが、「あらためて大工の

仕事の多さや奥深さと大工さんの心意気というか人間性が

大切なんだなぁ~」と考えさせられました。

 

 

2012/03/06 新築の屋根仕舞い。

 

 

更新が遅れましたが、火曜日には2階の屋根仕舞いができ

あがりました。弊社は屋根下地板も瓦下地に適さない合板を

使わず天然桧の板(幅12cm)を使ってます。

 

1階の屋根は2階の窓開口を広くとるため、隅木を入れて寄棟づくりにしています。 軒の裏には化粧板(加工してカンナで

仕上げたもの幅15cm)を並べて打っています。

 

2012/03/05 新築棟上げしました。

 

 

2月26日に新築棟上げをしました。構造材が見える部分が

多いので雨でぬらさないよう1日順延しましたが正解でした。

大黒柱を起こしてるところです。

 

軸組みが複雑な為、棟が上がるのは翌日になりますが今回の

お家も良い感じに棟上げできました。 

続いて屋根仕舞い(屋根材を葺く下地材)をしていきます。

 

2012/02/26 住宅雑誌に掲載。

 

前回HABITER(アビデ)にも載せたんですが、

今回も載せさせていただきました。 2月18日発売でした。

表紙が少し変わって雰囲気的には好きな感じです。

 

本のボリュームは増えて読みやすくなっても、お値段は

依然と変わらず「500円」とワンコインでお手軽に買えるのは

お財布にも優しくありがたいなと思います。

ぜひみなさん購入され熟読してもらえると、きっと楽しい

家づくりの参考になると思います。

 

 

2012/02/22 新築現場の進行状況。

 

20日の月曜日に土台を据えに行きました。

夕方には防腐処理材を塗って土台は据わりました。

火曜日以降も仮設足場の組み立てや新築構造材を搬入と

現場では棟上げに向けて着々と準備が進んでいます。

 

当日スムーズに工事を進行させるには、準備が一番大切です。

準備が8割大事と言っても過言ではないです。

あとは、25日当日穏やかな天気だと棟上げ吉日なんですが…(^_^;)

 

 

 

 

2012/02/18 N様邸の近況。

 

 
 久々に現場に行くとトイレの天井がはってあったり、物入れや壁下地ができていました。コツコツと丹精こめて大工仕事をこなしてくれてるのでお施主様も安心してくださってると思います。  

お風呂のユニットバスです。浴槽の大きさは普通サイズですが

洗い場が450㎜程広いサイズなので、大柄な私でも肘が壁に当たらず気持ちよく洗えそうです。 いいなぁ(*^_^*)

 

2012/02/08 新築の刻み仕事。

 

 

先日、今度上棟する刻み仕事の打ち合わせに行きました。

順調に工程は進んでいて横架材や柱の仕口(ほそ付け)を

加工していました。上棟日に向けて準備は進んでいます。

 

横架材(梁)と通し柱と接合する部分は長ほそを差し込む形に

して込み栓でとめます。プレカット加工ではできない手刻みならではの仕事で、金具を使わず木栓で留める工法です。

 

 

2012/02/01 N様邸の近況。

こちらは順調に大工工事が進んでいるのと枠などの加工材も

準備済なので、あまり覗けてなかったのですが、内覧会も終わり少し落ち着いたので久しぶりに現場にきました。

大工工事は、床もはって養生してあり、天井もはってありました。

さすが手の込んだ仕事も段取り良くこなす大工さんはすごいと

思いました。

どの現場も施工がスムーズに進むよう段取りしながら

お引き渡しまで工事を進めて行きます。

 

2012/01/24 完成内覧会が終わりました。

 

土曜・日曜と平均してお客様が来場され、お話をさせて頂いてるうちに感じたのは、お客様の家づくりに関しての思いや熱心さが

強く伝わってきたことです。

お家を提供する弊社側も、23日の内覧会報告会で、

お客様が満足してもらえる家づくりを、いま一度みつめなおし

後悔しない家づくりをしていきたいと思いました。

 

今回の内覧会に足を運ばれた方、新築・リフォームなど御相談されたお客さま、今後も家の事について、お話していきましょう!

また弊社の気持ちを理解して内覧会を快く承諾してくださった

お施主さまにも感謝しております。 ありがとうございました。

 

2012/01/18 もうすぐ完成内覧会です。

 

  今週末21~22日の土日に内見会をいたします。

今回の建物は和風平屋の建物で、外観は屋根に特長が

あるものの、シンプルな感じになってます。

内装は、お施主様の御希望もありますが、弊社の得意とする

和風モダンな感じに仕上がりました。

お施主様の御厚意で今回限りの内覧会ですので、ぜひ

御覧になって弊社の家づくりの基本を体感してみてください。

 なお、お家に関するお困りごと 悩み事やリフォームなども

何でもお気軽に御相談ください。

また、詳しい時間・場所などは、イベント情報を御覧ください。

 

 

2012/01/15 Y様邸の近況。

 

 

ここ数日強風が吹いていて体感温度が下がるので大工さんは室内に断熱材を入れていました。屋根も壁も床下も全部入れて

できるだけすき間をふさぎ断熱効果をあげてます。

 

勾配天井の部分は上棟の時に写真だと板貼りの裏に入れて

から屋根下地板を並べています。

今週は外部の木工事を進めていくようです。

 

2012/01/14 N様邸の近況。

 

この部屋は勾配天井(屋根下地板が天井板)になっている

ので天井が高く、足場をして壁に断熱材を入れたついでに

壁下地をして大工工事を終わらせてました。

本来の天井は矢印部分なので、桁からもかなり高くて開放感が

あふれ地松の梁がアクセントになり、飽きのこない佇まいに

なってます。

←桁の構造材

 

←天井高さは、この普通あたりが多いです

 

2012/01/13 Y様邸の近況。

 

昨年秋に上棟したお宅も工事は着々と進行していて、今は

外部工事をメインに進めています。

サッシも入り外壁に合板もはってあり防水シートも貼って

いました。

天気の良い日が続きそうなので外部の木工事を進めて

終わったら内装工事に入ります。

この間はシステムバスが組まれていて、お風呂が

出来あがってました。

 

2012/01/12 完成内覧会をします。

 

 昨年上棟して今月完成のお家で、急なお話ですが、

この度お施主様の御好意により見学会を行います。

 

日にち 1月21日~22日

時間  午前10時~17時

場所  倉敷市茶屋町にて

 

詳しい場所や内容は、後日お知らせしますのが、

まずは取り急ぎお知らせします。

興味のある方は是非とも足をお運びくださいませ。

 

 

 

 

2012/01/09 N様邸の近況。

今年初めの現場訪問です。 

大工さんは、外部は昨年木工事を済ませていたので

内装工事を始めています。

各部屋の床板は適度に乾燥させているため、すぐに床はり

できますが、現場でもう少し乾燥させてからはる為、まず

天井まわりから仕上げていくようです。

 

壁には断熱材がいれてありました。

構造材も良い感じに乾燥し、味のある色合いになってます。

 

 

 

2012/01/06 お施主さま・HPを御覧のみなさまへ。

 

新年、あけましておめでとうございます。

 

みなさま、お正月はそれぞれ楽しく過ごされた事と思います。

昨年は大変な出来事が多かったですが、今年は良い年になる

ことを願いたいです!!

弊社も勝手ながら5日までお休みを頂いてましたが

本日、6日より営業をさせていただきます。

 

お施主さまはもとより、ブログを御覧のお客さん、

本年もよろしくお願いいたします。

 

2011/12/29 また施工例を追加しました!

 

今年春にお引き渡しさせて頂いた施主さんの御好意により

施工例におうちを掲載させてもらいました。

先日追加と合わせて12月に新しく2件追加させて頂きました。

施工例の左バナーから、ぜひ御覧になってください!

 

誠に勝手ながら、弊社は29日より新年1月5まで年末年始の

お休みとさせていただきます。

なお仕事始めは、新年は6日よりとさせていただきます。

 

 

 

2011/12/27 N様邸の近況。

 

年内に玄関ひさしが取りついて、外部木工事が終了しました。

大工さんは年内に外部工事ができて戸締まりもでき、施主さん

ともども一安心です。

引き続き内装の施工に入りました。

 

今年も1年お疲れさんでした。 仕事納めまであと少し、

仕事内容がひと区切りできるまで出来たら、正月休みに

入ります。

 

 

 

2011/12/24 M様邸の近況。

 

 

久しぶり現場に行くと左官さんが外部のモルタル塗下地の紙と

ラスを張ってました。 このあと下地塗をしていき、充分に自然乾燥させます。

 

部屋内は下地塗ができていて、ただいま窓を開け自然の風で乾燥させています。 しっかり乾燥させてから、上塗り(仕上げになる土)をしていきます。

 

2011/12/21 N様邸の木工事。

 

 

年内に出来るだけ外部の大工工事を済ませて行く予定です。

小ひさし(主に強風時の雨の吹きぶりを防ぐ)がついてました。

 

モルタル壁塗装仕上げの下地板を打ってました。 

後は玄関庇の施工・刻み取りつけに入ります。

2011/12/14 施工例を追加しました。

 

 

以前見学会をしたお宅ですが、足を運ばれ御覧になった

お客様は見学ありがとうございました。

つきましては施主様の御好意によりHP施工例に追加させて

いただきました。

 

 

 

2011/12/10 Y様邸の木工事を開始。

 

 今週より10月に棟上げした現場に大工さんが入りました。

屋根瓦も済んで構造材も自然乾燥して落ち着いたので

いよいよ木工事がスタートしました。

 

まずは1階と2階の床下地を済ませてから外部のサッシを

入れていく為、窓枠を入れていきます。

今日1階の床下地が出来てました。 ここまでに以前紹介した

ように、鋼製束→断熱材→床下地材と仕上げてます。

あとあと、窓枠の下地になるのと化粧で枠を見せる場合と

あるので枠入れに少し手間がかかりますがコツコツ施工

していきます。

 

 

2011/12/09 N様邸の木工事を開始。

 

先月末より大工工事に入りました。

 

外部仕舞いの下地パネルをはるため外部の窓枠を入れて

サッシをはめ込みました。

とりあえず天気の良い日は外部木工事をしていき雨天の日は

内部の断熱材を入れていくようです。

寒くなっていくので外部をメインに工事を進めていきます。

同時に内部は電気工事・水道工事の設備工事に入って

いきます。

 

   
     

 

 

2011/12/06 M様邸の大工工事が終了。

 

 

大工工事が終わって残材を引き上げ掃除しました。 

引き続き左官工事に入り壁塗りの下地塗に入ります。

 

外部もモルタル塗仕上げなので左官さんは当分仕事に来る

ようになります(大工さん程ではありませんが…)

 

2011/11/23 T様邸の大工工事が終了。

 

内装も外部も木工事が終わりました。 大工さんがいつもの

ように清掃し整理整頓して次の現場にいきました。

壁に格子状の細工をしています。 次は左官工事に入ります。

 

玄関も純和風の造りで、庇の桁と柱が丸太で組んでいるので

絶妙な雰囲気と心和ませる佇まいとなってます。

外部も左官工事に入っていきます。

2011/11/16 新築の構造材選び。

 

 

今回は構造材を選木した後で、私がいつものようにリフトで

積み込みした後の様子です。

 

2階建てなので構造材も多く、長い荷台の13ton車いっぱいに

なりました。 これを製材所に送って挽きなおし製材をします。

 

2011/11/14 T様邸の近況。

大工工事の外装工事も佳境をむかえました。

玄関の庇に取り掛かっています。

墨付け・刻みのあと庇の桁と柱を組みとりつけました。

続いて屋根をしていきます。

2011/11/01 M様邸の近況。

 

 

大工工事は外部工事に入ってました。内部も残ってるんですが

天気の良い日は外部をできるだけ進めていきます。

 

先日覗いたら出来あがってました。 きれいで上品な木目が

出ていてすっきりとした庇になりました。

 

2011/10/29 T様邸の近況。

 

内部の大工工事は終わって、外部の木工事に入りました。

付け柱・付け土台・付け桁を化粧木で取りつけていき

外部モルタル仕上げなので、左官工事の下地まで、大工さんの仕事は続きます。

あらためて、木造住宅のほとんどを施工する大工さんは

職人の中ではトップやと思っています。

在来工法の基本はもちろん弊社のオリジナル施工法にも

柔軟に対応して技術を発揮してくれる大工さんに感謝しつつ

施主さんに満足してもらえる家づくりをしていきたいと思って

ます。

 

2011/10/28 M様邸の近況。

 

 

久しぶりに現場に行くと、内装はほぼ出来あがっている部屋が

ありました。

壁を塗るとまた落ち着く佇まいの部屋になると思います。

 

玄関周りも天井がはってありました。壁下地が残ってますが

外部の木工事をメインに天気の具合を見ながら工事を進めて

いきます。

>

 

2011/10/26 地鎮祭をしました。

 

更新が遅れましたが、先週後半に新築の地鎮祭をとりおこない

ました。 気候も良く快晴の中、とどこうりなく祭典が進んで

いきました。

 

お施主様も気合い充分で神様にお祈りをささげてました。

もちろん弊社の関係者も代表で工事の無事を祈らせて

いただきました。 今後ともよろしくお願いします。

>

2011/10/18 Y様邸の棟上げ。

 

先週12日に無事上棟しました。

引き続き、屋根仕舞いと開口部以外の外部に合板をはる所まで

大工工事を進めていきました。

 

続いて屋根瓦を葺いていく瓦屋さんの仕事に入っていきます。

瓦工事が済んでから大工工事に入って行く予定です。

 Y様、棟上げおめでとうございます。

これからも工事を進めていきますので、一緒に良い家づくりを

していきましょう!!

 

 

2011/10/11 12日の新築棟上げ準備。

 

気候の良い秋には棟上げが続くもので、10日に土台を据え

ました。 構造材を搬入後に仮設の足場を組み立てます。

明日12日に棟上げします。

 

今日は構造材の搬入を受け取り、棟上げに必要な金物・ビス

脚立や大工道具の積み込みをして屋根仕舞いまでに必要な

材料を加工・チェックも行いました。

2011/10/06 T様邸の近況。

 

大工工事も佳境に入り和室にとりかかってました。

T様の希望で床の横に出書院が施工してありました。

近頃では珍しい方で本格的な和室と床まわりの仕上げと

なりました。

あとは、もう1棟の棟上げ仕事が終わったら、残りの内部造作と

外部の外壁木工事に入るようです。

 

2011/10/04 N様邸の屋根工事。

 

引き続き、屋根下地工事をしていきました。

まだまだ暑さを感じる中、大工さん達もコツコツと仕事を

こなしていました。 予定より早くできて本格的な雨にも

合わず助かりました。

施主様の願いと大工さん達のがんばりに、私はただただ

感謝するばかりです。

N様、引き続き、瓦葺き工事に入りますが、今後とも良い

家づくりを一緒に考えながら出来あがりを楽しみに

がんばっていきましょう!!

 

2011/09/29 N様邸の屋根仕舞い。

棟上げ翌日より屋根下地を施工していきました。

平屋なので屋根の面積も広くてなかなか進んでいるように

見えませんが、大工工事は日によっては目に見えて分かる時と

下地の準備など見えない部分もあります。

大工さんの言葉では、仕事の段取りが良いとか悪いとか、

仕事が伸びる・のびないとか…。

要するに、仕事がはかどるか思うようにはかどらないかと言う

ことで、今日は仕事がはかどったほうだと言ってました。

明日以降もがんばります。

2011/09/28 N様邸の棟上げ。

 

 

平屋なのですが小屋組みが複雑で一つずつ組みあがっていく

様子です。まだ暑さが厳しく水分補給をしながら進めていきま

した。 私も一緒にしましたが大工さんみんなタフです(^_^;)

 

災害に強い家づくりをするため梁丸太とウブの直材で軸組みを

しました。 みごと融合しているようにみえませんか?

明日から引き続き屋根仕舞いをしていきます。

 

2011/09/24 N様邸の土台据え。

今日は世間では3連休の中日で快晴の中、N様邸の土台を

一緒に据え付けました。

平屋なので基礎も広く土台の本数も多かったけど、大工さんも

慣れた手つきでそれぞれ段取り良く仕事をこなしていきました。

 

思った通りの時間に終わり、あとは26日に構造材を搬入して

棟上げ材料と道具を準備できたら棟上げ準備は終了(^_^;)

翌日27日の棟上げに向けて体調万全で望む為、私も早く就寝につきたいです。

2011/09/13 T様邸の近況。

 

角材の床柱がおさめめられていました。 これから床まわりの

仕事が進んでいきます。

 

便所の壁も腰板張りは済んで、後は右側にカウンターがつく

予定です。

2011/08/26 T様邸の近況。

 

 

居間のあたりは壁ができてました。 腰板は完成、上部は左官さんの塗り仕事が残っています。

 

玄関まわりも壁下地ができてます。 天井が勾配になってる

のが分かりやすいかな…と思います。

 

2011/08/24 M様邸の近況。

 

居間の収納や床・壁に断熱材(発砲ウレタン)入れが済んで

ました。 部屋の間仕切りをしていくと形が見えてきます。

 

収納は昔は中段が端までが普通でしたが、最近は真ん中で

仕切ってコートなど長めの服が吊るせるようにする仕様が

多くなってます。

>

2011/08/21 新築の地鎮祭。

 

本日、めでたく地鎮祭を迎え、工事の無事を神様にお願い

しました。 御主人の気合の入った儀式が工事の円満な

スタートを感じさせます。

 

あいにくの雨模様でしたが宮司さんが儀式をされる時には

不思議と小雨になり、とどこうりなく祭典が進んでまいりました。

 Y様、今後ともよろしくお願いします(^O^)/

>

2011/08/10 T様邸の近況。

 

しばらくぶりに現場を覗くと、玄関の天井がはってありました。

写真をうまく撮れなかったので分かりずらいと思いますが、

随所にみどころがあります。

下がり壁には養生がしてありますが、いつもの丸太が

とおっています。

暑い中大工さんは黙々とまたテキパキと仕事をこなして

いました。

 

勝手ながら、弊社は13日~16日までお盆休みを

いただきます。 みなさんもお盆を有意義にお過ごし

くださいね。

 

2011/08/09 N様邸の工事開始。

 

7日に地鎮祭を行ったN様邸の工事が始まりました。

まずは基礎工事の前に地盤工事に入ります。杭を打つ位置に

墨出しをしていました。 続いて杭を打つ機械と杭が搬入され

杭打ちの準備をしていました。

 

なにぶんにも暑さが厳しい為、倒れそうなくらい暑い中、業者さんは杭先の溶接をしていました。

暑い中お疲れさまです。熱中症にならないよう体調管理に

気をつけてがんばってください。

 

2011/08/07 N様邸の地鎮祭。

 

本日、N様邸の新築を始めるにあたって、めでたく地鎮祭がとりおこなわれました。 両家の御親族の方々が集まって、工事の

無事と家運隆盛を祈念いたしました。

 

お施主様の祈念に続いて、次世代を担う息子さんも、しっかりと

神様にお祈りを捧げていました。 う~ん、頼もしいな(*^_^*)

 

>

2011/07/27 T様邸の近況。

竿ぶちが香節の天井

ある部屋の天井は天井板の木目も上品で

竿ぶち(天井板の下にある3本の小丸太)も変わっていて

落ち着きのある天井に仕上がってました。

各部屋の天井が木目の見える飽きのこない和風の天井に

なる予定です。

時が経つにつれ、ウブのいろんな色合いや風味が出てきて

落ち着くと思うので、お施主様も楽しみに過ごせる家になるよう

施工していきます。

2011/07/26 T様邸の近況。

ウブの天井板

ウブ(生)とは、合板の表面に薄い木目を貼った物ではなくて、丸太から板を作った厚み(中身)まで本物の板を、ウブの板

とかウブの木と呼んでいます。 材木屋や大工さんがよく口に

するようです。

 
天井はりの途中

←写真では分かりずらいと思いますが、大工さんが1枚ずつ

木目を見て部屋のどこに張るのが相性がよく自然で落ち着くか、しるしをつけています。 それを順番に並べて確認してから

天井を張っていきます。

2011/07/23 新築の構造材。

 

構造材の挽きなおし

自然乾燥させた地松の構造材を、製材所で適した寸法に挽きなおしをして反りや歪みを取ります。 充分乾燥しているので

大きな反りはなくなり本来のねばりのある構造材となってます。

 
大型(すぎる?)トラックに積み込み

普通なら6トン車で運ぶのですが、運送屋さんの都合で積載量15トンのトラックに積み込みした為、構造材が少なく感じます。

これから墨つけ・刻みに入ります。

 

2011/07/21 新築の材料準備。

 

 

弊社の倉庫にて、新築の構造材を選び出してる途中です。

乾燥させた時期と乾燥具合を見る為1列ごとに並べています。

 

リフトで持ち上げ、今回使用する適材を選んでいます。

製材所で挽きなおしをするのに、1か所にまとめています。

>

 

2011/07/16 T様邸の近況。

大工工事は床はりが終わり、和室天井の竿ぶちを入れて

ました。 あとは、ウブの天井板をはっていきます。

大工さんが1枚1枚木目を見て選び、部屋全体に貼った時の

バランスを見てから貼る準備加工を施工したあとに、1枚ずつ

天井を貼っていきます。

 

集成材の天井板と違い手間はかかりますが、大工さんのセンスを伺えますし、お施主様にとっては住んでいって年を重ねるごと

に、木の風味や色合いを感じる事ができると思います。

2011/07/14 M様邸の近況。

内部造作工事

大工さんが内装工事に入ってました。

下地の床に化粧板をはっています。綺麗で上品な板なので

壁の仕上がりとの相性が良ければ、出来栄えもひときわ格別

なものになります。

 
外部下地工事

外部は化粧の材料が取りつく予定ですが、内装工事が出来て

最後に本格的に施工するので、下地の段階でひとまず終わり

にしてます。 2か所程残ってますが、天気の都合をみて

施工していきます。

 

2011/07/03 T様邸の近況。

久しぶりに現場を覗くと化粧床や収納物入れなど、和室以外の

部屋は天井・床は終わり、あとは壁の下地と仕上げが残ってる状態でした。 これから和室を本格的に仕上げていく予定です。

 

大工さんもウデの見せ所たっぷりなので、いつも以上に真剣こ取り組んでますし、このお家は外部に付け柱・付け土台・玄関

ひさしなど、化粧材を組んでから外部仕上げとなるので、

内装も外部も木のぬくもりを多く感じることのできるお家に

仕上がる予定です。

 

2011/06/18 M様邸の近況。

 

木工事は外部仕舞い中。

 内部の床下地が済んだら外部工事(サッシ枠を入れたり

 下地のパネルを施工)をして雨や風を防いだり仮戸締まりが

 出来るようにします。

 いわゆる「木造軸組みパネル工法」です。 この事によって

 地震など天災に強度を発揮し、外部からのすき間風も防ぎ

 断熱材施工の下地にもなります。

 

2011/06/17 K様邸ほぼ終了。

 

足場を外しました。

外観が見えてきました。弊社では久しぶりの洋風な仕上げに

なりました。 K様、ながらくお待たせしましたが、じっくり考えて

御希望に近い仕上げの家ができたかなと思ってます。

 
養生を取り内装が現れました。

内部は落ち着きのある木材に囲まれた感じの部屋ができて

しっくり感のある佇まいになりました。

洋風の外観とのギャップのある家になりました。

 

2011/05/26 T様邸の外部工事。

 

外部仕舞い工事

先週材料を加工して搬入した時、大工さんはコツコツと外部の

内法(サッシ枠の上下材)を入れてありサッシを取りつけて

戸締まりができる状態まで進んでました。

 
壁下地の施工

外部を施工するときは天気に左右されるので、天気都合を

みては壁下地に断熱材を切り込んで入れていました。

外部の下地工事はほぼ終わりです。    

 

 

 

2011/05/24 M様邸の木工事スタート。

 

床下断熱材入れ

大引きの水平を見て鋼製束で止めたあと、床下地材をはる

までに断熱材を切り込んで、すき間には充填剤を入れて、

床下からの暖気・冷気を防ぎます。 

 
床下地材をはったところ

今回は下地に30㎜杉板をはっていきました。表面を仕上げてあるので化粧材としても使えるのですが、この家は下地に使い

この上に部屋ごとにいろんな化粧材をはっていきます。

 

2011/05/17 T様邸の木工事スタート。

断熱材をいれたところ

まずは床はりの下地を貼るのですが、弊社はその下に暑さと

寒さを和らげるため、断熱材を入れて隙間には充填剤を入れ

気密の良さを保ちます。

 
下地材を貼ったところ

→左の写真の状態のその上に下地28㎜を貼った所です。

この上に化粧の床材を貼っていきます。 いつも下地はこういう

感じで仕上げます。

2011/05/06 K様邸の近況。

 

しばらくぶりの情報になりましたが、外部はモルタル塗の

塗装仕上げで、いまモルタル下地塗の状態です。

外部はモルタル仕上げができると塗装して、雨どいをかけて

仕上がりチェックの合格後に仮設足場が取り外されます。

 

内装は仕上げに向けてただいま工事中です。

 

 

2011/04/30 無事に屋根仕舞いをしました。

 

先日24日に棟上げ(お餅投げ)した新築の現場が、無事26日に

屋根下地まで出来あがりました。

お施主様や我々も天気を心配しましたが、特に困らず(途中

何度か、にわか雨に合いましたが…)工事進行していって

今回も、ほっとしました。 

天気は運にもよりますが晴れる方がいいです。

特に弊社の構造材は地松の化粧材を多く乾燥させているので、

多少の雨なら充分乾燥させてるので許容範囲ですけど、弊社は

「手塩にかけた材料を出来るだけベストの状態でお施主様に

お引き渡しして、長く愛用して頂きたい!」との思いで日頃から

家づくりを心掛けています。

M様、これから工事を進めていきますので、よろしくお願いします。

 

2011/04/24 新築棟上げをしました。

 

棟が上がる様子

平屋なので棟木の束(母屋の下に柱のように受けてる木を

ツカ木)が2階建てよりも長く、職人さんが足場にしてるのも

丸太の中置で、それぞれがいろんな組み手で重なり合って

います。

 
お餅投げしました!

最近ではほとんど見かけなくなった餅投げです。

近所の多くの方が袋いっぱいに拾ってました。私も段ボール

片づけてましたが、あまりに多くのお餅やお菓子に合間に

まくのを手伝いました。

 

2011/04/01 I様邸の近況。

久しぶりにのぞいたら和室と廊下に天井板がはっていました。

写真だと簡単にはっているようにみえますが、一枚一枚はる

準備加工(刻み)をしてから貼りはじめるので大工さんの

手間はかけてます。

他も間仕切も済み、下地もほとんどできていて

今は床板を貼っていました。

 

玄関まわりなど、まだまだ大工工事はありますが、段取りが

うまくとっても素早く順調に工事が進んでいってます。

 

2011/03/30 T様邸の近況。

 

先日10日に棟上げしたお家です。

平屋なので瓦の量も多く瓦屋さんがコツコツていねいに

瓦を葺いている所です。

 

葺いてるとこを撮ろうとカメラを向けると職人さん照れたのか

たまたまか右の棟の裏側の仕事をしはじめました。

快晴が続くんで瓦葺きと棟巻きまでやりやすいと思います。

 

 

2011/03/13 13日に棟上げが終了。

 

 

棟上げが無事にできました。 引き続き屋根下地工事に入り

建物の北側に垂木を流した所です。

これから屋根下地をしてできたら、下地のバラ板を打って

施工していきます。

 

 

13日に無事屋根仕舞いができて、ルーフィングを引きました。

14日は雨が降りそうなので13日中にでき、ひと安心です。

近隣の皆様には騒音で御迷惑をおかけしましたが、棟上げに

御協力くださり、ありがとうございました。

 

 

2011/03/10 新築棟上げを10日にしました。

 

上棟日当日の朝の様子

平屋なので少し短いですが大黒柱が立った直後です。

これからいろんな組み方で構造材が組まれていきます。

 
屋根の中置が入っていく様子

棟木を入れる下材に一本物の松丸太をおさめたところです。

この後、棟があがりました。

 

2011/03/08 地鎮祭をしました。

 

 

 

 

本日、施主様が、おめでたい報告を土地の神様にしました。

春の新築上棟に向けて家庭安穏と工事の無事を祈念している

ところです。 

 

天気も良くて、心なしか神様が御喜びになって微笑んで

くださってる感じに思えました。 施主様も弊社も知恵と力を

出し合って良いお家を建築したいと思いました。

 

 

2011/03/01 完成見学会の終了。

 

2月26~27日の見学会は無事終了しました。

お忙しい中、多数のお客様の来場ありがとうございました。

みなさん新築やリフォームの相談を真剣にされて

家に対する熱い気持ちを伝えて頂き、家を提供する私たちも

気持ちを引き締めて頑張ろうと思いました。

 

お客様により満足頂ける家づくりをしていきたいと思って

おりますので、今後ともよろしくお願いします。

 

2011/02/16 完成見学会のお知らせ!

 

お施主様の御協力により、2月26/27日の土日に

完成見学会を行う事になりました。

 

時間は10:00~17:00です。 場所などの詳細は

弊社HPのイベント情報にて御確認ください。

 

興味のあるお客様で都合のつく方は、ぜひこの機会に

見学会に足を運んでみてください。

よろしくお願いします。

 

2011/02/05 A様邸の近況。

 

 

先日、内部残工事が終わり養生を引き上げに行きました。

総チェック後、やんわり日差しに静かな佇まいの居間に

感動を覚え思わず撮りました。

これから美装(掃除)に入ります。

 

外部も足場を解体して外観が姿をあらわしました。

見た感じ普通に見えますが、居住スペースである室内は

随所に施主様のこだわりを感じさせるお家になりました。

外のエクステリア工事も進行しています。

 

2011/01/27 A様邸の近況。

 

左官・内装工事も終わりました。

 

住宅設備・照明・空調工事などが終われば、内部養生を

とりはがしに行って、内装の全体仕上げを総チェックした後

問題なければ美装(掃除)に入ります。

 

 

 

2011/01/06 今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。

弊社は6日より仕事始めとさせてもらってます。

本日はあいさつ廻りと各現場・倉庫・作業場の総合的なチェックをした日と

なりました。

明日より通常業務に入りますので、お施主様はもちろんのことHPを御覧のお客様

今年もよろしくお願いします。